『愛の渦』リリー・フランキー登壇でぶっちゃけ


映画『愛の渦』大ヒット記念!リリー・フランキー登壇でぶっちゃけ話炸裂!放送できない掲載も出来ないトークショー!!のご紹介。(因みにリリーさんは本作に出演していません。)

映画『愛の渦』は乱交パーティーを描いているんのですが、3月1日(土)に公開されるやいなやテアトル新宿では立ち見が続出し、公開4週目をむかえてもその勢いが衰えることのない驚異の大ヒットを続け、その注目度と評判の高さから、今週末からヒューマントラストシネマ有楽町での拡大公開も決定したとのこと。

愛の渦
そして大ヒットを記念し、3月25日(水)の上映前舞台挨拶に池松壮亮さんが登壇、さらに上映後には三浦大輔監督、そして、リリー・フランキーさんをスペシャルゲストに迎えて、トークショーが実施されました。

池松さんは、撮影の都合でトークショーへの参加が難しく、残念な様子を見せながらも、「僕のお尻が見れる作品です(笑)。」としっかり映画をPR。

続いて上映後に登場した三浦監督とリリーさんは、到底放送できないような過激&本音トークが繰り広げ、場内は大盛り上がりに!門脇麦さんとリリーさんは舞台で親子役を演じたことがあるそうで、「娘が脱いでる姿を見て、お父さんはちょっと辛かった!」と語り、会場からは終始笑いが起きていました。

ということ、トークショーの中からお伝えできる部分のみを、更にオブラートに包みながらご紹介。

0325愛の渦リリーフランキー
『愛の渦』リリー・フランキーさんスペシャルゲストトークショー
                       
日時:3月25日(水) 
会場:テアトル新宿(東京都新宿区)
登壇者:三浦大輔監督/リリー・フランキー


映画上映後トークショーの模様!

MC:それではお呼びしましょう、三浦大輔監督、そしてスペシャルゲストのリリー・フランキーさんです!

三浦監督:よろしくお願いします。リリーさん、映画ご覧いただきましてありがとうございます。どうでしたか?

リリーさん:俺的にはとにかく、池松君とか門脇さんの姿を見てて、自分が人生を損してるなぁて思ったね。

でもほんと、池松君の佇まいがすごくよかった。他の人があの役を演じたら生臭くて見れなかったかも。

門脇さんとは去年の夏、三浦くんの舞台で親子役を演じてたんですよ。そんな門脇さんがこの映画で脱いでるもんだから、お父さんは
ちょっと辛くなっちゃいましたよ!!

リリーさん:この映画って自分がその場にいたらどの立場なのかと当てはめながら観る映画だと思うんだけど…新井(フリーター役)は性格的に当てはめるのに無理があるし、かと言ってこの歳で池松君を気取ってもねぇ…(笑)。まぁ店長役の田中哲司さんが一番近いかも(笑)。ところで、この映画、お客さんは入ってるんですか?

MC:たくさん入ってますよ!(公開)2週目より3週目の方が上がるという珍しい現状も起きています。

リリーさん:素晴らしいですね。でも『愛の渦』って、『恋の渦』と違って、舞台だったからこそ生きた構成もあるわけじゃないですか。映像にするの難しかったんじゃないですか?

三浦監督:そうですね、そこは大変でした。

リリーさん:正直、俺としては、「映像ならではの」間とかに関しては、「早くヤッちゃえよ!」って思わされた所もあって(笑)。

三浦監督:でもこの映画に関しては、映画館で見知らぬ人同士が見て気まずくなるくらいの間が必要だと思ったんですよ。

この映画はその間も体感する映画ですから。このくらいたくさんのお客さんがいる中でみるのがいいと思います。

0325愛の渦リリーフランキー1
三浦監督:リリーさんのお好きなキャラはいましたか?

リリーさん:主人公2人が性に対して未熟な所があるのが、映画の清潔感を守ってるよね。何しろうちの娘(門脇さん)がこれだけ脱いで頑張ってるんだから、ヒットしてもらわないと!

三浦監督:門脇さんの役は、舞台版だともうちょっと激しい役なんですよ。

リリーさん:そこは、舞台版のキャラと違って、真面目でぼんやりしているのがまたいいよね。真面目な人の貪欲さとうかつさが際立ってたし。

三浦監督:ああいう人のほうが行動力あったりしますよね。僕はこの映画の間口を広げたつもりでいて、女性が嫌悪感を感じることはないはず。こういう映画を普段観ない人にも観てほしくて作りました。

リリーさん:三浦くんは女性的な部分が多い人だから、女性が観に来れる映画になるんだろうね。女も男も、色んな願望を持ってるけど、実際それを行動にはできない。この映画を観て、そういう自分の性の嗜好にあらためて気付く人もいると思うよ。

でもほんと、今、この瞬間も新宿のどこかでは映画と同じことが行われてるはず。

三浦監督:そういう感情も共有して観てほしいです!


映画『愛の渦』
テアトル新宿他にて大ヒット上映中

公式HP:ai-no-uzu.com

0325愛の渦リリーフランキー2
********************************************************************


映画『愛の渦』作品概要

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:千円、カップル5千円。
そこは都会の一室で営まれる乱交パーティ。集まったのは性欲を満たしたいだの男女。
しかし、愛のないセックスにも、〝感情″は生まれ、それぞれの思惑が渦巻いていく。
滑稽なまでに剥き出しの性欲が向かう先は、愛か、果てないただの欲望か。

原作は、人気劇作家、三浦大輔が主宰する演劇ユニット「ポツドール」の代表作であり、第50回岸田國士戯曲賞に輝いた傑作舞台劇『愛の渦』。

映画化に際し、脚本・監督は三浦大輔自身が手掛けました。主演は、若手実力派俳優として頭角を現してきた池松壮亮。もう一人の主演は、三浦監督がその存在感に惚れ込み、抜擢した女優・門脇麦。

その他、新井浩文、滝藤賢一、田中哲司、窪塚洋介ら、実力と個性を兼ね備えた豪華な俳優たちが脇を固めています。

脚本・演出:三浦大輔
欧州公演2013キャスト:米村亮太朗、古澤裕介、岩瀬亮、鷲尾英彰、
平原テツ、榊原毅、遠藤留奈、新田めぐみ、宮嶋美子、佐藤みゆき

原作・脚本・監督:三浦大輔
出演:池松壮亮、門脇 麦、新井浩文、滝藤賢一、三津谷葉子
窪塚洋介、 田中哲司
制作プロダクション:ステアウェイ
製作:「映画 愛の渦」製作委員会(東映ビデオ、クロックワークス)
配給:クロックワークス R18+ 

(C)映画「愛の渦」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ