映画情報どっとこむ ralph 第2回TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM準グランプリ受賞、ヤング ポール監督作品『ゴーストマスター』が今冬、新宿シネマカリテ他にて公開となります。

そのW主演、三浦貴大、成海璃子の出演情報が解禁となり、コメントも到着しました。


流行っているから低予算で作れば儲かる、という安易な発想と低い志で製作されることになった、とある “壁ドン”映画の撮影現場。ところが主演俳優が“壁ドン”について悩みはじめ、撮影がストップしてしまう。殴る蹴るのパワハラも日常茶飯事、24時間稼働当たり前の過酷な現場で、事態の収拾を押しつけられたのは、こき使われるペーペーの助監督・黒沢明。

名前だけは“巨匠”で“一流”だが、断れない性格が災いして要領の悪い、B級ホラーを愛するただの気弱な映画オタクだ。唯一の心の支えとしていた、いつか監督になる夢も無残に打ち砕かれ、黒沢のうっ積した不満は、遂には悪霊を呼び寄せ、監督デビューのために書き温めていた渾身の脚本「ゴーストマスター」に憑依してしまう。撮影現場を阿鼻叫喚の地獄へと変えていく「ゴーストマスター」を、黒沢と撮影隊は止めることができるのか!?

映画情報どっとこむ ralph 主人公、黒沢明を演じるのは、実力派俳優・三浦貴大。監督やプロデューサー、スタッフから怒号や罵声を浴びせられながらも懸命に撮影現場を右往左往する助監督役を、数多くの現場を知る三浦自身の経験値も含めて見事に体現。

三浦貴大さんコメント
もともとホラー映画をあまり見てきていないので、脚本を読んだ時には、どのような映像になるのか全く想像がつきませんでした。撮影を進めていくにつれて、様々な仕掛けを目の当たりにして徐々に図が見えてきた部分もあれば、監督の試みに、未だ全く完成が想像できない部分もあり自分でも楽しみにしております。黒沢というキャラクターは、熱い想いと才能・技量のなさのギャップに苦しんでいます。そこが自分の10代から20代前半の頃となにかリンクする部分もあり、感情移入しやすかった気がします。ゴーストマスターはホラー映画なのか、はたまた青春映画なのか。スタッフキャスト全員で作り上げた、熱い苦しいストーリーです。是非とも劇場で皆様の目でご覧いただきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph そして黒沢が憧れる女優・渡良瀬真奈には、子役時代から抜きんでた存在感を発揮してきた成海璃子が扮し、凛とした美しさや鬼気迫る表情で本作のドラマ要素をしっかりと支えてみせる。

成海璃子さんコメント
猛暑の中、山奥にある廃校での撮影はとにかく過酷でした。
現場は特殊メイク祭り、個性的なキャラクターばかりで、笑いの絶えない現場でした。
なにがなんだか分からないけど、映画愛に溢れた熱い作品です!

映画情報どっとこむ ralph ジャンルを超越したオリジナリティ。究極の映画愛が凝縮した感動作。

ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭にてワールドプレミア!!

『ゴーストマスター』

2019年 冬 新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

ヤング ポール監督コメント
映画は人間の生き血を吸う。これは本当の事だ。
この映画『ゴーストマスター』も例に漏れず、なんとか作品を完成させ世に送り出そうと集ったスタッフ・キャストの血を容赦なく吸い上げ続け、文字通り私は現場でぶっ倒れながらもなんとか撮影を終えた。が、その後の仕上げでも映画『ゴーストマスター』は尚も血を求め、激しい戦いは続いた。そして、漸く一本の映画は完成した。この映画は、沈下し続ける日本映画界の片隅で実際に我々スタッフ・キャストが映画『ゴーストマスター』と戦った血の記録であり、同じく熾烈な環境に身を置く主人公・黒沢明の青春の光と陰、そして映画への愛と憎しみの物語である。愛するということは、血が流れるという事だ。充分に生き血を吸った映画『ゴーストマスター』は、今まさに世に放たれようとしている。是非目撃して欲しい。

***********************************

監督:ヤング ポール
脚本:楠野一郎(『東京喰種 トーキョーグール』『天空の蜂』) ヤング ポール
撮影:戸田義久(『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『キャタピラー』)
特殊スタイリスト:百武朋(『ミュージアム』『東京喰種 トーキョーグール』)
出演:三浦貴大 成海璃子
製作 『ゴーストマスター』製作委員会
配給 S・D・P
ⓒ2019『ゴーストマスター』製作委員会
  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ