ヤマザキマリ・佐々木俊尚 登壇!映画「ナポリの隣人」トークイベント


映画情報どっとこむ ralph イタリア国内の映画賞を相次いで受賞した映画「ナポリの隣人」を2月9日(土)より岩波ホールほか全国順次にて公開となります。

その公開に先立ちまして、1月31日に飯田橋・神楽座にてトークイベント付き特別試写会が行われました。

登壇したのは、映画化され大ヒットとなった漫画「テルマエ・ロマエ」の著者であり、長年イタリアに拠点を持たれ、漫画やエッセイでイタリアに関する著作を数多く出されているヤマザキマリさんと、ジャーナリストとして人が生きる上での新しいコミュニティの在り方を模索し、映画評論家としてもご活躍されている佐々木俊尚さんです。

日付:1月31日
場所:飯田橋・神楽座
登壇:ヤマザキマリ、佐々木俊尚

映画情報どっとこむ ralph 登壇された2 人は見終えたばかりのお客さんの顔を見て、

ヤマザキさん:まだなんとも言えない顔をしてらっしゃいますね。

と微笑み合い、そんなお客さんの気持ちを代弁するかのように佐々木さんが感想からトークがスタート。

佐々木さん:はじめは家族と上手くいってないおじいさんの話で、隣人一家と心を通わせることで次第 に変化していく“疑似家族”的な話なのかなと思っていたら、全く違った。想像にしない展開に、私も最後には茫然となって見終えた。これまでのイタリア映画に対しては人情喜劇のようなイメージを持っていたが、この作品はそうではない。最近のイタリアではこのような“孤独”や“やるせなさ”を描 くような作品が多いのかな?

との佐々木さんの問いかけに、

ヤマザキさん:元々ネオレアリズモの映画を作ってきた国だからこそ、社会的な問題を美化するのではく、リアルに切り取ることが得意なのがイタリア。それを観客の人たちも見に行く土壌があって、自分たちが言葉に置き換えられないことを映画で確認するという意識があります。

と、イタリア人の映画に対する姿勢を最初に語りました。
本作は、日本人が抱きがちなイタリアやナポリの“陽気で明るい”イメージとはかけ離れた、現代のリアルなイタリアを描いているため、ヤマザキさんがその現状もていねいに解説。たとえば、本作の舞台である「ナポリ」のイメージとしてよく挙げられる「家族」。しかしその「家族」という共同体も、今のイタリアで は社会に押しつぶされ、日本と同じように自殺に追い込まれてしまう人が老若男女問わずおり、家族間の事件や老人の孤独死も起こり始めている現状もあるとのこと。

そのヤマザキさんの話を受けて、佐々木さんがこれからのイタリアはどうなっていくのか?と問うと、

ヤマザキさん:向き合うしかないですよね。受け入れるしかない現実もあるんです。だからこそ、この映画のラストシーンはすごく印象的でした。

と語り、それに対し

佐々木さん:人間関係に苦しみ悩む姿をヨーロッパ映画らしく描きながらも、最後の終わり方は日本映画のような様相を持っていて、言うなれば小津安二郎の映画を少し彷彿とさせます。

と話し、

ヤマザキさん:私もそう思います。イタリア人は小津安二郎が大好きで、やたらと小津の話はよく出てきますよ。

と笑って応えた。また

ヤマザキさん:イタリア人は、人間は歴史や時代の“波”の中にいるという感覚が強い。浮き沈みがあることは当然で、それ故に失望や絶望というネガティ ブな感情も自分の中に取り込んで、あえて楽観的になれるのがイタリア人。だからこそ本作を見て、俯瞰で今のイタリアの現状を捉え、このように素晴らしく描いてることこそが救いだと思った。

と力強く語った。さらに

ヤマザキさん:日本人のステレオタイプなイタリア人像がひっくり返ると期待しているし、皆で是非 語り合ってほしい一作です。

とも話し、

佐々木さん:“リアリティを知る入口”として映画は本当に大事。本当のイタリアを知るという点でも、また日本に照 射して考えても非常に奥深い映画だと思います。

と語ると、

ヤマザキさん:その観点で見てもこの作品は秀作だと思いますし、この映画を観られた皆 さんは本当に良かったと思います。

と観客にも語りかけた。リアルなイタリアの現状を知るヤマザキさんの話を聞き、映画が作られた背景に日本と共通す ることの多いイタリアの話に深く頷く人が多くいた、非常に満足度の高い会となった。

映画情報どっとこむ ralph ナポリの隣人

2月9日(土)より、岩波ホールほか全国順次ロードショー

公式サイト:
www.zaziefilms.com/napoli/


<STORY>
南イタリア、ナポリ。リタイアし、かつて家族と暮らしたアパートに独り暮らす元弁護士のロレンツォ。娘のエレナはアラビア語の法廷通訳で生計を立てるシングルマザー。母の死の原因が父の裏切りによるもの、と信じ、父を許せないでいた。気難しいところのあるロレンツォだが、向いの家に引っ越してきた若い夫婦ファビオとミケーラ、二人の子どもたちと親しくなり、お互いの家を行き来し合う疑似家族のような関係になる。しかしその平穏な日々は、幸せに見えた一家に起こった思いがけない事件で、突然幕を閉じることになる。その時、ロレンツォは?実の娘エレナは?二人に和解の道はあるのか?

***********************************


監督・原案・脚本:ジャンニ・アメリオ
原作:ロレンツォ・マローネ 「La tentazione di essere felici」
原案:アルベルト・タラッリョ、キアラ・ヴァレリオ
脚本:アルベルト・タラッリョ
撮影:ルカ・ビガッツィ
音楽:フランコ・ピエルサンティ

出演:レナート・カルペンティエーリ / ジョヴァンナ・メッゾジョルノ / エリオ・ジェルマーノ /グレタ・スカッキ / ミカエラ・ラマッツォッティ

原題:LA TENEREZZA (イタリア映画祭2018上映題「世情」) / 2017年 / イタリア / イタリア語 / 108分 / シネマスコープ / Dolby digital / 字幕翻訳:岡本太郎
後援:駐日イタリア大使館 / イタリア文化会館
提供:ザジフィルムズ、朝日新聞社
配給:ザジフィルムズ
© 2016 Pepito Produzioni
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ