映画『蹴る』劇場公開日決定! 乙武洋匡、岡田武史、木村元彦コメント!


映画情報どっとこむ ralph 重度の障害がありながらも電動車椅子サッカーに人生をかける 選手たち。世界へ挑んだ6年間の情熱と愛の物語。

誰にも負けない、誰にも止められない。 永岡真理は生まれながらにして難病「SMA(脊髄性筋萎縮症)」を患 い、生涯で一度も歩いたことがないが、ひとたび試合が始まれば、 華麗かつ激しいプレーで観客を魅了する。 東武範は筋ジストロフィーにより、呼吸器が手放せず、食事を摂るこ とも辛いが、国内でも屈指の実力を誇る。 真剣なトレーニング、家族のサポート、自らの障害との折り合い、恋 愛模様、そして夢のワールドカップ……。


映画『蹴る』は、永岡、東を中心に、電動車椅子サッカーワールド カップを目指す選手達を6年間に渡り追い続けたドキュメンタリー映 画である。
自らの“足”である電動車椅子を巧みに操り、華麗なフェイント、高度 な戦術、強烈なシュートを繰り広げる選手達の姿とともに、 日常生 活に垣間見せる人生の苦悩や葛藤、恋愛模様、家族のサポート、 介助の様子など、その生きざまをも描き出す。


監督を務めたのは、知的障がい者サッカー日本代表の雄姿を記録 した『プライドinブルー』(07・文化庁映画賞優秀賞受賞)、ろう者サッ カー女子日本代表の『アイコンタクト』(10・第27回山路ふみ子映画 福祉賞受賞)など、障がい者サッカーのドキュメンタリー映画を撮り 続けてきた中村和彦。日本障がい者サッカー連盟会長で元日本代 表サッカー選手の北澤豪氏も出演し、障がい者サッカーのさらなる 発展・普及に向けた活動を行っている。

映画情報どっとこむ ralph
『蹴る』2019年3月23日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

日本語字幕付き、音声ガイド付き上映あり

*クラウドファンディングサポーターによるご支援が170万円を突破(2/21迄実施中)*
募集モーションギャラリー は、こちら

映画情報どっとこむ ralph コメントが届いています!

FC 今治オーナー 岡田武史
ワールドカップ・フランス大会が終わった失意の中、出会ったのが電動車椅子サッカーの仲間だった。 医者に止められてもプレーを続ける姿に背中を押されて私はピッチに戻った。 彼らの真剣さ、勇気を受け止めてください。

ノンフィクションライター 木村元彦
「生きているということが当たり前だと思わずに生活しています」という肉声が胸に刺さった。 「蹴る」ことはすなわち彼ら、彼女らにとってはすなわち「生きる」ことなのだ。 壮絶な蹴り様、生き様を中村和彦監督はここに刻印した。

作家 乙武洋匡
電動車いす歴 30 年以上を誇る私なら、そこそこやれるだろうと挑んでみた。 電動車いすで、あれほどの迫力と躍動感を生み出せるなんて脱帽!!

***********************************

監督:中村和彦(『プライド inブルー』『アイ・コンタクト』『MARCH』)
出演:永岡真理 東武範/北沢洋平 吉沢祐輔 竹田敦史 三上勇輝 有田正行 飯島洸洋 内橋翠 内海恭平 塩入新也/北澤豪(日本障がい者サッカー連盟会長)

プロデューサー:中村和彦 森内康博
後援:(公財)日本サッカー協会 (公財)日本障がい者スポーツ協会 (一社)日本障がい者サッカー連盟 (一社)日本電動車椅子サッカー協会 (特非)日本ブラインドサッカー協会 (一社)横浜市医師会 (一社)日本筋ジストロフィー協会 (一社)全国肢体不自由児者父母の会連絡会 SMA家族の会 助成:文化庁文化芸術振興費補助金

製作:「蹴る」製作委員会(中村和彦+らくだスタジオ)
配給:「蹴る」製作委員会+ヨコハマ・フットボール映画祭
2018年 / 日本映画 /1時間58分/ 日本語(日本語字幕版、音声ガイド版上映あり) 文部科学省 特別選定作品(少年向き/青年向き/成人向き)
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ