爆発、銃撃戦、魔法技術 プロデューサーが語った『劇場版 幼女戦記』4DXの魅力とは!


映画情報どっとこむ ralph エリートサラリーマンが金髪と青い目を持つ幼い少女ターニャ・デグレチャフとして転生し、過酷な戦場の最前線に立つというファンタジーな世界観を描いていたTVシリーズの続編となる劇場版アニメ『劇場版 幼女戦記』が大ヒット公開中。

この大人気アニメ4DXファンの熱い声に応えて、いよいよ4月5日(金)より、全国の4DX劇場にて上映スタートします!

早速、本作の4DX演出を仕掛けた3人のプロデューサーより、<日本>でしか観れない『劇場版 幼女戦記』4DXの魅力についてコメントが到着し、『劇場版 幼女戦記』4DX鑑賞を楽しめる見どころが明らかに!

映画情報どっとこむ ralph Michael Martinez(マイケル・マーティーネズ)プロデューサーは、「冒頭の強烈なアクションシーンでは、飛行している動き、銃撃&爆発のシーンでは、様々な4DX演出効果を豊富に取り入れて、仕掛けてみた。そして、主人公のターニャ率いる航空魔導大隊は、自由自在に空を飛びながら戦う設定から、”滑空アクション”と”戦闘アクション”をうまく調和させており、迫力ある空戦シーンが楽しめるはず。また、主人公である“ターニャ”の過激さにも漏れなく4DX演出を仕掛けており、冒頭メアリー・スーと初めて出会うシーンでは、4DX演出の時間を長く設定し、緊張感を最大限に引き上げるようにした」とコメントし、見逃してはいけない様々なアクションシーンへのこだわりと、キャラクターそのものへの没入感を引き立たせるような繊細な演出がされていることを語った。

また、Reny Nazarian(リーニー・ナゼリーアン)プロデューサーは、 「ファンタジーな世界観をみせているので、(世界観から離れないように)全ての4DX効果に気を配った。特にターニャの空戦シーンでは〈風〉、モーションチェアからの〈エアショット〉、〈光〉など、様々な4DX環境によって彼女の能力とパワーを体験できる」と、4DX劇場で意識して感じ取ってほしい4DX効果を紹介。

最後、Seong Kim(ソン・キム)プロデューサーは、「爆発のシーン、銃撃戦、魔法技術で滑空するシーンにフォーカスし、4DX演出を仕掛けていた。特に、4DXで本作を観ている観客が思わず興奮しながら、ドキドキできる体験を心がけて、豊富な4DX環境効果はもちろん、モーションチェアの動きも間違いなく楽しさを与えるはず。〈風〉効果では、空を飛んで、雲の中を飛び回るような体験を、様々なモーションチェアのバイブ効果により、銃撃、爆弾、各登場人物の動きにも変化をかけて表現した」とコメントし、様々な工夫がされている『劇場版 幼女戦記』4DXの魅力を伝え、ますます本作への期待も高まる!

映画情報どっとこむ ralph 4DX上映劇場では、4DX限定の入場者特典(35mmフィルムコマ)配布も決定しており(※予定数量に達し次第終了/一部劇場は除く/ご鑑賞者1名様につき1点の配布)、4月明け早々、『劇場版 幼女戦記』4DXのさらなるブームが巻き起こること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph 【4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて】
4DXとは、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。

なお、4DXは、ヨーロッパや北米の20〜30代若い層を中心に人気トレンドとして話題のNO.1プレミアムムービーフォーマット。20個以上の4DXオリジナル環境効果や繊細なモーション効果で【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】として注目されている。全世界63カ国、630スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年4月現在)

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 幼女戦記』4DX

公式サイト:
http://youjo-senki.jp/


【STORY】
統一暦1926年。ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐率いる、帝国軍第二〇三航空魔導大隊は、南方大陸にて共和国軍残党を相手取る戦役を征す。
凱旋休暇を期待していた彼らだが、本国で待ち受けていたのは、参謀本部の特命であった。
曰く、『連邦国境付近にて、大規模動員の兆しあり』。新たな巨人の目覚めを前に、なりふり構わぬ帝国軍は、自ずと戦火を拡大してゆく……
時を同じく、連邦内部に連合王国主導の多国籍義勇軍が足を踏み入れる。
敵の敵は、親愛なる友。国家理性に導かれ、数奇な運命をたどる彼らの中には、一人の少女がいた。メアリー・スー准尉。
父を殺した帝国に対する正義を求め、彼女は銃を取る。

***********************************

監督:上村 泰
脚本:猪原健太
製作:劇場版幼女戦記製作委員会
キャスト:ターニャ・フォン・デグレチャフ(悠木 碧)、ヴィーシャ(早見沙織)、レルゲン(三木眞一郎)、ルーデルドルフ(玄田哲章)、ゼートゥーア(大塚芳忠)、メアリー(戸松 遥)他
配給:角川ANIMATION
©カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/劇場版幼女戦記製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ