映画情報どっとこむ ralph アメリカ極悪刑務所を生き抜いた男・KEIを追ったドキュメンタリー映画『HOMIE KEI~チカーノになった日本人~』がヒューマントラスト渋谷にて初日を迎えました。

初日舞台挨拶では、主人公・KEI、本作品に出演している元刑事・北芝健、監督・サカマキマサを迎えて、当時のヤクザと刑事の関係や日米の刑務所の違いについてなどについて語りました。

日時:2019年4月26日(金) 
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:KEI、北芝健、サカマキマサ監督

映画情報どっとこむ ralph 登壇して冒頭の挨拶は

KEIさん:(このドキュメンタリーのプロジェクトを)始めてもう10年位経っているので、うちの子供も幼稚園から中学になっちゃいまして、自分も髭も頭も真っ白になっちゃって…。

と感慨深げ。

北芝さん:皆さんにお会いしたのは大体9年前。

と振り返ります。

元ヤクザのKEIさんには歌舞伎町時代があったが、刑事側の北芝さんを本ドキュメンタリーに出そうと思ったきっかけを聞かれ

サカマキマサ監督:僕は中野で育ったんですけれど、当時(1980年前後)小学校後半に『パックマン』などのインベーダーゲームが流行り始めて、僕は6年生位の頃には歌舞伎町のゲームセンターに通っていたんですけれど、その当時は今と全然違って怖かった。ヤクザの人なのか暴力団の人なのか警察の人なのかわからないんですけれど、今とは人種が違ったのを覚えていて、KEIさんと話をした時に、全く真逆の警察の方の意見も聞いたら面白いのではないかと思ったのがきっかけです。

と回答。

歌舞伎町について

北芝さん:KEIさんと大体同じ時代に生きていました。当時と今は異質の世界。

と言うと、

KEIさん:当時は警察の人も持ちつ持たれつで今とは時代が違った。

と付け加えました。

北芝さん:親分さんが家に来てくれよと言う時は行っていた。いい日本家屋だったり、洋室だったり色々なのですが、部屋住みの青年たちも修練の時代だった。昔のしきたり通りの世界。警察学校も、殴られ蹴られ、唾を吐かれ、一人前なのに一人前じゃないよと警察学校に戻されたり、人間性を踏みつけられる。軍人、ヤクザ、警察は皆同じ体質。同じ人種。痛みに順応しながら下積みを終えて一本になるまではどこも一緒。下積みはかなりの暴力性がある日常だった。

と当時を振り返りました。
 
KEIさん:当時警察にお金をあげて融通を利かせてもらっていた。

と言うと、

北芝さん:拳銃がものすごく評価される。首なし拳銃が多い。所有者は誰だということになって、突き詰めていくと亡くなっていることが多いけれど、拳銃を手に入れたという評価は変わらない時代があって、今でいう忖度。貸借り。

と説明。

KEIさん:親しい警察官の人が点数が足りない時、拳銃が出るとノルマが達成できるから、コインロッカーに入れておいてあげるという時代だった。

とのこと。

北芝さん:そういう警察はおびただしい数いたけれど、1992年に暴対法ができて世の中がガラッと変わったね。

とのこと。北芝さんは、今のヤクザについて、

北芝さん:なり手がいない。あの業界も労働者不足。高齢者ばかり。(笑)

と話しました。

映画情報どっとこむ ralph 日本とアメリカの刑務所の違いについて聞かれ

KEIさん:何が違うかというと、日本だと刑務官の方が上。囚人は奴隷状態。アメリカの場合は、囚人の方がおまわりより上。おまわりは囚人がいないと飯を食っていけないというのが根本的な違い。

と説明。

KEIさん:自分がいたところは、州の刑務所じゃなくFBIの連邦政府の刑務所。毎週土日はロードショーをやっていた。刑務所でも外と同じ作品をやらないと暴動が起きてしまうんで。

と話し、観客は驚きを隠せない様子を見せました。

北芝さんは、アメリカの刑務所について研究したそうで、

北芝さん:刑務所の中でも、ブラックはブラックの一つの集団がある。ホワイトはホワイトだけれど、別枠として、チカーノと呼ばれているヒスパニックの枠がある。『ウエスト・サイド物語』は数十年前の映画ですけれど、あれに出てくるグループ分けと刑務所の中もほぼ一緒。どこかにつかないと死と同じ。

と解説し、

KEIさん:ギャンブルしたり薬でもなんでもできるから、支払いがちゃんとできていれば殺されることはないけれど、支払いができなくなって、結局揉めて殺されてしまう。

と驚愕の事実を話した。また、アメリカの刑務所の長所として、

KEIさん:大学も卒業できるし、歯医者の資格も取れるし、やる気になればなんでもできる。

とし、

北芝さん:アメリカの刑務所では博士号が取れる。自己実現するということが日本の刑務所にはない。

と話した。

更生に関しては、

KEIさん:覚せい剤に関してはやめる気がないとやめられないと思う。

と話し、

北芝さん:アメリカは冤罪がめちゃくちゃ多い。日本はアメリカに比べれば50分の1位。出てからも自分の生き方は変わらないと思っている人が多い。シャブやっても、自分だけ体が傷んで終わりだろうと。反省がないからやめない。

と日米の違いを説明しました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
本作の見所を聞かれ

サカマキ監督:KEIさんは普通の人とかなり違った人生なので、自分たちと似たところなど感じていただければなと思います。

と話し、

KEIさん:この映画を観て、日本の良かった時代、バブルの前の義理人情があった時代を思い出してもらえれば。

と話しました。

北芝さん:1989年の前って全然違う国だったんです。日本人自身の情緒が違うんです。バブルの頃に能力主義と言って、『金を儲けない奴はクズ』という風になっちゃった。その前の時代に生きた人たちの情緒を味わってくれれば。

と話しました。 

映画『HOMIE KEI~チカーノになった日本人~』

ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開中他全

HP:
http://homie-kei.com/

STORY
バブル時代にヤクザとして大成功を収めるも、FBI囮捜査にはめられてアメリカの極悪刑務所へ。そこでは日々抗争、殺人が絶えず、たった一人の日本人はすぐに殺されてもおかしくない最悪の状況だった。しかし、己の力と精神力で闘い生き残った男は、いつしかチカーノという刑務所内最強のギャンググループと通じ合うようになる。メキシコ人でないと受け入れられないチカーノギャングの世界で、仲間として、家族として受け入れられたのだ。彼らと強い絆で結ばれたまま、男は出所し、日本へ帰国したーーこの壮絶な過去は多数のメディアで取り上げられ、原作者として別冊ヤングチャンピオンにて連載された『チカーノKEI』(秋田書店)の単行本は、5巻合わせて発行部数50万部を突破。アパレルブランドを立ち上げ、日本のチカーノ・ブームの牽引者としても知られる。そんな輝かしい活躍の裏で、帰国後は引きこもりなど問題を抱える少年少女を救済する団体を立ち上げ、自らの家族関係を見つめ直す時間を過ごしている。
そんなKEIへの7年にわたる取材をもとに、ドキュメンタリー映画『HOMIE KEI~チカーノになった日本人~』が完成した。

***********************************

出演 KEI
監督 サカマキマサ
撮影 加藤哲宏 / 編集 有馬顕 大畑創 Travis Klose 音楽 原夕輝 / プロデューサー 中村保夫 YAS/プロデューサー MASA  戸山剛 /原案 東京キララ社『チカーノになった日本人』 『アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人』 /宣伝協力 秋田書店 /配給 エムエフピクチャーズ /制作プロダクション・配給協力 マウンテンゲート・プロダクション /2019年|日本|カラー|5.1ch|ビスタ|DCP|73分
©「HOMIE KEI~チカーノになった日本人~」製作委員会
 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ