松本穂香『 おいしい家族 』チョンジュ国際映画祭 シネマフェスト部門に出品決定


映画情報どっとこむ ralph 第40回すばる文学賞受賞・ndjc2015選出など、文学・映像両才能を持ち合わせた新鋭作家ふくだももこの長編初監督作品『 おいしい家族 』が9月20日に公開となります。

そして、この度 5月2日より韓国で開催される韓国三大映画祭のひとつチョンジュ国際映画祭へ正式招待が決定しました。

全州国際映画祭は2000年に始まった映画祭で、今年で20回目。全州は、韓国南西部に位置する全羅北道の州都であり、昔の韓国の街並みが色濃く残っているような街並みで、韓国映画発祥の地とも言われている。そんな全州で開かれる本映画祭は、作家性の強い作品が集まるのが特徴で、アジアを代表するインディペンデント映画祭としても注目を集めている。

映画祭は、5月2日(木)から 5月11日(土)まで開催され、主演の松本穂香さんと監督のふくだももこが招待をうけており、オープニングセレモニーから参加をする予定。

松本さんは、映画祭のレッドカーペットを踏むのは今回が初めてとなり、「海外の映画祭のレッドカーペットを歩くのは初めてなので、想像するだけでドキドキします。この映画の良さを色んな人に伝えられるように堂々歩こうと思います。」と緊張気味。一方監督のふくだは「韓国は映画がめっちゃ盛り上がってるので羨ましいと思います。常識にとらわれずさまざまな個性の多様性を肯定した「おいしい家族」を、韓国の人がどう思うんやろ?とかたのしみです。」とコメント。

さらに「あとこの前愛媛の映画祭で会った「罪深い少女」のキム監督にまた会いたいです!」と映画祭への期待をふくらませた。松本は別の主演作『わたしは光をにぎっている』(11月15日公開/中川龍太郎監督)でもモスクワ国際映画祭へ招待されることが過日発表され、主演作が立て続けに海外で評価されたことに関し「日本の作品が日本を飛び出して、世界中に映画が広がっていることはとても嬉しいです。関わった作品だけでなく、日本映画を知ってもらう機会になったらという思いで参加させていただけたらと思っています。」とコメントした。

映画情報どっとこむ ralph おいしい家族

2019年9月20日(金)全国公開


主演は、日曜劇場「この世界の片隅に」(TBS/18)にてヒロインすず役を務め、2018年度「VOGUE JAPAN Women of the Year」 を受賞、今年度のJR SKISKI2018-19のメインキャストを務める話題の若手女優・松本穂香。デビュー以降数々の映画・ドラマに出演し、女優としての実力はすでに折り紙付きの松本が本作で長編映画初主演をつとめる。

松本演じる主人公・橙花(とうか)は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお/浜野謙太)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

ほか出演者として、橙花に対し、マイペースな弟・翠(みどり)には笠松将(かさまつ・しょう)。和生の連れ子で生意気な女子高生・ダリアにモトーラ世理奈(もとーら・せりな)。ダリアの親友で、ある秘密を抱え、思春期の心に悩む・瀧(タキ)役に三河悠冴(みかわ・ゆうご)。橙花のファンで、毎回橙花に伊勢エビを持って会いに来ていたからことから“エビオ”という名前がついた、エビオ役を「MEN’S NON-NO」としても活躍している栁 俊太郎(やなぎ・しゅんたろう)が演じた。

***********************************

出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太
監督・脚本:ふくだももこ 
音楽:本多俊之
製作:新井重人 松井智 
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝 金井隆治 プロデューサー:谷戸豊 清家優輝
アソシエイトプロデューサー:山野邊雅祥 
撮影:高橋草太 
照明:山本浩資 
録音:原川慎平 美術:大原清孝 
編集:宮島竜治 音楽プロデューサー:岡田こずえ 宣伝プロデューサー:滝口彩香 
衣裳:江森明日佳 ヘアメイク:佐藤美和 VFX:野間実 音響効果:井上奈津子
助監督:古畑耕平 制作担当:竹田和史
製作:日活/ハピネット
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
企画・配給:日活  

©2019「おいしい家族」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ