吉行和子 主演 菜 葉 菜、寛 一 郎 共演 映画『雪子さんの足音』東京初日決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、吉行和子さん最新主演作、映画「雪子さんの足音」が、5月18日(土)より、東京ユーロスペースにて公開されることが決定いたしました。

共演は、半角スペースペースな俳優さんのお二人!
「赤い雪」で話題沸騰の菜 葉 菜さん、キネマ旬報新人男優賞で映画界注目の寛 一 郎さんです。

本作は、木村紅美の芥川賞候補作品「雪子さんの足音」の実写映画化となる。
月光荘という洋館で、2階を下宿人に貸す大家の川島雪子。放蕩息子の死をきっかけに居間をサロンとして下宿人に解放する。その常連の小野田香織は、肉親や職場の人間関係に屈折した感情を抱いていた。大学に入学した2年前から間借りしていた男子大学生の湯佐薫もサロンに招かれる。その日から夕食会、部屋に食事を届ける出前、ポチ袋に入ったお小遣いなど、過剰な善意と物質的な援助が続く。ついに逃げ出してしまった薫だが、20年経って雪子さんが孤独死したことを知り、再び月光荘を訪れようとする。月光荘に自分は何か大事なものを置いてきたのではないか。雪子さんは、果たして何を望んでいたのだろう?

映画情報どっとこむ ralph 本作で主人公・雪子を演じるのは、ベテラン女優の吉行和子。本作との出会いを「私が最も演ってみたかった役ではないか(中略)胸がざわつくような年寄を演りたい、と密かに思って」いたと語る。ご馳走してくれる親切で優しい大家さんと思われながら、真偽の明らかでない身の上話を語って、下宿人の心の中に入り込んでいく不気味さ、可笑しさ。笑顔の背後に深い孤独がある。こうした雪子さんを吉行和子以外の誰が演ずることができたろう。

月光荘に暮らすもう一人の闇を抱えた女性・小野田を演じたのは、公開中の映画「赤い雪」の卓越した演技で度肝を抜き注目を集める女優・菜 葉 菜。コンプレックスの塊のような小野田さんの哀しさや複雑さを見事に演じている。そして、この二人の女性に侵食されそうになりながら懸命に塞ぎ止めようとする薫を、近作「チワワちゃん」はじめ若手にしてその実力を遺憾なく発揮し続けている寛 一 郎が演じる。本作では彼を軸にストーリーが展開し、女性二人の攻勢に戸惑いながら、自分の良心を不器用に守ろうとする薫くんを繊細に演じきった。

監督は浜野佐知。
71年に監督デビューして以来400本を越すピンク映画を監督してきた。
98年以降は自主制作に注力。『第七官界彷徨-尾崎翠を探して』(98)『百合祭』(01)『こほろぎ嬢』(06)『百合子、ダスヴィダーニャ』(11)など発表し、海外でも高い評価を受けた。今作では女性の心の孤独を軸に、これまでステレオタイプで描かれてきた「老女」の深い欲望と、得体の知れない謎を、鮮烈に、時にユーモラスに描き出した。吉行和子の美しい快演&怪演によって、今、みずみずしい「老女」像が立ち上がる。

映画情報どっとこむ ralph 映画『雪子さんの足音

5月18日(土)ユーロスペースにて公開 6月15日(土)横浜シネマ・ジャック&ベティにて公開他、全国順次ロードショー公開

物語・・・
月光荘の大家、雪子さん(吉行和子)は、教養もあり文化的な香りを漂わせる。テレフォンオペレーターの小野田さん(菜 葉 菜)と雪子さんがサロンと呼ぶ部屋に、大学生の薫くん(寛 一 郎)も招かれた。それをきっかけに真綿で首を絞めるようなご馳走ぜめとぽち袋のお小遣い。二人の女性の欲望とエネルギーに触れ、底知れない恐怖を覚えた薫くんは月光荘を逃げ出した。それから20年の月日が流れ、月光荘の呪縛から逃れられない薫くんに、雪子さんの足音が聞こえてくる。孤独死した雪子さんと、月光荘を再訪した薫くんが、心の底で望んでいたものは?

***********************************

出演:吉行和子 菜 葉 菜 寛 一 郎 大方斐紗子 野村万蔵 宝井誠明 佐藤浩市(友情出演)
原 作:木村紅美『雪子さんの足音』(講談社刊)  
監督:浜野佐知  
脚本:山﨑邦紀 
音楽:吉岡しげ美
配給:旦々舎 
(c)2019 株式会社旦々舎 

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ