「家族のレシピ」シンガポールで撮影した、斎藤工&松田聖子の秘蔵メイキング写真公開!


映画情報どっとこむ ralph 斎藤工主演、松田聖子共演、アジアの巨匠 エリック・クー監督最新作となる、シンガポール・日本・フランスの合作映画「家族のレシピ」。

いよいよ3月9日土曜より全国公開することを記念して、ちょうど1週間前の本日、シンガポールで撮影した、斎藤工さん&松田聖子さんの秘蔵メイキング写真を公開します!
離ればなれになった家族のルーツを求めてシンガポールを訪れる主人公演じた斎藤工と、主人公の家族探しを手助けするシンガポール在住のフードブロガー役の松田聖子さん。
グルメ愛好家としても知られるシンガポールの巨匠エリック・クー監督演出のもと、主人公の家族探しの鍵となる「忘れられない母の味」を求めて、斎藤さんと松田さん演じる二人は、シンガポールの地元民に愛されているローカルフード店や、メイキング写真(左端)のような巨大なホーカーズ(シンガポールの地元民が日常的に使う屋台街)にも訪れて、数々の美味しい料理を食べ歩く。
(左から斎藤工さん、マーク・リーさん、エリック・クー監督、松田聖子さん)
斎藤さんは本作の食事シーンについて「撮影を忘れてしまうほどの美味しさで、本当に「美味しい」とリアクションしている。演技を超える瞬間があった」と撮影を振り返っている。

映画情報どっとこむ ralph また、映画公開記念キャンペーンとして、映画から生まれたオリジナル料理で、劇中では斎藤工さん演じる主人公が家族の絆をつなぐために心をこめて作る「ラーメン・テー」を、期間限定で販売することが決定!3月1日(金)から販売開始! 

映画「家族のレシピ」の現題となっている「RAMEN TEH(ラーメン・テー)」は、日本のラーメン(Ramen)と、シンガポールのソウルフード「バクテー Bak kut teh (骨肉茶)」(骨付き豚肉を薬膳などと煮込んだスープ)を掛け合わせた造語。主人公が、日本とシンガポールでバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走するなか、シンガポール在住の日本人フードブロガー美樹(松田聖子)の助けを借り、シンガポールの叔父からバクテー作りを学び、主人公は、両国のソウルフードを融合させた料理を作るアイデアを思いつく。

本作のラーメン監修を担当したラーメン界の革命児にしてシンガポールで人気の「ラーメン けいすけ」店主 竹田敬介氏は本編にも登場して主人公を手助けするが、この度の日本公開を記念して、同氏が経営する都内6店舗にて1日20食・期間限定(3/1~30まで)で「ラーメン・テー」を実際に食べられるキャンペーンを実施する。
*映画「家族のレシピ」コラボメニュー:「ラーメン・テー」
*都内6店舗:

●ふぐだし潮八代目けいすけ(中央区銀座5-2-1 東急プラザ地下2F)
●銀座鴨そば九代目けいすけ(中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル1階A)
●肉そば総本山神保町けいすけ 神保町店(千代田区神田神保町1-54 原田ビル1F)
●魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけ 湯島店(文京区湯島3-42-4 紀文堂ビル1F)
●肉そば錦糸町けいすけ(墨田区錦糸3-8-7)
●肉そば けいすけ(江東区住吉2-25-1 中川ビル1F)
詳しい店舗の場所はHPにて 

映画情報どっとこむ ralph シンガポール・日本・フランスの合作映画「家族のレシピ

3月9日(土)より、シネマート新宿 ほか全国ロードショー
公式サイト:www.ramenteh.com

STORY
日本でラーメン屋を営む真人は、急死した父の遺品の中に、幼いころ亡くしたシンガポール人の母が書いた日記帳を見つける。それは料理のレシピや写真など、様々な思い出が詰まっていた。両親の足跡を追ってシンガポールへ渡った真人は、叔父や祖母と出会い、初めて知る家族の過去と向き合うこととなる。日本料理の板前だった父と、街の食堂の娘だった母を結びつけたバクテーはどんな味だったのか? そして母が叶えたかった願いとは……?シンガポール

***********************************

出演:斎藤工、マーク・リー、ジネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子

監督:エリック・クー『TATSUMI マンガに革命を起こした男』
料理監修:竹田敬介
スチール:レスリー・キー 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ