26日ホドロフスキー監督降臨


数多くのアーティストたちを魅了し虜にしてきた

アレハンドロ・ホドロフスキー監督

ホドロフスキー監督今年は1975 年に企画した幻の SF 大作『DUNE』についてのドキュメンタリー『ホドロフスキーの DUNE』(6/14公開)と、ホドロフスキー監督の 23 年ぶりの新作『リアリティのダンス』(7/12公開)が公開されます。

その公開にさきがけて、25年ぶりに来日するホドロフスキー監督が、4/26(土)に開催される特別上映の2会場(吉祥寺バウスシアター、池袋新文芸坐)に降臨します!


①吉祥寺バウスシアター


【THE LAST BAUS/さよならバウスシアター、最後の宴】
『エル・トポ』上映後、アレハンドロ・ホドロフスキー監督による舞台挨拶あり

■上映日:2014年4月26日(土) 15:30より1回のみ上映
■上映作品:『エル・トポ』
■会場:吉祥寺バウスシアター
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23
TEL:0422-22-3555
■入場料:1,300円(前売当日共に)

前売券は4/12(土)よりイープラス、バウスシアター窓口ほかにて発売
その他詳細は、公式HPをご覧ください。
http://www.bakuon-bb.net/


②池袋 新文芸坐

【新作公開記念 世界の映画作家Vol. 151 アレハンドロ・ホドロフスキー 精神と映像の彼岸】
上映前に、ホドロフスキー監督による舞台挨拶あり


■上映日:2014年4月26日(土) 22:00よりオールナイト上映(5:00頃終了予定)
■上映作品:『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』『サンタ・サングレ/聖なる血』
■会場:新文芸坐
東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F
TEL:03-3971-9422
■入場料:当日2600円、前売・友の会2400円

前売券は新文芸坐窓口、チケットぴあにて販売中
その他詳細は、公式HPをご覧ください。
http://www.shin-bungeiza.com/

上映作品のご紹介を少しだけ。

エル・トポ
1970年に公開されるやミッドナイト・ムービーでのロングラン・ヒットとなり、ホドロフスキーの名を高めたアシッド・ウェスタン。黒づくめのガンマン、エル・トポは砂漠にいる四人の名手を卑劣な手段で殺し、砂漠で最強のガンマンとなるが……セルジオ・レオーネの色濃い前半から打って変わって後半は宗教的救済に向かう。
【エル・トポ】(C)2007-ABKCO-films (原題:El Topo /1970年/アメリカ、メキシコ/124分/カラー/スタンダード)
(C)2007 ABKCO films


ホーリー・マウンテン
『エル・トポ』以上に寓話的な物語であり、ホドロフスキー映画中ではもっとも魔術的思考に忠実な一本。“泥棒”と呼ばれる男が“錬金術師”の導きにより七人の成功者と出会う。彼らは不死を得るための修行をし、「聖山=ホーリー・マウンテン」に登ろうとする。ここで描かれるのは錬金術的な「魂の錬成」なのである。
【ホーリーマウンテン】(C)2007-ABKCO-films (原題:The Holy Mountain /1973年/アメリカ、メキシコ/113分/カラー/16:9)(1973年、監督・脚本・音楽・出演)
(C)2007 ABKCO films


サンタ・サングレ/聖なる血
サーカスを舞台にした血まみれのメロドラマ。サーカスで育った少年フェニックスは父の浮気と、それにはじまる父母の喧嘩で母が傷つけられるのを目撃し、深いトラウマを抱く。フリークや身体損傷、カーニバルといったホドロフスキーお得意のテーマが明快な復讐物語の枠にきれいにおさまっている。

【サンタサングレ】(c)INTERSOUND-PRODUCTIONS-S.r.l (原題:Santa Sangre /1989年/イギリス/113分/カラー/16:9)
(c)INTERSOUND PRODUCTIONS S.r.l. 1989, ALL RIGHTS RESERVED.


映画の学校に通っている方・映像にこだわる方は是非!観に行ってみて!

********************************************************************


【プロフィール】アレハンドロ・ホドロフスキー監督
1929年、チリ生まれ。1970年に、ジョン・レノンやアンディ・ウォーホルが惚れ込んだという伝説の映画『エル・トポ』を発表。その後、『ホーリー・マウンテン』(73)、『サンタ・サングレ/聖なる血』(89)を発表し、確固たるカルト界の巨匠としての地位を築く。ホドロフスキーの映画がほかの誰とも似ていないことは批判者さえもが認めており、無から有を生みだし、見る者を眩惑し、奇跡を引き起こす“魔術師”であると言える。2014年、ホドロフスキー監督が1975年に企画した幻のSF大作『DUNE』についてのドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』(6月14日公開)と、自伝的な作品『リアリティのダンス』(7月12日公開)の2作品連続公開を控えている。



—————————————————————————————-
 映画 『リアリティのダンス』
—————————————————————————————-
第66回カンヌ国際映画祭監督週間でプレミア上映された23年ぶりの新作は、残酷で美しい人間賛歌。

1990年の『The Rainbow Thief』(日本未公開)以来23年ぶりとなる新作は、生まれ故郷チリの田舎町で撮影された自伝的作品。権威的な父親との軋轢と和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た“世界”とは…映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。


監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』)、パメラ・フローレス、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー
音楽:アダン・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
配給:アップリンク/パルコ
(2013 年/チリ・フランス/130 分/スペイン語/カラー/1:1.85/DCP)
『リアリティのダンス』メイン画像 © “LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE 2013

2014年7月12日(土)より
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷アップリンクほか、全国順次公開

【 公式サイト 】http://www.uplink.co.jp/dance/
【 公式Twitter 】https://twitter.com/danceofreality
【 公式Facebook 】https://www.facebook.com/TheDanceOfReality.jp
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ