綾戸智恵サロンコンサート&『グリーンブック』トークイベントレポ!演奏映像もどうぞ!


映画情報どっとこむ ralph 差別が色濃い時代、黒人用旅行ガイドブック<グリーンブック>を頼りにツアーへ旅立った、ガサツで無教養だけれど人間的魅力に溢れるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)とインテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。

異なる世界に住むふたりの壮大なズレに笑い、気づけば互いを理解しあっていく様子に胸を熱くなり、最後には爽快な感動を呼ぶ、実話に基づくヒューマンドラマ『グリーンブック』です。

本作の魅力の一つは、なんといってもドクター・シャーリーが奏でるピアノ演奏。
ジャズ、ポピュラーミュージック、クラシックなど様々なジャンルの音楽は、トニーとドクターの平たんではない旅を彩り、観る人の感動を誘う重要なシンボルです。

と言うことで、本日2月13日(水)、それらの珠玉の楽曲を綾戸智恵が演奏する“サロンコンサート&トークイベント”を行いました。

『グリーンブック』公開記念 綾戸智恵サロンコンサート&トークイベント
日時:2月13日(水)
場所:スタインウェイ&サンズ東京
登壇:綾戸智恵
演奏楽曲:「WATER BOY」「HAPPY TALK」「ONE MORE FOR THE ROAD」ほか

映画情報どっとこむ ralph ドクター・シャーリーはアメリカの高級ピアノ、スタインウェイのアーティストであり、劇中でもトニーに「会場についたらピアノがスタインウェイか確認すること」と真っ先に依頼しています。

このことから、本イベントは“スタインウェイ&サンズ東京”にて開催。

長年多くの名アーティストに支持されてきたスタインウェイピアノで綾戸さんが演奏するという贅沢な企画。
登場した綾戸さんは40年前のNYで腰を痛め、カーネギーホールの上のアパートメントに住む鍼灸師を訪れた際、隣から聞こえてきたピアノが実はドクター・シャーリーの練習中の音だったという、とっておきの秘話を明かしてくれました。

綾戸さん:その時に聞こえてきたのはこんな音楽です。

と流れるようにドクターが作曲した『WATER BOY』を演奏。

会場からは大きな拍手が巻き起こった。

綾戸さんは小学1年生の時のピアノ発表会で、客席からの拍手をもらうために『エリーゼのために』にアレンジを加えて演奏したところ、先生からの「ジャズじゃないんだから!」と叱られた言葉でジャズと出会った、というエピソードを披露。
クラシックを目指していたが、黒人だからという理由でジャズやポップスを弾かざるを得なかったドクターと、入口と出口は逆だが自分もドクターも異端児という共通点がある、と客席の笑いを誘う。続いて劇中でも重要なシーンで流れる『ONE MORE FOR THE ROAD』、『HAPPY TALK』を様々なバージョンで演奏し、ピアノでドクターやトニーの感情を説明するという、綾戸さんならではの方法で映画のストーリーを説明。そして、当時としては珍しい“インテリで裕福だけれども黒人”ということでどちらのコミュニティにも属しきれず「黒人でもなく、白人でもない自分は一体なんなのか」という葛藤を抱えるドクター。「本当はクラシックを演奏したい彼が、トニーに「ドビッシューやショパンが弾きたい」と打ち明けた時に、「君の音楽は君がやればいい」という答えがドクターの大事な芯に触れた。黒人だから夢が叶わないと思っていたドクターにとって、その言葉がトニーとドクターの人種も性別も超える友情のきっかけになったんです」と、実在のトニー・リップとドクター・シャーリーの生涯続いた友情について分析した。

映画情報どっとこむ ralph そして再度、コンサートでは常にイントロで拍手が起きたというドクターの名曲『WATER BOY』を演奏。

最後に・・・

綾戸さん:最近のアカデミー賞作品は人種だけでなくLGBTとか色々と、“自分と違う人を認めよう”という傾向があるように思います。『グリーンブック』はそれを、ただ上から教える映画ではなく、コメディにした。人生を慈しむという、年齢を重ねたから、経験を積んだからできる技。中でも一番よくできてるのは、ふわっと人種問題を入れたこと。どんな人でも観られる映画を作ったこと。これからピアノを勉強する子供にも、おっちゃんにもおばちゃんにも、広く、深く心に響く、涙も笑いもある映画。老若男女、世界中の人に観てほしいです。

と絶賛のコメントで締めました。『HAPPY TALK』演奏風景も届いています。



映画情報どっとこむ ralph グリーンブック
原題:GREEN BOOK

公式サイト:
gaga.ne.jp/greenbook

あらすじ・・・
1962年、差別が色濃く残る南部でコンサートツアーを計画する黒人の天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)は、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)を用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに正反対のふたりは旅を始めるのだが・・・。

***********************************

監督:ピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』
出演:ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』(アカデミー賞主演男優賞ノミネート)
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』(アカデミー賞助演男優賞受賞) 
リンダ・カーデリーニ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
提供:ギャガ、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:GAGA  /2018年/アメリカ/130分
字幕翻訳:戸田奈津子

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ