4DXなら、あなたも”月面着陸を体感”できる!『ファースト・マン』監督コメント!


映画情報どっとこむ ralph 4DXシアターが、まるで宇宙船そのものに変身!?
宇宙飛行そのものを体感できると全世界からも絶賛される最新作『ファースト・マン』4DXが2月8日(金)から上映スタート!

この度、『ファースト・マン』4DX公開を記念し、 デイミアン・チャゼル監督より<4DX一押しおすすめコメント映像>が到着!

「4DXにぴったりな作品だと思います」と映像の冒頭から『ファースト・マン』4DXへ期待を寄せた。さらに「本作で宇宙⾶⾏⼠のような体験できるでしょう。壮⼤な宇宙に解き放たれ、まるで宇宙船に搭乗しているような臨場感、アームストロング船長が⽉⾯を歩くシーンやジェミニ8号の事故による制御不能に陥ったシーンでは、あたかもその場に居合わせているかのような緊張感を体感することができるでしょう。宇宙⾶⾏⼠たちがどのような経験をしたのか、彼らが抱いた恐怖など、彼らに対して威厳を感じて頂ければと思います。」と語った。4DXと『ファースト・マン』のコラボによる史上最⾼の映像体験は、リアルでダイナミックな映像と共にあなたの”月への宇宙旅行”を実現します。  


映画情報どっとこむ ralph 4DX『ファースト・マン』は4DXの最新技術によって、アポロ11号の<無重力体験><気圧の体験>などのトレーニングシーンを独自の技術やモーションチェアの動作で再現。本作は、アポロ11号船長のニール・アームストロングの視点を基本に描かれることから過去に上映された4DX『ゼロ・グラビティ』とは違い、まるで自分が宇宙飛行士になり、”月面着陸のあの歴史的な一歩”を踏み出すことができる!

『ファースト・マン』は、アカデミー賞®6部⾨に輝いた⼤ヒット作『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組む最新作!全⼈類の夢であり、未来を切り開いたアポロ計画による⽉⾯着陸。この史上最も危険なミッションをアポロ11号船⻑アームストロングの視点で壮⼤なスケールで描く。すでに公開された海外では『ゼロ・グラビティ』、『インターステラー』に続く、最⾼の”宇宙映画”として注目されている。

映画情報どっとこむ ralph 『ファースト・マン』

公式サイト:
https://firstman.jp/

公式Twitter:
@firstmanmoviejp 

あの歴史的な偉業である月面着陸の真実をアポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描く。アポロ計画で起きた宇宙飛行士仲間たちの事故死や幼い愛娘の病死という悲しみを乗りこえ不屈の精神で「月」を目指すアームストロング。彼を支える妻や子供たち、彼を取り巻く環境やプレッシャーなど知られざる事実が初めて映画化された。

***********************************


監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)

出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー 
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16) 
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
※作品公開年は全て日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和 

写真用クレジット:©Universal Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ