第19回イタリア映画祭2019G.W.開催! 来日ゲスト11名発表!


映画情報どっとこむ ralph 今年で19回目を迎える「イタリア映画祭2019」 が 4/27(土)より開催となります。

新進気鋭から巨匠まで世界の映画祭を席巻した作品もあれば、ドラマ、コメディー、ロマンス、クライム、歴史などバラエティに富んだ各ジ ャンルが取り揃えられ、旬な新作14本が日本初お目見えとなります。毎年 1 万人を超える観客が訪れイタリア好き、映画ファンにと っての恒例イベントとしてゴールデンウィークを彩ります。

<イタリア映画祭 2019 東京>
会期・会場: 4月27日(土)~5月4日(土・祝)
有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン 11 階)

主催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
後援:イタリア大使館
協賛:コスタクルーズ日本支社、マセラティ ジャパン、FCA ジャパン株式会社
協力:株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空

公式サイト:
http://www.asahi.com/italia/

一般の方のお問合せ:050-5542-8600(ハローダイヤル:~4/26まで)03-5221-0070(会場、会期中のみ)

※前売り券販売開始は3月16日(土)10:00から
※前売り一般1,450円/学生・60歳以上1,350円、当日一般1,700円/学生・60歳以上1,600円

<イタリア映画祭 2019 大阪>
会期:5月18日(土)~19日(日)
会場:ABCホール(大阪市福島区福島 1‐1‐30)

映画情報どっとこむ ralph そして!
ついに来日ゲストが発表!
監督とキャスト合わせて総勢 11 名の来日が決定いたしました。『輝ける青春』『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』で知られる巨匠マル コ・トゥッリオ・ジョルダーナ監督は『13 歳の夏に僕は生まれた』(05)以来の来日、昨年『修道士は沈黙する』の劇場公開の際にプロモー ションで来日を果たした名匠ロベルト・アンドー監督は『盗まれたカラヴァッジョ』(仮題)を引っ提げて2年連続の来日となった。その他、ゲストは以下の通り。

『盗まれたカラヴァッジョ』(仮題)
監督:ロベルト・アンドー Roberto Andò

『私が神』
監督:アレッサンドロ・アロナディーオ Alessandro Aronadio

『私の娘よ』
監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri

『ある日突然に』
監督:チーロ・デミリオ Ciro D’Emilio

『カプリ島のレボリューション』
主演:マリアンナ・フォンターナ Marianna Fontana

『女性の名前』
監督:マルコ・トゥッリオ・ジョルダーナ Marco Tullio Giordana

『彼女は笑う』
主演:キアラ・マルテジャーニ Chiara Martegiani

『帰ってきたムッソリーニ』
監督:ルカ・ミニエーロ Luca Miniero

『アルマジロの予言』
監督:エマヌエーレ・スカリンジ Emanuele Scaringi

『月を買った男』
監督:パオロ・ズッカ Paolo Zucca

『憶えてる?』
監督:ヴァレリオ・ミエーリ Valerio Mieli

映画情報どっとこむ ralph 4/27~4/30 までの期間は各作品の上映後にゲスト登壇を予定。
質疑応答の 時間が設けられ、鑑賞後に直接本人たちへ声を届けることができ、交流のできる 貴重な機会となっています。

4/29(月・祝)19:00~は、入場無料のサイン会も予定されています。

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ