映画情報どっとこむ ralph “映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」第23回が配信開始され、話題作『ワイルドツアー』を紹介。

本作は、『きみの鳥はうたえる』で国際的な評価も高めた三宅唱監督が山口県の地元の中高生達と一緒に作り上げた作品であり、繊細かつリアリティに富んだ作品である。番組では、お馴染みのMC・森直人が三宅監督とともにトークを盛り上げた。

映画情報どっとこむ ralph 『ワイルドツアー』は、山口情報芸術センター[通称:YCAM(ワイカム)]が実施する映画制作プロジェクト「YCAM Film Factory」の第4弾。中高生の男女が植物のDNAを解析するワークショップを通して、恋をして、青春し、成長する物語である。本作でメガホンをとったのは三宅唱。三宅監督が実際に山口県に8ヶ月間滞在して、映画に関するワークショップを開催。そこに参加した地元の中高生がそのまま出演し、撮影を通してリアルタイムで成長する姿が映し出されている。

番組冒頭、本作の制作背景からトークが始まり、地元の中高生を起用した経緯について説明した。三宅監督はMCの森と討論していく中で、YCAMの研究開発チーム・YCAMインターラボにいる人達を、多様な研究でその名を馳せた南方熊楠(みなかた・くまぐす)のようだと例えた。彼ら彼女らほとんどが非専門家であり、「誰でも(南方)熊楠になれちゃうみたいな。でもそれって映画の世界も一緒。ていうか、21世紀ってこういうことだったんだって初めて気づいた。」と語った。誰でも映画を撮ることができる時代である実感を改めて得た滞在期間だったと当時の心境を明かした。


森から作品の印象について、「最初見たときに、『これドキュメンタリー?』って感じると思う。で、恋愛モノなの!?となるが、なぜこのような物語構造にしたんですか?」と問われると、三宅監督は「最初それ(ドキュメンタリー)で終わってもいいやくらいに思ってたんです。(出演者たちは)本当にフレッシュで生々しい。これさえ撮って持って帰ればいい。ただそれはやっぱり、一方的な関係だったって、彼らと交流していく中で気づいた。」と答えた。キャストの中高生達と“対等な関係”を築くために必要な長期滞在であり、中高生とのコミュニケーションが作品に影響を与えていることがわかるトークが展開された。

映画情報どっとこむ ralph また、本作はドキュメンタリーとフィクションそれぞれの性格が複雑に入り混じっている。三宅監督は、演出がある部分と俳優のアドリブの部分は、真逆に思われていることが多いと話し、映画のジャンル分けについても「よくドキュメンタリーとフィクションって言葉で、“どっちなんだ?”って話になりますけど、多分それを分類することは、もうあまり意味が無いんじゃないかって思ってて、ざっくり『映画』って言えばいいじゃんと良く思ってはいる」とコメントした。

さらに、トークが脚本についての話になると、「最近考えが変わった」と笑い混じりに切り出し、「脚本、大事」と『ワイルドツアー』で脚本の捉え方の変化を語った。三宅監督は自らのこれまでを「他人の脚本をやったことが無くて、自分でも書く能力がなくて、でも現場で映画は作りたかったから“脚本がなくてもつくれる”って思ってたんです。ナメてた。」と振り返り、その転換点が『ワイルドツアー』にあったと明かしている。様々な環境と心境の変化があり、「今回、やっと“『劇』面白えわ”って思えるようになった」「暇さえあれば脚本を書いていたい」と語る三宅監督の次回作に期待感が高まる。

番組内では、国際映画祭の反応や、映画監督になるまで、今後の活動についてなど様々なトークテーマについて余すこと無く語り尽くした。

監督・脚本・撮影・編集:佐向大 プロフィール
1984年生まれ。北海道札幌市出身。09年に短編『スパイの舌』(08)が第5 回シネアスト・オーガニゼーション・イン・大阪(CO2)エキシビション・オープンコンペ部門にて最優秀賞を受賞。初長編作品『やくたたず』(10)を発表後、12年に劇場公開第1作『Playback』を監督。同作は第65 回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門に正式出品され、話題を呼んだ。14年には、音楽ドキュメンタリー『THE COCKPIT』を発表。17年には、時代劇専門チャンネル・日本映画専門チャンネルのオリジナル作品『密使と番人』で初の時代劇に挑戦。18年には、佐藤泰志原作の映画化作品『きみの鳥はうたえる』を発表。その他の作品に、ビデオダイアリー「無言日記」シリーズ(14 ~)、建築家・鈴木了二との共同監督作品『物質試行58 A RETURN OF BRUNO TAUT 2016』(16)などがある。

映画情報どっとこむ ralph ■活弁シネマ倶楽部■
「活弁シネマ倶楽部」は、映画の制作陣がゲストに登場する貴重な番組であり、ネタバレの縛りもなく想いを吐き出せる場として制作側の支持が熱いそうだ。独自の目線で作品を 選定し紹介しているため、まだまだ視聴者に知られていない作品やその内容について十分に語られていない作品にも出会えるチャンスかもしれない。

WEB 配信での特別番組だが、引き続き定期的に配信され、今後は生配信の可能性もあるとのことで、映画好きにとっては、必見の番組だ。

「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 『ワイルドツアー』

こちら
2019年3月30日(土)より、ユーロスペースほか全国順次ロードショー

あらすじ
ここは山口県山口市にあるアートセンター。大学1年生の中園うめは、「山口のDNA図鑑」というワークショップにファシリテーター(進行役)として参加している。参加者は、これから、自分たちが暮らす街の様々な場所を歩きまわり、どんな植物が生えているのかを調べていく。ウメは中学3年生のタケとシュンを連れ、「新しい種」を求めて近くの森を探索することに…。

出演:伊藤帆乃花、安光隆太郎、栗林大輔、伊藤己織、髙椋優気、増田結妃、桝田七海、渡邊芽惟、渋谷圭香、河村百音、川俣実穂、福田未空、横山南 ほか
監督・脚本・撮影・編集:三宅唱
プロデューサー:杉原永純(YCAM)
製作:山口情報芸術センター[YCAM]

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ