GACKT と京本政樹は同じジャンル!?『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYO


映画情報どっとこむ ralph 魔夜峰央原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)が実写映画化!W主演に二階堂ふみ・GACKTを迎え、本年2019年2月22日に全国公開となります。

埼玉県人への徹底的なディスリが強烈なインパクトを放つ本作は、東京都知事の息子であり、東京屈指の名門校の生徒会長である壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの帰国子女、麻実麗(GACKT)。見るからに東京都民の麗は、実は通行手形の撤廃を求める埼玉解放戦線のメンバーだった。埼玉県人の自由と誇りを手にするため、関東一帯を巻き込んだ戦いには埼玉に対立する千葉解放戦線リーダー・阿久津翔(伊勢谷友介)や、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)も登場し、邦画史上最大の茶番劇がついに今年公開になります。

映画公開に先立ち、1月28日(月)に『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYOが行われ、主演の二階堂ふみ、GACKTをはじめ、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹が登壇しました!

『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYO
日程:1月28日(月)
場所:東京ドームシティホール
登壇:二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹、武内英樹監督

映画情報どっとこむ ralph 埼玉への愛に溢れた方々のための【特別席】7000名以上の応募から選ばれし30名用が用意され・・・・。しかしその実態は藁の上にパイプ椅子と言う、どこぞのTVプログラムのような席がアリーナ中央に鎮座。

そして、特別映像の上映の後、現れたのは伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹、武内英樹監督。

埼玉人に食わせる“そこらへんの草”ならぬ【人工芝のグリーンカーペット】を二階堂ふみ、GACKTが登場!
客席間近を歩きながら“彩の国・埼玉”をなぞらえた“彩玉ボール”をファンサービスとしてお客様にスローしながらステージへ。当然、大熱狂の観客の皆さん!

二階堂さん:皆さんこんにちわ!(男の子役なので)今日は男の子の気分で登壇しました!

そして、隠れ埼玉県人役のGACKTさんは

GACKTさん:こんばんわー!こんばんわー!こんばんわー!楽しんで帰ってください。そして作品を観て面白いと思ったら広めて・・・下さい!面白くなければ結構です!
と、観客の皆さんとコールアンドレスオンスでスタート。

千葉解放戦線のリーダー伊勢谷さん。

伊勢谷さん:最後まで観ていただければ千葉もう少し頑張りたかったので・・・是非次は『泳いで千葉!』お願いします!
伝説の埼玉県人役

京本さん:埼玉デュークは原作に出てこない役。色々なつながりも観ていただければと思います。
と意味深なコメント。

埼玉を愛する役

ブラザートムさん:GACKT見たいのやって良い? こんばんわ!!!(こんばんわ!)うるせー!
とコール&レスポンス。

東京に住むことを夢見る役の島﨑さんは

島﨑さん:埼玉県出身です。やっと今日。初めて自信をもって埼玉県人だと言える日が来たなと思いました!
と埼玉県人をどうどう?発表!

加藤さん:魔夜峰央先生ワールドを今日は感じて帰ってください!

と原作者リスペクトな加藤さんは益若さんに言われて、泥汚しメイクで登場。

益若さん:家政婦役。私も埼玉県民。やっと恥ずかしくなく県民と言えるね!

と島﨑さんに同意を求めると

島﨑さん:声は第二できないですが・・・・。恥ずかしいんですよ!

益若さん:映画を観終えたら埼玉県を大好きになってもらえると思います。
と、埼玉愛を表明するお二人。

都知事役の中尾さんは、大御所のオーラ全開。

中尾さん:東京の知事やってますけど。実は千葉出身です。ヨロシク!
と挨拶。

監督:私も千葉県民なので。この映画で埼玉と千葉、どちらが上か決着を付けたくて映画化しました!しかとその行く末を観て下さい!
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ完成した本作。どのような経緯で映画化に至ったのか。。。。

監督:本屋で手に取って、メチャメチャ面白くて。千葉県出てこないですが。千葉県人としてはどうにかねじ込みたいと。

初男の子役の二階堂さんは、埼玉県をディスりまくる役。

二階堂さん:でも、だんだん愛に変わるので、ディスリからの愛の変化を楽しんでいただければ。

とし、高校生で帰国子女で隠れ埼玉県人のGACKTさん:

GACKTさん:最初、高校生と聞いて、即答で断ったんですよ。でも特殊な高校生だと説得されて・・・。撮影に入って最初がキスシーンから。なんて工程だと。その日は絢爛豪華なセットから始まったので、良い世界観でスタートを切れましたね。竹内監督の手の中でもてあそばれてた感じです。
監督:贅沢にもてあそびました!なかなかできないですよ。

伊勢谷さんは青い衣装。これは千葉イメージかと聞くと

伊勢谷さん:そうです!千葉推しで。次回作『泳いで千葉』に向けてですね。

と、どうしても千葉中心の映画を撮りたいご様子(笑)。


埼玉県出身のトムさん・島﨑さん・益若さんは

トムさん:埼玉弁を使ったら、わかりにくいと。。。最終的に標準語。でも、今年クイーンに勝てるのはこの映画しかないと思います!(笑)

島﨑さん:ちょっとは誇れるものが出来たかな。今までスーパーアリーナしかなかったので。
益若さん:映画の中でディスる言葉が沢山出てきて、埼玉県民として出てよいのか悩みました!でも力になればと参加しました。でも、愛のあるディスリで。埼玉県民はディスられ慣れているので、誰も怒らないと思います!

印象に残っているのは

二階堂さん:今回ほんとうに個性豊かな方達が宇宙からガアって集まって、ぶあーーってやって、ぶあーって其々星に帰っていった感じでした。現場では一番自分がまともだなと思っていました!

と言うと、

GACKTさん:って、僕もそう思ってました。僕が一番まともだなと。

と言うことで全員に自分が一番まともだとおもう人を聞くとほぼ皆手を上げる始末。

GACKT:京本さんと共演できるの楽しみだったんです。で、お会いした時に京本さんに「やっと会えたね!同じジャンルじゃん!」って言われました。京本ワールドホントヤバいんですよ!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

二階堂さん:そんな京本さんの勇士が詰まった作品です!埼玉の方も千葉の方も地元愛増やしていただけたらと思います。

GACKTさん:面白い!くだらない!と思った時には声を出してください!真面目に作った今世紀最大の茶番劇。大いに笑いながら見てください!

翔んで埼玉

2019年2月22日(金)ROADSHOW

公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
@m_tondesaitama

娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。



***********************************


キャスト:
二階堂ふみ GACKT
ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演) / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 伊勢谷友介 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)

脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:「埼玉県のうた」 はなわ (ビクターエンタテインメント)
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
     
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ