なんと!メリッサ・マッカーシーがラジー賞&アカデミー賞Wノミネート


映画情報どっとこむ ralph 39回ゴールデンラズベリー賞最多6部門ノミネート!!
最低映画賞、最低女優賞、最低助演男優賞、最低スクリーンコンボ賞、最低監督賞、最低脚本賞

さらに、アカデミー賞主演女優賞もノミネートでメリッサ・マッカーシーがWノミネートの快挙!

この度、「セサミストリート」を生んだジム・ヘンソンカンパニーが製作した『Happy Time Murders(原題)』が『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』の邦題にて2019年2月22日(金)よりシネクイントほかで全国公開となります。
現地時間1月20日(日本時間:1月21日)より行われた第39回ゴールデンラズベリー賞ノミネーション発表にて最低映画賞(作品賞)、コメディ女王・メリッサ・マッカーシーが最低女優賞(主演女優賞)、ジョエル・マクヘイルが最低助演男優賞(助演男優賞)、ベスト・オブ最低カップルの称号・最低スクリーンコンボ賞、ブライアン・ヘンソン監督が最低監督賞、トッド・バーガーが最低脚本賞と最多6部門にノミネートされる快挙を果たしました!

映画情報どっとこむ ralph そして!

『Can You Ever Forgive Me?(原題)』では実在した女性ジャーナリスト、リー・イスラエルを熱演し大本命のアカデミー賞主演女優賞に見事ノミネート!

ハリウッド最高の栄誉を与えられるアカデミー賞と愛すべき最低な映画に贈られるラジー賞のWノミネートという快挙を果たしたんは唯一メリッサ・マッカーシーだけ!

2010年にアカデミー賞&ラジー賞のW主演女優賞を受賞したサンドラ・ブロック以来の快挙となるか!?

映画史上最高と最低の主演女優賞の行方へは?

映画情報どっとこむ ralph
39回ゴールデンラズベリー賞最多6部門ノミネート

子どもは見ちゃダメ
映画『パペット大騒査線 追憶の紫影

2019年2月22日(金)よりシネクイントほか全国ロードショー
原題:HAPPY TIME MURDERS 
【STORY】
人間とパペットが共存する世界。ロス市警初のパペット刑事フィル・フィリップはある人質事件で失態を犯し、刑事を首になり、いまは私立探偵として過ごしている。ある日、サンドラ・ホワイトと名乗るセクシーなパペットから脅迫状が届いたので調べて欲しいと依頼を受ける。フィルは脅迫状の書体にエロ本の一部が使われていることに気づき、パペットが経営するアダルトショップに向かう。店の裏手で捜査をしていると、表で銃声がする。フィルが慌てて戻ると店主を含め、全てのパペットが殺害されていた。通報を受けたロス市警からフィルのかつての相棒でおばさん刑事コニーが捜査に乗り出し、二人で事件の捜査に挑むことになるが…この事件にはある陰謀が隠されていた−!!



***********************************

監督・製作:ブライアン・ヘンソン『マペットのクリスマス・キャロル』
原作・脚本:トッド・バーガー
出演:メリッサ・マッカーシー、ビル・バレッタ、ジョエル・マクヘイル、マーヤ・ルドルフ、レスリー・デヴィッド・ベイカー、エリザベス・バンクスほか
配給:パルコ
宣伝:スキップ    
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/91分/映倫:PG12

© 2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ