中村義洋監督が創作活動を語る『白ゆき姫殺人事件』イベント



中村義洋監督が、Apple Store,Ginzaにて行われるトークイベント「Meet The Filmmaker」に登場、トークイベント


原作湊かなえ×監督中村義洋×主演井上真央、公開前から話題を集めている

『白ゆき姫殺人事件』

がいよいよ3月29日に公開致します。若いながらも実力派女優と名高い井上真央と、話題作への出演が相次ぐ綾野剛との初共演も見逃せません。

そしてこの度、中村義洋監督が、Apple Store,Ginzaにて行われるトークイベント「Meet The Filmmaker」に登場、トークイベントを行いました。モデレーターには中村監督との親交も深い映画評論家、ライターの森直人氏が務めました。

その模様がPodcastでも配信されている本企画。本日は中村監督の初期の作品から最新作『白ゆき姫殺人事件』までの創作活動について語りました。

『白ゆき姫殺人事件』中村監督x森直人氏
【Meet The Filmmaker 概要】
実施日:2014年3月21日(祝・金) 15:00~
会場:Apple Store Ginza (東京都中央区銀座3-5-12 サエグサビル本館)
登壇者:中村義洋
モデレーター:森直人(映画評論家、ライター)


【トークイベント内容抜粋】
森直人:
よろしくお願いします。僕と監督との関係をお話すると、監督のデビュー作『ローカルニュース』をキネ旬でけなした、というのが直接的ではないのですが最初の接触でしたね。間接的に最悪なファーストインプレッションでしたね(笑)

中村監督:
その映評を見て愕然としました。かなりの分量を割いて何でこんな映画を作ったのかと書いてあったので、森直人という名前は絶対忘れないなと思いました(笑)

森直人:
確か、800字でしたね(笑)
何故けなしたのかというと、皆さんは『ゴールデンスランバー』等を中村さんの作品イメージとして持っていると思うんですけど、ニュース番組の1コーナーの企画を3人の登場人物が取材に行ってOAするまでを描いていて、何も起こらないんですよね、ゆるい映画というか90年代に若者だった人たちの独特なモラトリアムが描かれていたので、近親憎悪ですよね(笑)僕は1971年生まれで、監督も1970年生まれで同世代なんですよね。

森直人:
途中2年くらい映画監督をやられていない時期があって、監督業に戻ってきた時には、全く違う監督に変貌した気がしたのですが、その期間何かあったのでしょうか??

中村監督x森直人氏中村監督:
丁度、脚本のお仕事の依頼が集中していた時期で、脚本を書くのが面白かったんですよね。脚本が面白いなーと思い始めた時期に、監督の依頼が来るようになって。

森直人:
『ローカルニュース』をけなしていた僕が監督が撮った『アヒルと鴨のコインロッカー』を同じキネ旬で絶賛させて頂きました。

森直人
来週公開になります監督の最新作『白ゆき姫殺人事件』の話もしたいと思いますが、ネット炎上やワイドショー報道をテーマに本当にうまく描かれていましたね。監督が今までに培ってきた知識や経験を総動員した集大成的作品、本当に傑作だと思います。かなりパズルを組み合わせる作業だったんじゃないですか??

中村監督
パズルでしたね。映画が完成するまでずっとパズルをはめる作業をしていました。
役者さん達も初めての役柄に挑戦された方が多かったのですが、みなさん上手くはまってくれました。


【ティーチイン内容抜粋】※一般のお客様からの質問
Q:キャスティングのはまり具合はいかがでしたか?

A:菜々緒さんは度胸がありましたね。元々スケジュールが空いているなら菜々緒さんにお願いしたいと思っていたのですが、まだ役が決まる前にお話しした時、「この役をやらせてもらう菜々緒です」とおっしゃっていたので、決めました(笑)

Q監督の作品で堺雅人さんや濱田岳さん等よく起用されている俳優さんの起用理由について教えてください。

A:濱田岳さんは自分の作品に参加してくれると現場が楽になるんですよね。堺雅人さんは、『ジャージの二人』でまだ今ほど注目度が高くない時に見いだせた事が僕の映画監督としての誇りですね。鈴木福くんを見いだした事と並んで誇りですね。

【締めのご挨拶】
とにかく面白い作品を作るという事を意識して映画監督をやってきました。
来週公開になる『白ゆき姫殺人事件』も本当に面白い映画に仕上がりました。
ぜひ、公開したら映画館に足を運んでいただいて、ご自身がSNSをお持ちでしたら、広めて頂ければと思います。本日はありがとうございました。

『白ゆき姫殺人事件』は
公式サイト:shirayuki-movie.jp
2014年3月29日(土) 全国ロードショーです!



********************************************************************


白ゆき姫殺人事件メイン
<プロフィール>
■登壇者:中村義洋 Yoshihiro Nakamura
茨城県出身。大学在学中にぴあフィルムフェスティバル準グランプリを受賞。崔洋一監督、伊丹十三監督らの助監督を経て、『ローカルニュース』(99)で劇場映画デビュー。その後も『仄暗い水の底から』(01/中田秀夫監督)、『刑務所の中』(02/崔洋一監督)、『クイール』(03/崔洋一監督)などで脚本参加する一方、『アヒルと鴨のコインロッカー』(07)の大ヒットで一躍注目される。その後も、『チーム・バチスタの栄光』『ジャージの二人』(08)、『フィッシュストーリー』『ジェネラル・ルージュの凱旋』(09)、『ゴールデンスランバー』『ちょんまげぷりん』(10)、『映画 怪物くん』(11)、『ポテチ』(12)、『みなさん、さようなら』『奇跡のリンゴ』(13)などコンスタントに作品を発表し、その力強い演出と人間を見すえる眼差しは高く評価されている。

■モデレーター:森直人 Naoto Mori
映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「朝日新聞」「キネマ旬報」「テレビブロス」「週刊文春」「週刊プレイボーイ」「メンズノンノ」「SWITCH」「クイック・ジャパン」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。

<STORY>
白ゆき姫殺人事件ポスター300万部を超える衝撃のベストセラー「告白」でデビュー以来、次々と話題作を手掛ける作家湊かなえ。第149回直木賞候補(「望郷」 7/17受賞作発表)にも名を連ね、「贖罪」
「夜行観覧車」と映像化が続くなか、昨年夏に刊行された傑作サスペンス長編「白ゆき姫殺人事件」が映画化される。 

日の出化粧品の美人社員/三木典子が何者かに惨殺された。
この不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まる。彼女の名前は城野美姫。
典子と同期入社の、地味な女性。テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・故郷の人々そして家族、と関係者たちが美姫に関して語っていく。だがそれぞれの証言には驚くべき内容が…過熱報道、ネット炎上、クチコミの衝撃。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも―。

湊作品の映画化は、『告白』(10/中島哲也監督)、『北のカナリアたち』(12/阪本順治監督/原案「二十年後の宿題」『往復書簡』所収)以来。「小説すばる」での掲載と並行してWEBで関連資料がアップされるという新たな試みも話題となり、出前から映画化のオファーが殺到。
監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』(08)、『ゴールデンスランバー』(10)、『奇跡のリンゴ』(13)など、ヒットメーカーでありながら、複雑な物語を巧みに描き切る手腕で高い評価を受ける中村義洋。
理想的な監督とキャストを得て、映画ならではの表現を付け加え、誰も見たことがない重層的なサスペンスが誕生します。ご期待ください。

原作:湊かなえ  
監督:中村義洋  
脚本:林民夫  音楽:安川午朗  
出演:井上真央 綾野剛 ほか
(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ