「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」開幕初日から満員御礼!スタジオジブリ 鈴木敏夫コメント!


映画情報どっとこむ ralph 映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」が調布市で開幕しました。

初日に開催した『星獣戦隊ギンガマン』20周年記念イベントは、イオンシネマシアタス調布の最大席数(526席)のシアター10が満員御礼、全国からファンが来場し、大盛況のオープニングイベントになりました。


1月末から発売している、久しぶりのスクリーン上映の『風の谷のナウシカ』のチケット販売も大好評で、同フェスティバルの開催に際して鈴木敏夫さん(スタジオジブリプロデューサー)から、応援コメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph スタジオジブリ 鈴木敏夫:
日本映画は、その多くが調布で作られました。
それらは僕の記憶の一部になっています。
このシネマフェスティバルでたくさんの映画と出会って下さい。
   

映画情報どっとこむ ralph さらに、大映東京撮影所で活躍された大楠(安田)道代さんと、鈴木プロデューサーのトークショー&上映会(『玄海遊侠伝 破れかぶれ』1970年公開 マキノ雅弘監督作品)のチケットも2月15日(金)から発売を開始しました。同イベントはキネマ旬報に連載中の「新・映画道楽」や東京FM「ジブリ汗まみれ」でも特集されています。

映画情報どっとこむ ralph 『映画のまち調布 シネマフェスティバル2019』

開催期間:2019年2月16日(土)~3月10日(日) 
映画賞授賞式: 3月2日(土)17:30~
開催会場:文化会館たづくり、グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布(授賞式)

概要:映画賞「映画のまち調布賞」授賞式をはじめ、ゲストトーク付きの映画上映会、展示やワークショップ等、各種関連イベントを調布市内で開催します。

主催:(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
企画・運営:映画のまち調布 シネマフェスティバル2019実行委員会
株式会社アーク・システム、イオンエンターテイメント株式会社、株式会社石原プロモーション、株式会社角川大映スタジオ、株式会社ジェイコムイースト調布局、高津装飾美術株式会社、株式会社ジャンゴフィルム、調布エフエム放送株式会社、調布市観光協会、調布市商工会、東映ラボ・テック株式会社、株式会社東京現像所、トリエ京王調布、日活調布撮影所、株式会社マーブリング・ファインアーツ(以上、五十音順)、調布市教育委員会、調布市、(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

***********************************

  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ