巨匠 マックス・リヒターが語る『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞2部門ノミネート!!
シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーのアカデミー賞ノミネート女優ふたりが、激動の16世紀英国を生きたふたりの女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
(3月15日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国公開)。

この度、来日を直前に控えた本作の音楽を作曲した、ポスト・クラシカルの巨匠マックス・リヒターと監督が映画音楽について対談する動画が到着しました。
この度解禁された動画では、作曲家のマックス・リヒターが監督のジョージー・ルークと共に、本作のサウンドトラックが構築された経緯について語っている。

英国の有名劇場の演出家として活躍している監督が、本作に求めたのは多様性。
メアリー・スチュアートは舞台やオペラなどで親しまれてきた題材。
これまでは白人が演じることが多かった役に、演技力を重視した上でアジア系のジェンマ・チャンや、アフリカ系のエイドリアン・レスターを起用した。

さらに女性にとって風当たりの強い時代を描くことで、現代の男女の在り方を問いかける。
そんな監督の意図を汲み、リヒターは「時代劇だけど今に通じるものがある。そのおかげで音楽の幅も広がったと思う。僕は愛するルネサンス音楽と現代らしさを融合させた」と本作に音をのせる上で大切にしたことを語った。

さらにメインテーマ「ニュー・ジェネレーション」をアレンジした曲は本編の重要なシーンに何度も登場する。
「冒頭のドラム音で、どんな物語か理解できる。とても興味深い作業だった。昔の音楽を再現したわけではないのに当時の雰囲気が感じられるはずだ」と構想の中で意図せずして生まれた音色に「あの音楽ができた瞬間“うまくいく”と思えた」と語った。

映像内では、実際に映画をモニターで観ながら指揮をしオーケストラが「ニュー・ジェネレーション」を演奏する貴重なレコーディング風景を見ることが出来る。



映画情報どっとこむ ralph 【マックス・リヒター来日公演】

★巨匠マックス・リヒター、15年ぶりの来日公演も!
本作のほか、『女神の見えざる手』の映画音楽、『シャッター・アイランド』や『メッセージ』のテーマ曲としても使用された「On the Nature of Daylight」などでその名を知られ、近年では振付師ウェイン・マクレガーとタッグを組み、英国ロイヤル・バレエの『インフラ』や『ウルフ・ワークス』など話題作を手掛けるマックス・リヒターが15年ぶりに来日を果たす!

東京大空襲で甚大な被害を受けた墨田区にあるすみだトリフォニーホールにて開催されるすみだ平和祈念音楽祭。平和への願いを音楽にのせて世界に発信するというコンセプトに賛同したリヒターの主要作を網羅する《マックス・リヒター・プロジェクト》は3月2日から3日間開催される。
<公演詳細>
3月2日(土)15:00 ダニエル・ホープ&新日本フィルハーモニー交響楽団 リコンポーズド《指揮》
~300年の時を経て、巡る2つの《四季》~
曲目:マックス・リヒター/リコンポーズド・バイ・リヒター~ヴィヴァルディ《四季》
ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲集《四季》
出演:ダニエル・ホープ[ヴァイオリン] 新日本フィルハーモニー交響楽団
チケット:S\7,000 A\6,000 B\5,000

3月5日(火)19:00 クリスチャン・ヤルヴィ サウンド・エクスペリエンス2019《メモリーハウス》
~美と悲しみを奏でるオーケストラ曲、日本初演!~
曲目:リヒャルト・シュトラウス/交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》
マックス・リヒター/メモリーハウス(日本初演)
出演:クリスチャン・ヤルヴィ[指揮]、マックス・リヒター[ピアノ、エレクトロニクス]、マリ・サムエルセン[ヴァイオリン]、グレイス・デヴィッドソン[ソプラノ]、新日本フィルハーモニー交響楽団
チケット:S\7,500 A\6,500 B\5,500

3月9日(土)18:00 マックス・リヒター《インフラ》《ブルー・ノートブック》
~あの代表曲On the Nature of Daylightをリヒター自身の演奏で!!~
曲目:マックス・リヒター/インフラ(アジア初演)
ブルー・ノートブック
出演:マックス・リヒター[ピアノ、エレクトロニクス]、サラ・サトクリフ[朗読]アメリカン・コンテンポラリー・ミュージック・アンサンブル
チケット:S\7,000 A\6,000 B\5,000


映画情報どっとこむ ralph 【オリジナルサウンドトラック】
★『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』サントラ発売中!
来日と映画の公開に合わせ、オリジナルサウンドトラックも発売中。
女王の大成、それぞれの抱える孤独、陰謀渦まく16世紀の世界観を現代的アレンジで表現した一枚。

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
オリジナル・サウンドトラック
マックス・リヒター
国内版 SHM-CD:UCCH-1052 \2,700(tax in)

1 スコットランドの岸辺 1:52
2 エリザベスの肖像画 3:40
3 王位継承権3:05
4 汝等もし我を愛せば(トマス・タリス作曲)2:11
5 我が王冠は渡さない 2:51
6 ダーンリー卿の詩2:23
7 ダーンリー卿の来訪2:05
8 婚礼2:44
9 長老派ジョン・ノックス3:14
10 丘を目指して1:55
11 リッチオの命乞い 1:48
12 待ち伏せ 2:06
13 私のために祈って5:50
14 ニュー・ジェネレーション2:48
15 ダーンリー卿の追放3:43
16 策略5:27
17 暗殺2:29
18 フィナーレ8:24

映画情報どっとこむ ralph 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

3月15日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー!

www.2queens.jp

Twitter:
https://twitter.com/2QUEENSjp

【STORY】
《メアリー・スチュアートVSエリザベス1世》――女王は私ひとりだけ生後すぐにスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻る。
さらに、メアリーは隣国イングランドの王位継承権を主張、エリザベス1世の権力を脅かす。
恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。
誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄され戦うのだった……。

***********************************

出演:シアーシャ・ローナン マーゴット・ロビー
ジャック・ロウデン ジョー・アルウィン ジェンマ・チャン マーティン・コムストン
イスマエル・クルス・コルドバ ブレンダン・コイル イアン・ハート エイドリアン・レスター
ジェームズ・マッカードル デヴィッド・テナント ガイ・ピアース
監督:ジョージー・ルーク
脚本:ボー・ウィリモン
音楽:マックス・リヒター
2018年/イギリス/124分 ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド、パルコ
(c)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ