山﨑光×草彅剛×須藤理彩 『まく子』貴重なメイキング映像を初出し公開!


映画情報どっとこむ ralph 西加奈子が第152回直木賞(「サラバ!」)受賞後、一作目として書き下ろした小説「まく子」。
児童小説では異例の累計55,000部の売り上げを記録し、幅広い世代から愛される西の世界観を見事に感動作として昇華させた映画『まく子』がいよいよ来週3月15日(金)よりテアトル新宿、他全国公開いたします。

山﨑光×草彅剛×須藤理彩 
家族を演じた3人の和やかな現場の様子がうかがえるメイキング映像が初出し!

今回初公開となるメイキング映像は、主人公サトシと旅館を営む両親が家族水入らずで過ごす場所である台所の食卓シーンの一部。サトシの母・明美(須藤)がサトシ(山﨑)に、転入生コズエ(新音)と仲良くしてあげるよう諭しますが、サトシは素っ気ない態度をし、背後から父・光一(草彅)が「あんなに可愛いんだから仲良くしてるにきまってるよな」とからかうシーンになります。


思春期真っ最中のサトシの心情を繊細に演じる山﨑、快活でしっかり者の母親を声のトーンや仕草でうまく表現している須藤、女性にだらしがないけれどどこか憎めない父親を色気を漂わせ魅力たっぷりに体現している草彅。メイキング映像からも、それぞれのキャラクターの特徴や交わすやり取りの中から親子の微妙な関係性も垣間見ることができます。シーン撮影後OKの声がかかると、和やかな雰囲気に変わり、草彅からは「完璧だ(笑)」という声も。今回、ダメ親父役で新境地を切り開いた草彅は「監督の考える光一像と、僕の考える光一像が、上手い具合に波長が合ったんじゃないかな。僕自身、いい感じに演じることができたと思いました。」と手ごたえをにじませるコメントをしています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『まく子』 

公式HP:
http://makuko-movie.jp/ 
ひなびた温泉街の旅館の息子サトシは、小学5年生。自分の体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエが転入してくる。言動がどこか不思議なコズエに最初は困惑していたサトシだったが、次第に彼女に魅せられていく。そして「ある星から来たの。」と信じがたい秘密を打ち明けられる。枯葉や紙の花を楽しそうにまくコズエが、やがて町の人々みんなにまいたものとは…。
思春期を生きるサトシの葛藤とコズエとのせつない初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳ありの親子・・・小さな町のどこか不器用な人々を映し出します。

初主演 山﨑 光×美少女 にのん新音×新境地で魅せる 草彅 剛×須藤理彩

主人公・サトシを『真夏の方程式』(2013)で福山雅治演じる湯川と心を通わせる少年役だった山﨑光が演じ、思春期の揺らぎを見事に表現。謎の転入生・コズエを演じるのは、圧倒的な美しさを放つ新星・新音(にのん)。そして、旅館を切り盛りするサトシの母・明美役に、ドラマ「半分、青い。」に出演し話題の女優・須藤理彩、女好きなダメな父親だけれど、息子の成長を陰ながら見つめ背中を押す父・光一役を草彅剛が演じ、色気を漂わせ新境地をみせます。

監督は、初長編映画『くじらのまち』がPFFアワード2012にてグランプリ&ジェムストーン賞をW受賞し、第63回ベルリン国際映画祭をはじめ各国の映画祭で上映され国内外問わず高く評価された鶴岡慧子が務めます。
***********************************

出演:山﨑 光 新音 須藤理彩/草彅 剛 
つみきみほ 村上 純(しずる) 橋本 淳 内川蓮生 根岸季衣 小倉久寛
原作:「まく子」西加奈子(福音館書店 刊)    
監督・脚本:鶴岡慧子  
主題歌:高橋 優「若気の至り」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)    

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ