フォークリフトが「美しき青きドナウ」をバックに踊る『希望の灯り』特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『希望の灯り』4月5日(金)、Bunkamuraル・シネマほか全国公開となります。
旧東ドイツの人々たちの慎ましい人情味が、才気あふれる映像と音楽で彩られた、新鋭ステューバー監督による傑作です。

旧東ドイツ地域(ハレ)出身で1977年生まれの若手作家の原作を、同じく旧東ドイツ ライプツィヒ出身1981年生まれの監督が演出した「希望の灯り」。主演は「未来を乗り換えた男」の公開も控えるドイツのシューティングスター、フランツ・ロゴフスキ。

夜の巨大なスーパーマーケットでヨハン・シュトラウスのワルツ「美しき青きドナウ」をバックにバレエのようにフォークリフトが踊る。

その孤独な風景は、「2001年宇宙の旅」の宇宙船のシーンを彷彿とさせ、不思議な安心感を漂わせます。キャストのみならずスタッフまで、フォークリフトの運転免許を取得し、撮影に挑みました!

そんなステューバー監督渾身の「フォークリフト・バレエ」特別映像が完成いたしました。


映画情報どっとこむ ralph 『希望の灯り』

原題:In den Gängen
英題:In the Aisles 

整然とした倉庫のような空間を詩的な小宇宙へと変貌させる、ドイツ新世代の才能

閉店後、照明を落とした店内をフォークリフトがワルツを踊るように通路を行き交う、その優美さ。小さな誕生日ケーキの愛らしさ。水槽に詰め込まれた魚たちの悲哀。冷凍倉庫での鼻先キッス。ほのかな光に照らされた広大な田園風景と空の、はっとするほどの美しさ。誰も自分の悲しみを言葉にはしないが、クリスティアンが抱えている心の傷やマリオンの苦しみ、東ドイツ時代を懐かしむブルーノの言葉は、ぐっと胸に迫る。また、時おり挿入されるクリスティアンの詩的なナレーションは、無口な彼の知性やマリオンへの想いが表現され、味わい深い。
トーマス・ステューバー監督は、1981年、旧東ドイツのライプツィヒ生まれの37歳。本作は、クレメンス・マイヤー(1977年、旧東ドイツ・ハレ生まれ)の短編小説「通路にて」を映画化したものだ。1989年のベルリンの壁崩壊に続く1990年のドイツ再統一によって、旧東ドイツ人のなかには不遇をかこつ人々もいた。社会の片隅で助けあう人々の日常を静かに描き出す本作は、人と人との距離感という意味でも、孤独を時にユーモラスに描き出すという意味でも、フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ作品に通じるものがある。「美しく青きドナウ」や「G線上のアリア」などクラシックの名曲の効果的な使い方や、カナダのゴシックフォーク・グループ、ティンバー・ティンバーの「Moments」をエンディング曲に選ぶなど、音楽センスも抜群だ。


ドイツの実力派俳優たちが表現する、東ドイツ人の今

主人公のクリスティアンを演じるのは、フランツ・ロゴフスキ。ミヒャエル・ハネケ監督作品『ハッピーエンド』(17)でイザベル・ユペールのうだつの上がらない息子を演じ、『未来を乗り換えた男』(18)ではファシズムが吹き荒れるドイツからマルセイユに逃れてきた主人公を演じた、大注目のドイツ人男優だ。本作で第68回ドイツアカデミー賞主演男優賞を受賞。彼が一目惚れする年上の女性マリオンを演じるザンドラ・ヒュラーは、『ありがとう、トニ・エルドマン』(16)で仕事中毒の女性を演じて数多くの主演女優賞を獲得した、ドイツを代表する女優のひとり。クリスティアンに心惹かれながらも自分からは踏み出せないマリオンの心の揺れをチャーミングに演じている。クリスティアンの上司ブルーノ役のペーター・カースは、ステューバー監督の初長編映画『ヘビー級の心』では主演を務めた。

***********************************


出演:フランツ・ロゴフスキ(『ハッピーエンド』『未来を乗り換えた男』)、ザンドラ・ヒュラー(『ありがとう、トニ・エルドマン』)、ペーター・カース 

監督:トーマス・ステューバー
原作・脚本:クレメンス・マイヤー(「通路にて」新潮クレスト・ブックス『夜と灯りと』所収<品切>)
2018年/ドイツ/ドイツ語/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/125分
配給:彩プロ
協力:朝日新聞社 宣伝:Lem © 2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ