「NYLON JAPAN」創刊15周年記念 宇賀那健一監督で映画『転がるビー玉』製作決定 主役オーディションあり!


映画情報どっとこむ ralph この度、カエルム株式会社より発行している女性ファッション誌「NYLON JAPAN」の創刊15周年プロジェクトとして、長編映画の製作を行うことが決定しました。

NYLON JAPAN公式HP 
https://www.nylon.jp/

映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本を担当するのは、ガングロギャル映画『黒い暴動❤』、娯楽が禁じられた世界を描いた映画『サラバ静寂』、2019年には『魔法少年☆ワイルドバージン』の公開を控えている宇賀那健一さんです。今回製作される長編映画のタイトルは『転がるビー玉』に決定!

宇賀那健一監督からのコメントが到着しています。

宇賀監督:
この映画は成功している女の子たちのキラキラした話ではありません。
決して「宝石」ではない、かといって「転がる石ころ」でもない。
さながら「転がるビー玉」のような女の子たちの話です。
でも僕は、足りないところも駄目なところも沢山ありながら、自らの夢を掴むために必死に手を伸ばす、「転がるビー玉」の屈折した輝きは、宝石より美しいと思っています。
足元に転がった輝きをきちんと捉えた映画になるよう、僕も必死に手を伸ばしてこの映画を作っていきますので、応援の程、宜しくお願い致します。


映画情報どっとこむ ralph そして、映画製作決定にあわせて、主演キャストオーディションを開催することも決定しています。

【オーディション詳細】
◉募集役柄:映画『転がるビー玉』主役
◉募集対象:18〜29歳の女性
※演技経験・出演経験不問 ※プロ・アマ不問
◉応募〆切:2019年3月15日(金)16:00
※オーディション募集は、メール・各種SNSの2つの方法で行います。

オーディションに関する詳しい内容はこちらからご確認ください。
http://www.nylon.jp/korogarubidama

映画情報どっとこむ ralph 『転がるビー玉』

Twitter: 
https://twitter.com/korogarubidama/ 

【あらすじ】
東京オリンピックが近づく、渋谷。その片隅にある古い家の床は少し傾いている。ここで共同生活する愛、瑞穂、恵梨香の三人は夢を追い求めながら、悩み、もがき、飲んで、愚痴って、笑っては、泣いた。彼女たちが手にいれたのは、〈宝石〉なんて眩しいものではなくて、どこかで紛れ込んだ一つの欠けた〈ビー玉〉だった。そんなある日、部屋の立ち退き勧告の通達が来る。街の再開発で家の取り壊しが決定したのだ。これは、いずれ出て行かなくてはならないその部屋で三人が過ごした、ささやかな日常の物語。 絶え間なく変化するこの街で埋もれてしまいがちな幸せは確かにそこにあった。

***********************************


【スタッフ】
◉監督/宇賀那健一(うがな・けんいち)
1984年生まれ、東京都出身。青山学院経営学部卒。ブレス・チャベス 所属の映画監督 / 脚本家。過去作に『黒い暴動♥』、『サラバ静寂』他。『魔法少年☆ワイルドバージン』が 2019年公開予定。
◉プロデューサー/戸川貴詞(とがわ・たかし)
1967年生まれ、長崎県出身。明治学院大学社会学部卒。2001年にカエルム株式会社を設立し、2003年に『NYLON JAPAN』創刊。現在、同社代表取締役社長、『NYLON JAPAN』編集長を務める。



関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ