北山宏光、多部未華子、筧昌也監督『トラさん~僕が猫になったワケ~』完成披露報告会見



映画情報どっとこむ ralph ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)が、『トラさん~僕が猫になったワケ~』として実写映画化、2月15日(金)より全国ロードショーとなります。

公開までいよいよ3週間となり、本作の完成披露報告会見が行われ、主演の北山宏光さん、多部未華子さん、筧昌也監督が登壇しました。

『トラさん~僕が猫になったワケ~』完成披露報告会見
日付:1月26日
登壇:北山宏光、多部未華子、筧昌也監督

映画情報どっとこむ ralph 本作が映画初出演にして初主演。
初の父親役、そして初の猫役に挑んだ北山さんは、グレーのスーツでびしっとキメ、颯爽と会見場に登壇。

押し寄せた多くの報道陣に向け

北山さん:本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。

と丁寧な口調で、深々と頭を下げた。続く多部も、少し照れた表情を浮かべながら

北山さん:今日は宜しくお願いします。

と笑顔で挨拶。和やかな空気に包まれ会見はスタートした。

北山さんが扮するのは、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金をギャンブルに使ってしまうようなダメ夫だが、家族愛と漫画愛は誰にも負けない愛すべきキャラクターの高畑寿々男。本作は、ある日突然交通事故で死んでしまった寿々男が、猫の“トラさん”となり再び家族の元に戻る、という一風変わった世界感が見所のひとつ。北山さんはオファーを受けた当時の記憶を振り返り、

北山さん:マネージャーさんから『映画が決まったよ』と教えていただいて、やった!って喜んでたら、『猫だけどね』って言われて。え、猫なの…!?って。受け入れるまで何分かはかかりました。

と笑いつつ、

北山さん:それでも、初主演で初の猫役ということで、自分の中での挑戦になると思って、とてもワクワクしました。

と役にかけた強い想いも吐露した。

一方、寿々男(北山)の妻・奈津子を演じた多部さんは、

多部さん:先に原作漫画を読んだのですが、温かい物語に感動しました。でも脚本を頂いて読んだ時に、実際に映像としてどうやって撮るのかなと…。

と若干の不安を抱いたそうだが、
多部さん:監督からその後“猫スーツ”の存在を聞き、なるほどなって思いました(笑)

と納得した過去を述懐。

実際に北山さんの猫姿を初めて見た時の感想を聞かれると、

多部さん:(娘の実憂役を演じた平澤)宏々路ちゃんに、ペットボトルのふたを開けて~って北山さんが頼んでいるのを見て。トラさん可愛いな~って思うのと同時に、なんか微笑ましかったです。

と振り返った。


また、本作のメガホンを取った筧監督は、「人が猫を演じる」という独特な世界感を持つ本作の映画化にあたっても、
筧監督:実はこういう(動物のスーツを使用しての)撮影手法でやるのは本作が三度目だったので、大丈夫だろうと思っていました。プランは蓄積していたので、猫の表現をどうするか、というよりは、この作品が持つ固有のテーマをしっかりと描くことを大事にしていたんです。

と胸中を明かした。

映画情報どっとこむ ralph 本会見では、報道陣からも多くの質問が飛び交い、北山ら3人は時折真剣な表情を浮かべながら、1つ1つの質問に丁寧にコメント。

質疑応答~

Q.北山さん、猫スーツ初めて着た時の感想は?

北山さん:「これでいくんだ!って気合が入りました。着心地など確かめて、この格好で演技するんだなって。スタッフさんも皆さん優しい方々でしたが、自分が猫の時は、異様に優しかったですね。見た目は意外と自分でもいける気がします(笑)ちなみに、メンバーの宮田(俊哉)からは、「マジか…すごいね」って(笑)メンバーの皆、ビジュアルを見て気になって色々聞いてきてくれて、『観たい』って言ってくれていて嬉しいです」

筧監督:「確かに、猫姿での撮影が終わった時は寂しさもあったけど、それ以上に北山さんへのちやほやも無くなったね(笑)」

Q.寿々男と奈津子と実優の3人は素敵な家族のように思いますが、実際の現場でのチームワークはどうでしたか?

北山さん:「僕の主観ですが、本当に良い家族になれた気がします!主演ということでプレッシャーも無いわけではなかったですが、愛すべきダメなやつっていう寿々男というキャラクターもあったので、二人とはどんなくだらないことでも会話して距離を縮めていくことを意識して、寿々男の雰囲気になじむ、高畑家の雰囲気になじむことを大切にしました」

多部さん:「携帯触っている時とか、本を読んでいる時に、北山さん本当に関係なく話しかけてくるんですよ!そこはすごい精神力だなって(笑)北山さんがすごくフランクに分け隔てなく接して現場を盛り上げてくださったので、私自身気が付いたらいつのまにか楽しんでいるような温かい現場でした」

Q.北山さんが猫を演じる上で、筧監督からは、どういったオーダーをしましたか?

筧監督:「猫的な仕草は確かに必要なのですが、生物として猫に寄せていくというよりは、寿々男のキャラクターを踏襲する必要があったので、モノマネ大会にならないように常に調整しました。北山さんからも沢山アイディアをいただきました」

Q.北山さん、多部さんの理想の家庭像は?
北山さん:「“一姫二太郎”です!お互いやはり支えていかないと3人のお子さんの構成にはならないですから」
多部さん:「“家族団らん”という言葉が似合うような、のほほんとした、ほっこりした家族が理想です」

Q. 映画初主演にして初猫の北山さん、次回作はどんな役を挑戦したいですか?

北山さん:「次、北山にこんなことをやらせたいなというオファー待ちです(笑)。今回は猫役に挑戦できたので、次どうやって北山を料理しようかと常に思っていただけるような俳優を目指していきたいです」

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

北山さん:「こんな家族の形の愛もあるんだな」と、観ていただく方々に愛を届けたいと頑張りました。ぜひ多くの方に劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。

と締めくくり、会見は終了しました。

「大切な人と過ごす毎日が一番の奇跡」と心に刻む、この冬最高の感動作『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、2月15日(金)より全国ロードショーです。

公式サイト:
torasan-movie.jp



STORY
売れないマンガ家の高畑寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男に“あの世の関所”が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」。トラ猫の姿で奈津子と娘・実優(平澤)のもとに戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉さえ通じない。限られた時間の中で、トラさん=寿々男は、家族に何ができるのか―?


***********************************

出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧 昌也 脚本:大野敏哉 音楽:渡邊 崇
主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
配給:ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ