ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久『サイ バー・ミッション』メイキング解禁!


映画情報どっとこむ ralph 豪華アジアスター集結で話題の中国映画『REBORN』(原題)が邦題を『サイバー・ミッション』に改め、2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国で公開!

そしてこの度、超本格アクションの撮影裏を捉えた「アクション編」、メインキャスト4名がお互いの印象を語る「豪華 キャスト編」のメイキング映像2種が解禁!!


本格的なアクションシーンの裏側を捉えた「アクション編」では、本作でアク ション監督を務めたニコラス・パウエルがハリウッド流の演技指導をする様子が収められ、よりリアルなアクションに挑むキャスト陣の真剣な表情が確認できる。また主演のハンギョンがビル8Fの高さから飛び降りるシーンや、 本作で初の悪役に挑んだ山下智久が街中を走る車の間を駆け抜けるシー ン、向かい側のホームに止まる電車に飛び乗るシーンなどスリリングな撮 影風景も収められてる。

アクション編:


また、「豪華キャスト編」では、メインキャスト4名がお互いの印象や撮影で の裏話について語る様子が収められた。映像内には撮影の合間に仲良く 談笑するキャスト陣の姿が捉えられ、言葉の壁を感じさせない、抜群の チームワークを発揮している様子に注目だ。

豪華キャスト編:


映画情報どっとこむ ralph さらに、本作で迫力満点なアクションに挑んだハンギョン、リディアン・ ヴォーン、リー・ユエン、山下智久のメインキャスト4名と、 『バイオハザードV:リトリビューション』『ボーン・アイデン ティティー』などのアクション監督として世界的に知られるニコラス・パウエルより、本作のアクションシーンについて コメントが到着した。

●ニコラス・パウエル(アクション監督)

私は、これまで携わってきた作品(例えば、「ブレイブハート」「グラディエーター」「ラスト・サムライ」「ボーン・アイデンティティー」など)でも、(スタントマンではなく)役者にできるだけ多くのアクションをやってもらうようにしてきました。その方が、リアリティがあって、観客が感情移入しやすいと思うからです。今回も私たちはとても幸運だったのが、ハンギョンは、元からとても身体能力が高く、これまでのダンサーや振り付け師、その他の様々な経験が功を奏してか、覚えるのが非常に早かったです。リディアンは、かなりの時間をかけて努力していました。リー・ユエンもそうですね。特に戦闘シーンがありましたから。今作では世界中からスタッフを呼び寄せてチームを組みました。ヨーロッパ人もいれば、カナダ人、中国人もいました。様々な国籍のスタッフが寄り集まって、シーンを作り上げていきました。大変な現場でしたが、うまくやったと思います。中でも、時間とお金をしっかりかけた、カーチェイスのシーンや、アクションシーンでは、観客の皆さんにも満足してもらえる仕上がりになったと思います。

●ハンギョン(リー・ハオミン役)
マレーシアでの撮影の時にビルから飛び降りるシーンの撮影をしたのですが、あのシーンは実はすごく怖かったんです。勝手にあのシーンはスタントマンがいるものだと思っていたけど、役者本人が演技をした方がいいものが撮れるだろうって。結果として、ほとんどスタントマンを使わずに撮影をすることができました。リハーサルで全身傷だらけになりましたが、本番は何事もなく撮影することができました。

●リディアン・ヴォーン(チャオ・フェイ役)
擦り傷ができるようなシーンが多く過酷な撮影でしたが、多くのハリウッド作品を手がけたアクション監督に演技指導をしてもらい、本当に色々なことを学ぶことができました。こんなにも多くの人が集まって一つの作品を作り上げるという、とても興味深い経験でした。

●リー・ユエン(スー・イー役)
私にとって一番印象に残っているのは、アクションシーンで鼻を怪我したこと。撮影で怪我をしたのは今回が初めてで、大きな怪我でしたが、それだけ一生懸命取り組みました。

●山下智久(モリタケシ役)
マレーシアで雨の時期でもあったので、すごい湿度が高くて何もしなくても汗が吹き出てくるくらいの暑さの中で町中を走り抜けたりとか、車の上を駆け抜けたりとか、とにかくすごい運動量だったので、体力的にすごく大変でした。ここまで本格的なアクションは初めてで、命がけだなと思いながらやってました。

映画情報どっとこむ ralph 60秒で世界を救え!オタク系最強ホワイトハッカーVS 最凶ブラックハッカー

『サイバー・ミッション』

2019年1月25日(金)より 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

オタク系プログラマーのハオミン(ハンギョン)は、かつてハッキング対決で負かしたコードネーム“ゼブラ”(リディアン・ヴォーン)が裏世 界で危険な仕事に手を染めていることを香港警察から知らされる。同時にゼブラは、次なる大仕事にハオミンを巻き込もうとパートナーの 美少女スー・イー(リー・ユエン)を使い接触を図ってくる。ハオミンはゼブラの次なる狙いを探るため、覆面捜査官として潜入することに。 程なくして彼のバックにはモリタケシ(山下智久)という裏世界の大物が絡んでいることが分かる。モリの真の目的が明らかになるにつれ、 ハオミンは予想だにしなかった危険な世界へと足を踏み入れていく・・・。果たしてハオミンはモリを阻止し、世界を救うことが出来るの か!?

公式HP:
cyber-mission.net

公式Twitter:
@cybermission_PR

***********************************

監督:リー・ハイロン アクション
監督:ニコラス・パウエル
出演:ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久
2018年 / 99分/ 中国・香港/ シネスコ/ 5.1ch
翻訳者:岡田理枝
配給:プレシディオ / 提供:プレシディオ、VAP
©2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ