“オタク”の愛と正義『ぼんとリンちゃん』


『ももいろそらを』で世界14カ国20に及ぶ映画祭から絶賛された小林啓一監督待望の新作!

『ぼんとリンちゃん』

2014年初秋より新宿シネマカリテほか、全国順次公開と決定です!

『ぼんとリンちゃん』
本作の監督を務める小林啓一監督は、映画デビュー作『ももいろそらを』が第24回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門 作品賞受賞、第50回ヒホン国際映画祭では、日本映画として初の最優秀作品賞を受賞。サンダンス映画祭、ロッテルダム映画祭をはじめ世界14ヶ国20に及ぶ映画祭で絶賛され、鮮烈なデビューを飾ったかたです。

で、今回ですが
前作とはうって変わって、小林監督が全編カラーで描くのは、“オタク”の愛と正義。

ボーイズラブの同人誌が大好きな女の子“ぼんちゃん”役には、女優、モデルとしてTV、CM、雑誌にと幅広く活躍する佐倉絵麻さん。

ぼんちゃんを「ねえさん」と慕うオタクの男の子“リンちゃん”役には、「仮面ライダー鎧武」で人気なネクストブレイク必至の高杉真宙さん。


『ももいろそらを』で瑞々しく女子高生を描いた小林監督が、全編“オタクワールド”全開で描く“オタク”の愛と正義の行方にご期待ください。

『ぼんとリンちゃん』

2014年初秋 新宿シネマカリテほか、全国順次ロードショー


公式HP⇒ bonlin.jp
Facebook⇒ facebook.com/bonlin2014
Twitter⇒  @BONLIN2014


********************************************************************



【作品概要】
ここではないどこかの地方都市に住んでいる四谷夏子(通称“ぼん”)は、16歳と42ヶ月を自称する女子大生。彼女と友田麟太郎(通称“リン”)は、ボーイズラブ(BL)やアニメ、ゲームが大好きなオタクの幼なじみ。

ふたりは、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃん(通称“肉便器”)を連れ戻しに東京へやってきた。名付けて「肉便器救出作戦」。

ぼんとリンはネットゲームで知り合った会田直人(通称“べび”)に協力をあおぎ、肉便器の家へと突撃する。その姿は、ロールプレイングゲームの勇者や魔法使いのパーティを彷彿とさせるものだった。リン曰く「ボス戦」に挑む一同。

果たして、予測不能のミッションは成功するのか!?

■監督・脚本・撮影:小林啓一
■出演:佐倉絵麻、高杉真宙、桃月庵白酒、ヒガリノ
■製作:マイケルギオン、フルモテルモ
■配給:フルモテルモ 配給協力:コピアポア・フィルム
2014年/日本/カラー/91分/ビスタサイズ
©ぼんとリンちゃん
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ