岡田准一 x レディー・ガガ『ザ・ファブル』主題歌入り本予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計部数320万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、今、一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』が実写映画化、6月21日(金)に全国公開を迎えます。

主人公のファブル/佐藤アキラ役には、アクション・演技ともに定評があり、さらに今回はコミカルな演技も多く求められる役柄に挑戦する、国民的俳優・岡田准一。そのほか超豪華キャスト共演で早くも話題沸騰の本作。

この度、世界的アーティスト、レディー・ガガの代表曲「ボーン・ディス・ウェイ」が主題歌に決定しました!

2011 年5 月23 日にリリースされたレディー・ガガの3枚目のアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』からのタイトル・トラック、そして同年2 月11 日に先行シングルとして発売された楽曲であり、レディー・ガガの代表曲のひとつ。

なお、レディー・ガガが日本映画に楽曲を提供するのは今回が初めてのこととなります!

映画情報どっとこむ ralph 今回、プロデューサーを含む製作陣の「岡田准一さんをはじめ豪華な俳優陣に演じていただいた個性的すぎるキャラクターたちをまるごと包み込めるくらいのスケール感あるアーティストに主題歌をお願いしたいという想い」、そして、「『あなたの人生はそのままで素晴らしい』という強いメッセージを放つこの曲は、特殊な環境の中で必死に生きる主人公のファブル/アキラをはじめ、様々な事情を抱えるすべてのキャラクターたちの人生を肯定してくれる内容になっており、映画の世界観とも合致する」と、楽曲の使用を熱望。

楽曲使用の依頼が世界中から殺到しているレディー・ガガ側との交渉は困難を極めましたが、昨年からの粘り強い交渉の末、彼女の代表曲であり、世界的名曲と呼び声の高い「ボーン・ディス・ウェイ」を主題歌として提供するという異例のコラボレーションが実現しました!

映画情報どっとこむ ralph さらに今回は、楽曲に乗せた予告編も解禁!

ファブル/アキラは実は猫舌というおちゃめな面が明かされるほか、初めて出会った一般人の女性ミサキと出会う事で、殺し屋としての人生しか知らなかったファブルが、一人の“普通”の人間として、初めて自分から誰かを助けたいと決意する姿が描かれています。そこからの救出ミッションに挑む姿に「ボーン・ディス・ウェイ」が重なり、「あなたの人生はそのままで素晴らしい」という強いメッセージ溢れるダンスミュージックと、岡田准一演じるファブルが殺さずに戦う超絶アクションが見事にマッチした映像が完成しました!




ザ・ファブル

6月21日 全国公開


<STORY>  
どんな相手も6秒以内に殺す――。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる
存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。
殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

***********************************

出演:岡田准一 
木村文乃 山本美月 
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了  井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)宮川大輔 
佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市
原作:南勝久「ザ・ファブル」(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
主題歌:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」
(ユニバーサル ミュージック)
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
公開:6月21日(金)
©2019「ザ・ファブル」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ