夏帆、太賀、愛華みれ、伊吹吾郎、花岡なつみら登壇!『きばいやんせ!私』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台に不倫騒ぎで週刊誌に叩かれ、番組のMCを降ろされ、左遷され、何事にもやる気をなくした「クソ女」と思われている女子アナ、コジタカこと児島貴子が、気の乗らない取材をする中、奇祭、「御崎祭り」を続ける為に奮闘する町民に触れ、「仕事とは」、「生きることとは」に気づきはじめ、個性豊かな街の人々を巻き込んで、祭りの“完全復活”の為に奮闘する貴子自身も成長・復活をしていく、笑いと涙の”復活エンターテイメントが『きばいやんせ!私』。

3月9日(土)に公開初日を迎え、夏帆さん、太賀さん、愛華みれさん、伊吹吾郎さん、主題歌を歌う花岡なつみさん、脚本の足立紳さん 武正晴監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

日程:3月9日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:夏帆、太賀、愛華みれ、伊吹吾郎、花岡なつみ(主題歌)、足立紳(脚本) 武正晴(監督)

映画情報どっとこむ ralph 温かな拍手に迎えられ、キャストと脚本家、監督が登壇。

夏帆さん:初日お客さんがいらっしゃらなかったらどうしようと心配していたのですが、沢山の方に来ていただけてとても嬉しく思っています。

と、満席の客席に笑顔の夏帆さん。続けて

太賀さん:今日はありがとうございます。撮影から一年。ようやく皆さんにお届けできて嬉しく思っています。

舞台となった鹿児島県肝属郡南大隅町が出身の愛華さんは興奮気味

愛華さん:鹿児島弁で伝わってるのか不安ではありますが、皆と久しぶりに会えて、皆様の前で舞台挨拶感激しております。

伊吹さん:感謝しております。本土の最南端の南大隅町ですが、本当に風光明媚な良い町でした。

今回主題歌担当の花岡さんは、

花岡さん:すこし緊張していますが、楽しんでください。

の挨拶にファンから「なっちゃーん」の掛け声があちこちから!

脚本の足立さんは、この日はお客さんと映画を一緒に観ていたそうで、

足立さん:こんなに多くの方に映画を観ていただけて本当に嬉しいです。面白い映画でした。良かったです。

武監督:お客さんと一緒に映画館で観るのは、本当にいいなと思いました。

と其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 主人公を演じて

夏帆さん:今回、足立さんのオリジナルの作品で、魅力的な主人公。映画の中でどれだけ体現できるのかプレッシャーでした。でも、兎に角演じていて楽しかったです。言葉のチョイスも良いし、可愛くて毒のある彼女が凄く好きですね。南大隅は、今回初めて行ったんですけど(笑)・・・空港から遠いし、コンビニもないし、お店ないし。三週間いるの大丈夫かな?と。でも実際は、凄く自然豊かで、土地の力を感じました。最後には大好きな土地になりました。
お祭りのシーンでは大きな矛をもって演じる太賀さんは

太賀さん:鉾すごく重かったんです。雨が降って、旗が重くなって。地元の方に丁寧にご指導いただいて撮影しました。地元の方々の支えが凄かったですね。気合が入りました。

地元での撮影に

愛華さん:撮影中は町が凄い熱気に包まれていました。夏帆ちゃんが南大隅褒めてくれたので、また来てと言ったら「自分の力ではたどりつきません」ときっぱり言われました。(夏帆さん:遠いんですもの)どうにかして、皆を引き連れていきたいと思います!夏帆さんの銅像でも建てましょうかね。(夏帆さん:余計いけないです!)(笑)大隅町は遠いのですが、昔はハネムーンで行くところでした。できたらフルムーンでお越しください!
と、アピール。会場を沸かせました。鹿児島弁でのセリフに地元の方にしか見えない伊吹さんは

伊吹さん:鹿児島弁、西郷隆盛を何度かやっていますが、方言はプレッシャー。一つ出てこないと出てこない。でもやってよかったなと。それからお祭りを再現するのは大変でしたね。太賀君が鉾を持ち上げて振り回して。良かったですね。

花岡さん:夏帆さんがどん底の状態からお祭り復活をかけ奮闘する姿に感動しました。かっこよかったです。

映画情報どっとこむ ralph 原作オリジナルの発想を

足立さん:最初にプロデューサーに1300年続く岬まつりと言うのがあって映画化しませんかとオファー頂いて、お祭りに行ったら、正直お祭りってこうして消えていくのかなと思って。でも、夏帆さんの役みたいなキャラを放り込んだら、面白いかなと。物語にしました。

武監督: 父が鹿児島出身で、ああ端っこの街ねぐらいの思いで、お祭り見てきた足立さんが、神輿をトラックで運んでましたって。それセリフにしたら面白いかなと。撮影で坂を見た時足が竦みましたからね。現地の方々にご協力いただいて、俳優部の皆様にも合宿生活の中、頑張ってくれました。天音君は泣きながらやってましたからね。ほぼドキュメンタリー、あぶねーとか標準語も出てましたからね。自然の力も描けましたし、でも、怪我しないことだけを祈る気持ちで撮りました。日本国内はもとより外国でも掛けられたらなと思っています。

と、裏事情と野望も話していただけました。


最後に・・・
夏帆さん:ただのご当地映画ではない、貴子と言う女性の成長物語としても力のある作品になっていると思います。見る方の背中を少し推せる映画になればと思います。よろしくお願いいたします。

と締めてイベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph きばいやんせ!私

主演の女子アナウンサー児島貴子役には、『海街diary』(15 年)、『ビブリア古書堂の事件手帖』( 18年)など、秀作・話題作に出演し、2019年公開予定の主演映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が待機中の夏帆。また、貴子の町の案内役を託された畜産業で働く、ぶっきらぼうな橋脇太郎役に「50回目のファーストキス」(18)、「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(18)など出演作が目白押しの若手男優注目度No.1の太賀。その他、ホテルマンの洋平役に岡山天音、町役場の担当者でおしゃべりが止まらぬ田村役に坂田聡、ご当地映画を企画している妙に調子の良い映画プロデューサー鏑木役に鶴見辰吾、食堂店主のユリ役に南大隅町出身の愛華みれ、人の良さそうな町長役に鹿児島県出身の榎木孝明、「御崎祭り」奉賛会の牛牧会長役に伊吹吾郎らの豪華な出演陣が脇を固める。監督は『百円の恋』(14年)『嘘八百』(18年)『銃』(18年)の名手、武正晴。脚本は『百円の恋』(14年)『嘘八百』(18年)『こどもしょくどう』(18年)の実力派、足立紳。「きばいやんせ」とは、鹿児島弁で「がんばれ」の意味。日常に疲れ、明日を見失ってしまったとき、映画『きばいやんせ!私』が、がんばる元気を連れて来る!



公式HP:
http://kibaiyanse.net/

物語・・
フリン騒ぎで週刊誌に叩かれ、今は、番組のMCを降ろされ、左遷された「クソ女」と思われている女子アナのコジタカこと児島貴子(夏帆)。様々な競争や色恋沙汰に疲れ将来を見失っていた。そんな時に、自身が幼い頃に過ごしたことのある南大隅町の「御崎祭り」の取材を命じられる。嫌々ながら、南大隅町に取材の為に戻って来たものの力が入らず、おざなりの取材を続けていた。ところが、この町を必死に盛り上げようとしている畜産業の同級生、橋脇太郎(太賀)、役場の職員達、食堂で働く人や町民らが1300年続く「御崎祭り」を続ける為に奮闘していることに触れ、仕事との向き合い方とは何か、生きるとはどういう事かを考え始める。少しずつ自分自身も元気を取り戻し始め、取材に対しても本気になり、この町の伝統文化を伝えたいという使命を感じるようになる。

***********************************

監督:武正晴 脚本:足立紳 山口智之 
原作:足立紳(双葉社刊、著:工藤晋)
主題歌:花岡なつみ「Restart」
出演:夏帆 太賀
岡山天音 坂田聡 眼鏡太郎 宇野祥平 鶴見辰吾 徳井優 愛華みれ 
榎木孝明 伊吹吾郎
配給:アイエス・フィールド 
©2018「きばいやんせ!私」製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ