映画情報どっとこむ ralph 映画『恋人はスナイパー』(04)や、TVシリーズ「仮面ライダーアギト」などを手がけた六車俊治監督による完全オリジナルストーリーで描かれる青春ムービー、『JK☆ROCK』が4月6日(土)に全国公開となります。

本作は、2人の「JOE」を中心に絶大な人気を誇っていた、自身の所属するロックバンド「JoKers」の突然の解散をきっかけに、音楽を捨ててくすぶっている主人公・丈が、初心者女子高生バンドを指導することになり、彼女たちの真っ直ぐな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく、音楽へのひたむきな想いを抱く若者たちの姿を爽やかに描き上げた物語。

そしてこの度公開に先駆けて本日3月27日(水)に高校生を対象にした下北「JK☆ROCK」春休みスペシャル試写会が行われ、本作のメガホンを取った六車俊治監督が登壇しました。

映画『JK☆ROCK』 下北「JK☆ROCK」春休みスペシャル試写会
日時:3月27日(水)
場所:北沢タウンホール(世田谷区北沢2丁目8−18)
登壇:六車俊治監督

映画情報どっとこむ ralph イベントは神奈川県立厚木高等学校軽音楽部 Iolite(アイオライト)と茨城県立竜ケ崎第一高等学校軽音楽部という関東トップクラスの実力を誇る軽音楽部によるライブパフォーマンスからスタート。

両バンド共に白熱の演奏を繰り広げ、会場のテンションは一気にヒートアップ。熱気高まる中ステージに登壇した六車監督にも大きな拍手が送られました。“映画監督になったきっかけ”を聞かれ


六車監督:子どもの頃に宇宙と音楽と映画が僕を救ってくれたんですよね。結局映画が一番好きだなぁ~って思ったので、高校生の頃には監督になろうって決めていましたね。

とコメント。

“劇中で活躍するDROP DOLLのモデルになった人物がいるのかと”いう質問に対しては、

六車監督:ドラムの桜という役のモデルは土屋アンナさんで、映画の中に登場するポスターも彼女なんです。昔仕事をしたことがあり、彼女も自分のことを“俺”と言ったりするのでそのイメージもありましたし、桜を演じた早間千尋もそれに近いキャラクターだったので、それが活きています。

とキャラクター設定のエピソードを披露しました。

また、“どの位の期間で撮影したのかと”いう質問に対しては

六車監督:キャストがリアルな女子高生だったので、夏休みを使って撮影しましたね。なので、1ヶ月位ほぼ休み無しで撮影していました。夜遅くまで撮影も出来ないので、朝から夜9時まで毎日毎日撮影でした。

とコメント。

“撮影期間の楽しかったこと”について聞かれると

六車監督:色んなプランを綿密に立てて、いざ撮影に入るとそれが変わっていくんです。徐々にスタッフも役者も本気になってきて、それが楽しいです。天候の変化すらも楽しいですね(笑)

と答え、会場を笑わせました。

映画情報どっとこむ ralph 逆に監督から現役の女子高生たちに対して何か質問はありますかという質問に対して、監督は“皆さんが生まれる前に作られた音楽でどんな曲が好きか”と質問。

《ブルーハーツ》という回答はあったものの、《長渕剛》や《サザンオールスターズ》を知らない、《スピッツ》も生まれる前という回答に、驚きが隠せない様子の監督でした。

これから進路など将来についての悩みを持ち始める女子高生の“学生の内にやっておいた方がいいことは?”というリアルな質問には

六車監督:19歳の時にアメリカを一人旅したんですよ。日本が客観的に見れるようになるので、10代にお勧めですね。

とアドバイスをする場面も。最後にこの映画の見どころを聞かれると

六車監督:キャストですね。リアルな女子高生が女子高生役を演じていますし、主演の福山翔大さんをはじめ、みなさんこれからどんどんスターになっていく人達です。彼らのフレッシュさが全面に出ていますので、楽しんで頂ければと思います。

と話し、イベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『JK☆ROCK』 

4月6日(土) 新宿バルト9他 全国ロードショー

公式HP:
Jkrock-movie.jp

公式Twitter:
@jkrock_movie


◆STORY◆
まっすぐな音が、踏み出せない一歩をくれた
二人の「JOE」を中心に結成した大人気ロックバンド「JoKers」。人気絶頂の中での突然の解散から1年後、「JOE」(山本涼介)は米デビューを果たし、もう一人の「JOE」・海江田丈(福山翔大)は解散をきっかけに音楽をあきらめ、別の道を進もうと大学で退屈な日々を過ごしていた。丈ともう一度音楽をやりたいJoKersのメンバー・晴信、昴に相談されたロックカフェオーナー・照雄(西村まさ彦)は、思い付きで初心者女子高生バンド「DROP DOLL」を結成させ、丈に指導させることで音楽への情熱を取り戻させようとする。突然バンドを組むことになった桜、真緒、リナの3人は、丈の厳しい指導に反発しながらも音楽の楽しさに夢中になっていく。そんな真っ直ぐな彼女たちを見ているうちに、徐々に音楽への想いがよみがえる丈。しかし、彼女たちの初ステージが目前に迫った時、帰国した「JOE」が現れ、JoKers解散の本当の理由が明らかになる―。

***********************************

福山翔大 山本涼介 小林亮太 熊谷魁人
早間千尋(DROP DOLL . チヒロ) 結 那(DROP DOLL . ユイナ) 三宅ゆきの(DROP DOLL . ユキノ)
吉本実憂 金井勇太 橋本マナミ 若旦那 吹越 満
本田博太郎 / 高島礼子 / 西村まさ彦
監督:六車 俊治  脚本:谷本佳織 音楽:遠藤浩二 音楽指導:横川雄一
主題歌: 「シークレットボイス」(DROP DOLL)徳間ジャパンコミュニケーションズ

製作総指揮:影山龍司 プロデューサー:岩城レイ子 プロダクション統括:木次谷良助
制作協力:東映東京撮影所 配給・宣伝:ファントム・フィルム 宣伝協力:マンハッタンピープル 音楽協力:デビュン
製作:KAGEYAMAJUKU ENTERTAINMENT
©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ