トランスフォーマー×ゲームの系譜を継ぐ『アドベンチャー・オブ・バンブルビー』登場!


映画情報どっとこむ ralph 過去5作品の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)突破の世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。

そのシリーズ最新作『バンブルビー』が、3月22日(金)に日本公開となります!
待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。

そして!この度「トランスフォーマーのゲームといえばコレコレ!」と唸ること間違いなし!

トランスフォーマーが世に放った、日本ゲーム史上に残る伝説のムリゲー「コンボイの謎」を彷彿とさせる”アドベンチャー・オブ・バンブルビー”が登場しました!
映画情報どっとこむ ralph 本作の公開を記念して完成したのは、ビット画の映像に、レトロなBGMと、本作の物語の舞台である80年代のTVゲームのテイストがこれでもかと詰め込まれたゲーム”アドベンチャー・オブ・バンブルビー”!本作の主役となるシリーズきっての大人気キャラ・バンブルビーが、初めての相棒となる少女・チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)と共に冒険に出かけ、車への変形<トランスフォーム>を駆使しながら、映画にも登場するディセプティコンをはじめとした敵キャラを交わしてアイテムをゲットしていくこのゲームは、スマホ、PCともにプレイ可能!

日本中がTVゲームに熱中したあの熱い時代の空気をまとっており、大人たちは昔懐かしすぎる雰囲気に昂ぶり、子どもたちもシンプルな操作感ですぐにのめり込める、老若男女の心をくすぐる仕上がりです。
トランスフォーマーを題材にしたゲームは幾つもの名作が生み出されてきましたが、”横移動で敵の攻撃を避けながら、終わりなきクリアに向けてひたすら前へと進んでいく”展開は、日本ゲーム史上もっとも難しい1本に挙げられる”伝説のムリゲー”として名高い「トランスフォーマー コンボイの謎」(1986年発売、発売元:株式会社タカラトミー)を彷彿とさせ、当時「~コンボイの謎」に携わったタカラトミー関係者も「画のテイストや、横スクロールでの展開は、昔懐かしい古い感覚があって楽しかった。ロボットからビークルへ変形する要素が入っていて、トランスフォーマーの醍醐味を楽しめるのも嬉しい。ゲーム内容も「コンボイの謎」の時のように、「何度やられてもまたやりたくなる」、「いつまで経っても終わりが見えない」感があって良いですね。」と”トランスフォーマーのゲームらしさ”に太鼓判!時間が溶けるほどやみつき必至のこのゲームをやり込めば、映画『バンブルビー』の公開はもうすぐそこです!!

映画情報どっとこむ ralph 最新作『バンブルビー』
原題:Bumblebee
3月22日(金)「はじまり」が幕を開ける。

公式サイト:
bumblebeemovie.jp/

公式twitter:
@Bumblebee_JP 
***********************************


監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、ドン・マーフィ、マイケル・ベイ、マーク・ヴァーラディアン
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、クリス・プリガム
■キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、
ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
■全米公開:2018年12月21日

原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ