『まく子』鶴岡慧子監督×沖田修一監督登壇公開中スペシャルトーク


映画情報どっとこむ ralph 西加奈子が第152回直木賞(「サラバ!」)受賞後、一作目として書き下ろした小説「まく子」。児童小説では異例の累計55,000部の売り上げを記録し、幅広い世代から愛される西の世界観を見事に感動作として昇華させた映画『まく子』がテアトル新宿他全国公開中です。

3月27日(水)、本作の監督を務めた鶴岡慧子監督と『モリのいる場所』を監督した沖田修一監督との公開中スペシャルトークイベントを行いました。
『まく子』鶴岡慧子監督、沖田修一監督 日付:3月27日(水) 
登壇:鶴岡慧子監督、沖田修一監督  
会場:テアトル新宿

映画情報どっとこむ ralph 公開記念トークイベントには、

鶴岡監督:豪華な方が来てくださって浮かれてます!大ファンなんです。

と興奮する相手、

沖田監督:応援に馳せ参じました!

と登場。


感想を求められ

沖田監督:子供が主人公の映画は作りづらいが、ここテアトル新宿で『ごめん』(富樫森監督)という映画を以前観て、子供が主人公でも、こんな作品いいなと衝撃を受けました。そしてこの『まく子』。ずるいです。楽しくて、先の展開が気になって、スピルバーグっぽかった!

と賛辞を贈ると、恐縮しきりの

鶴岡監督:本作も『ごめん』と同じ制作会社さんが入っていたので、とりあえず観ろと言われました。

と少年の成長を描くための参考秘話を明かしました。

『まく子』鶴岡慧子監督、沖田修一監督
両者の共通項として、地方を舞台にしつつも礼賛しているわけではない点が指摘されると、

鶴岡監督:山奥で育ったので、その景色が世界。むしろ街を撮れないコンプレックス。突き詰めると地元の人に正面から向き合って撮ってます。田舎暮らし大変ですから。

とすることに対して

沖田監督:すごくわかる。自分も埼玉のトトロの森の近く出身で、原風景として緑、山がある。海が怖い(笑)。『まく子』は温泉街が絵になってました。じめっとした人たちもいて面白い。

と日本を描くための普遍性についても触れました。

子供の演出について話が及ぶと、

鶴岡監督:沖田さんの『南極料理人』の主人公の娘役が印象に残ってます。

と。最近の嫌なことを聞くオーディションでずっと喋っていたことが決め手だったという沖田監督は「もともと持っているもの重視」のキャスティングから入るのに対し、

鶴岡監督:印象重視。山﨑くんはオーディションだったがコズエ役はオファー。不思議感を作り上げていく作業だった。二人とも高学年だったので、大人と同じように接していた。

と明かしました。

「出会いと別れを扱っているが、印象に残るエピソードは?」という観客からの質問には、

鶴岡監督:3年前、地元で小学生向けの映画教室をやる時にたまたま沖田監督が講師としていらした。これが出会いです。あとは草彅さんとの出会い。撮影前の衣裳合わせが初でしたが、その時の印象と1年後の舞台挨拶での印象とがだいぶ違いました。撮影終わってから舞台などでご活躍され、新たな取り組みをされて1年経ってからの公開だったので、ますますイキイキされてエネルギッシュだなと感じました。あとは、緊張してしまうので、あまり草彅さんだって考えないようにしましたね(笑)。本当スターなので!

と笑いを誘い、終始和やかな雰囲気のトークイベントとなりました。


映画情報どっとこむ ralph 初主演 山﨑 光×美少女 ×新境地で魅せる 草彅 剛×須藤理彩

主人公・サトシを『真夏の方程式』(2013)で福山雅治演じる湯川と心を通わせる少年役だった山﨑光が演じ、思春期の揺らぎを見事に表現。謎の転入生・コズエを演じるのは、圧倒的な美しさを放つ新星・新音(にのん)。そして、旅館を切り盛りするサトシの母・明美役に、ドラマ「半分、青い。」に出演し話題の女優・須藤理彩、女好きなダメな父親だけれど、息子の成長を陰ながら見つめ背中を押す父・光一役を草彅剛が演じ、色気を漂わせ新境地をみせます。

監督は、初長編映画『くじらのまち』がPFFアワード2012にてグランプリ&ジェムストーン賞をW受賞し、第63回ベルリン国際映画祭をはじめ各国の映画祭で上映され国内外問わず高く評価された鶴岡慧子が務めます。

映画『まく子』 

テアトル新宿ほか全国絶賛公開中!

公式HP:
http://makuko-movie.jp/

物語・・・
ひなびた温泉街の旅館の息子・サトシは、小学5年生。自分の身体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエが現れる。言動がどこか不思議な同い年のコズエに最初は困惑していたサトシだったが、次第に彼女に魅せられていく。そしてコズエから「ある星から来たの。」と信じがたい秘密を打ち明けられる。枯葉や紙の花を楽しそうにまくコズエが、やがて町の人々みんなにまいたものとは…。
思春期というかけがえのない時を生きるサトシの葛藤とコズエとのせつない初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳ありの親子・・・小さな町のどこか不器用な人々を映し出します。

***********************************


出演:山﨑 光 新音 須藤理彩/草彅 剛 
つみきみほ 村上 純(しずる) 橋本 淳 内川蓮生 根岸季衣 小倉久寛
原作:「まく子」西加奈子(福音館書店 刊)    
監督・脚本:鶴岡慧子  
主題歌:高橋 優「若気の至り」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ