怪作、珍作を一挙上映「奇想天外映画祭」開催決定!新宿 K’s cinema


映画情報どっとこむ ralph この度、映画史にその名を刻む選りすぐりの怪作、珍作、迷作、凡作、奇作を集めた 「奇想天外映画祭 Bizarre Film Festival~Freak and Geek アンダーグラウンドコ レクション 2019~」が、6 月 8 日(土)より新宿 K’s cinema にて開催することが 決定しました。

「奇想天外映画祭 Bizarre Film Festival~Freak and Geek アンダーグラウンドコレクション 2019~」
場所:新宿 K’s cinema
日時:6 月 8 日(土)~6 月 21 日(金)
配給:アダンソニア
宣伝:岩井秀世
デザイン:渡辺純

映画情報どっとこむ ralph 11 本 ヤバイ作品ばかりが集結しました。
いずれも、インターネット全盛の現在でも配信やソフト化も殆どされることのない作品。

本物の見世物芸人が多数登場した衝撃の問題作、トッド・ブラウニング監督『フリーク ス』。ドラッグとアルコール中毒でサナトリウムに入院し、狂乱と死すれすれの状態を 彷徨っていた自らの体験を目眩く現れるシュールな映像で再現した奇作、コンラッド・ ルークス監督『チャパクア』 。見世物小屋に生きる人間模様を描いた群像ドラマ『見世物』 。

アメリカ映画史上、最低の映画監督と呼ばれたエド・ウッドの、処女作にして女 装趣味映画『グレンとグレンダ』

放射線で人間の超人化に挑む SF ホラー『怪物の花嫁』。

宇宙人が死者を蘇ら せて 9 回目の地球征服を企む最低映画の金字塔『プラン9・フロム・アウタースペース』の 3 本を一挙上映。


シネマ・ノーヴォの誕生を世界に告げたブラジルの“狂気の映像作家”グラウベル・ローシャの荒々しくも繊細 でパワー溢れる映像解体シンフォニー『大地の時代』。

『リアリティのダンス』、『エンドレス・ポエトリー』な ど今なお旺盛に映画制作を続けるアレハンドロ・ホドロフスキーが、1989 年に撮った衝撃の神話的奇作『サン タ・サングレ/聖なる血』。

アメリカ中に突然殺人トマトが現れ人間を襲い始める不朽のカルト映画『アタッ ク・オブ・ザ・キラートマト』。

強制的に身体を切り離されたシャム双生児たちの復讐譚『バスケット・ケー ス』。

デブの中年女と結婚詐欺師が愛と嫉妬にまみれた冷血な殺人事件を繰り返す実話をリアルに描いた衝撃作 『ハネムーン・キラーズ』。

映画情報どっとこむ ralph 開催にあたり本映画祭の推薦人、映画評論家の柳下毅一郎さんよりお言葉も頂いております。

すぐれた演技、巧みなストーリーテリング、美しい映像、心地よい音楽、映画史的意義、完成度、感動 ……それら映画として求められることすべてに潔く背を向けてでも、追求せずにはいられないことがあ る。誰もやっていないこと、やりすぎてグロテスクになってしまうこと、誰も見たことがないものをス クリーンに映しだすために、ほかのすべてを犠牲にする。ごくまれにそんな映画がある。ただ個人的妄 執のみによって、観客など無視して、個人的名声さえも求めず、ただやりたいようにやった結果生まれ てしまう映画。そんな映画だけが本当の意味で人を驚かすことができる。そんな映画との出会いこそ が、あなたの一生を変えてくれるかもしれない。
柳下毅一郎(映画評論家)

新宿 K ’ s c i n e m a にて 6 月 8 日 ( 土 ) ~ 21 日 ( 金 ) 開 催 !

***********************************


関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ