スティーヴ・カレル&ティモシー・シャラメ『ビューティフル・ボーイ』2ショットインタビュー映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名前で僕を呼んで』の繊細な演技で世界中を魅了した、次世代のスター ティモシー・シャラメの出演作『ビューティフル・ボーイ』が現在大ヒット公開中です。
8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、今やNetflix「13の理由」の脚本家として活躍する人物と、彼を支え続けた家族の物語。音楽ジャーナリストの父親デヴィッドと、息子ニックがそれぞれの視点から描いた2冊のベストセラー回顧録が原作。製作は『ムーンライト』を世に送り出したブラッド・ピット率いるプランB エンターテインメント。“人生は長い道のり。毎日、あらゆることが少しずつ良くなっていくんだよ”と優しく語りかけるジョン・レノンのメッセージは、そのまま父デヴィッドの心情とシンクロします。愛のちからで人は、何度でもやり直すことができると力強く胸に迫ってくる珠玉の人間ドラマが誕生しました。

今回、劇中で父子を演じるスティーヴ・カレル&ティモシー・シャラメ2ショットインタビューの映像が到着しました。

解禁となったインタビュー映像では、スティーヴはきりっとした眼鏡姿、ティモシーはピンクのバラ柄が刺繍された白シャツ姿とそれぞれ劇中とは異なる雰囲気で、リラックスしてインタビューを受ける様子が映されます。

まず役作りについて聞かれたティモシーは、原作を読み込み、減量したこと、また実際にリハビリ施設に行き入居者と過ごしたというエピソードを披露。自身も二児の父親であるスティーヴは役を演じてみて、「試練だったよ」と振り返り、撮影中の週末など家族と一緒にいる時には、その息子たちをよく眺め、「この役を演じてる間は息子たちを前より観察するようになった。同時に自分の人生を省みながらね」と本作を撮影しての変化を明かしています。最後に本作の見所を語ったティモシーは、「カメラワークや特殊効果が本作の見どころじゃない。“人間の心の動き”さ」と、映画で描かれるエモーショナルな、父と息子の愛やドラマ部分を強調しました。



映画情報どっとこむ ralph 『ビューティフル・ボーイ』
原題:Beautiful Boy

beautifulboy-movie.jp


<あらすじ>
堕ちていく息子を、信じ続けた8年間。
ジョン・レノンの名曲が彩る 痛ましくも美しい愛と再生の記録。
成績優秀でスポーツ万能、将来を期待されていた学生ニックは、ふとしたきっかけで手を出したドラッグに次第にのめり込んでいく。

更生施設を抜け出したり、再発を繰り返すニックを、大きな愛と献身で見守り包み込む父親デヴィッド。

何度裏切られても、息子を信じ続けることができたのは、すべてをこえて愛している存在だから。ニックの再生への旅は始まったばかり・・・。父デヴィッドと、ドラッグ依存症だったが現在はNetflix「13の理由」の脚本家としても活躍する息子ニックがそれぞれの視点で書いた2冊のベストセラーノンフィクションを原作とした実話に基づく愛と再生の物語。

***********************************


監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン (『オーバー・ザ・ブルースカイ』アカデミー賞外国語映画賞ノミネート)
脚本:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン/ルーク・デイヴィス(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
出演:スティーヴ・カレル、ティモシー・シャラメ
製作:PLAN B (『ムーンライト』『それでも夜は明ける』)
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社
配給:ファントム・フィルム

【2018/アメリカ/120分/ビスタサイズ/R-15】
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ