映画情報どっとこむ ralph 自閉症の妹に売春を斡旋する足の悪い兄とのふたりの生活を描いた衝撃の自主制作映画『岬の兄妹』。魚介内で話題となり、公開前から拡大上映が決まった秀作が、3月1日より公開となり、W主演の松浦祐也さん、和田光沙さんとが監督・製作・プロデューサー・編集・脚本:片山慎三監督が登壇して初日舞台挨拶が行われました。

日付:3月1日
場所:イオンシネマ板橋
登壇:松浦祐也 和田光沙、片山慎三監督

映画情報どっとこむ ralph
見終えたばかりの客席を通っての登場に少し照れ気味のキャストと監督。


松浦さん:無事初日が迎えられて感無量です。


和田さん:初日の特別な日を選んで映画館に足をお運びいただきまして本当にありがとうございます。

片山監督:どうもありがとうございます。初日で緊張して早起きしてしまいました。本当に、自分の自費で死に物狂いで一年間かけて作った作品です。初日を迎えられて幸せです。

と、緊張気味の監督は本当に感無量のご様子。

映画情報どっとこむ ralph 脚本段階からかかわった松浦さんは

松浦さん:監督とカメラマンさんと新宿で飯を食いながらお話しして。ここ奢るから宜しく!と、ざっくりのオファーでした。

と、仲間内感満載で始まった、本作の始動。

片山監督:松浦君は山下組から知っていて、お芝居が上手なのと、同じ年で友達なので声掛けました。あとは割と主人公ぽいとこあるので。(似てない!それは違う。文学青年!と松浦さんは真向否定。演じてるんです。)

と、自主製作「あるある」な始まり。

一方で和田さんはオーディションを受けての出演獲得。

和田さん:松浦さんとは以前共演していて。こういうオーディションあるからって。最初にプロットを読んでエッジのきいたことやるなと思いましたが。。。。やりたいのが先立ちました。

と、ハードな役をゲット。1年の撮影の中で、役を固めていったそう。和田さんの抜擢理由は

片山監督:和田さんの明るさ。こういう役でもあっけらかんが滲み出るかなと。

実は、もう一人名前が挙がっていた女優さんもいたそうですが、和田さんにオファーしたのだそう。続けて。

片山監督:普段を見てても松浦君と和田さんは兄妹に見えるからね。本当に仲いい。この組み合わせを重要視しました。

和田さん:本当にお芝居の中でもお兄さんみたいで。何やっても返してくれる安心感が凄かったです。

と絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 和田さん曰く、監督は細かいところにこだわるそうで

和田さん:小道具とか衣装とかこだわりますね・・・あとは自由にやらせてくれました。

松浦さん:芝居に関しては・・うそを見抜く。作為がある芝居するとすぐ修正が入る。本質がしっかりした監督ですね。自由に楽しみながらの現場でした。

と、言われた監督は韓国のポン・ジュノ監督の元で助監督をしていたそうで、

片山監督:影響はありますね。時間の流れをフレーム外で人を入れ替えたり。ホラーチックなシーンを入れたり。一つの映画の中にいろんなジャンルのシーンが入るのはポン監督仕込みですね。

と、語ります。そして、公開前から拡大上映が決まった本作は、あいみょんさんや尾崎世界観さんが絶賛していて、

片山監督:お会いしたことのないお二人からのコメントはすごく嬉しいですね。

と、喜びを素直に表す監督。

最後に、

松浦さん:上映が始まったら、見ていただいたお客さんのものです。育ててくださったら嬉しいです。

和田さん:どんなご意見も覚悟です!ぜひ、SNSや周りの方に伝えていただけたら嬉しいです。

片山監督:ラストを見ていただいて、それぞれ思い思いが答えです。もちろん。私自身は提示していますが、皆さんの思いを広めてください!

と閉め、映画の中で出てくるチョコパイをお客さんに投げて終えました。

映画情報どっとこむ ralph 『岬の兄妹』

公式:
misaki-kyoudai.jp

韓国のポン・ジュノ監督の元で研鑚を積んだ片山慎三監 督は、これまで『TOKYO!』(08)※ポン・ジュノ監督パート、『母 なる証明』(09)、『マイ・バック・ページ』(11)、『苦役列 車』(12)などに助監督として携わり、本作が長編初監督作 となります。本作では脚本・編集も自身でこなし、一年間、 季節ごとの撮影を繰り返し完成まで二年以上かけた、まさ に心血を注いだ妥協なき骨太な傑作となっております。 SKIP シティ国際 D シネマ映画祭 2018 国内コンペティショ ン部門・優秀作品賞&観客賞 W 受賞、ヨーテボリ国際映画祭 2019 イングマール・ベルイマン賞に正式出品。

物語・・・

港町、仕事を干され生活に困った兄は、自閉症の妹が町の男に体を許し金銭を受け取っていたこと を知る。罪の意識を持ちつつも互いの生活のため妹へ売春の斡旋をし始める兄だったが、今まで理解のしよう もなかった妹の本当の喜びや悲しみに触れ、戸惑う日々を送る。そんな時、妹の心と体にも変化が起き始めて いた…。ふたりぼっちになった障碍を持つ兄妹が、犯罪に手を染めたことから人生が動きだす。地方都市の暗 部に切り込み、家族の本質を問う、心震わす衝撃作。

***********************************

出演:松浦祐也 和田光沙 北山雅康 中村祐太郎 岩谷健司 時任亜弓 ナガセケイ 松澤匠 芹澤興人 荒木次元 杉本安生 風祭ゆき(特別出演)

監督・製作・プロデューサー・編集・脚本:片山慎三

撮影:池田直矢 春木康輔
美術:松塚隆史 録音:西正義 日高成幸 大塚学 植田中 藤丸和徳 加藤大和
配給:プレシディオ
配給協力:イオンエンターテイメント/ デジタルSKIPステーション
宣伝:太秦 宣伝協力:NEWCON
協力:≪最速・最短 全国劇場公 開プロジェクト≫ 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ デジタル SKIP ステーション/プレシディオ/イオンエンターテイメント/バップ/WOWOW/ NEWCON)

【2018 年/シネマスコープ/89分/5.1ch SURROUND SOUND】
©SHINZO KATAYAMA
   

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ