ジュノ(2PM)日本映画初主演『薔薇とチューリップ』プレミアム上映会&トーク


映画情報どっとこむ ralph 音楽のみならず高い演技力で多くのファンを魅了するジュノ(2PM)。

「東京タラレバ娘」「海月姫」「雪花の虎」などで知られる大人気女性漫画家であり、かねてより熱心な2PMファンで知られる東村アキコが原作に、彼の日本映画初主演作『薔薇とチューリ ップ』のプレミアム上映イベントが2019年1月20日(月)にパシフィコ横浜 国立大ホールにて昼夜全2回にわたり開催された。

『薔薇とチューリップ』プレミアム上映会&トーク
日付:1月20日(月)
場所:パシフィコ横浜
登壇:ジュノ(2PM)

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後・・・・

映画の余韻に浸る会場のファンの前には、シャツに紺のニットベストを合わせたアイビールックスタイルで 愛らしさ満点のジュノが登場。つい今までスクリーンに映っていたキャラクター(それも1人2役!)とは違う素の姿で、それが恥ずか しいのか、しきりに手で顔を仰いでいたジュノ。

「まずは明けましておめでとうございます」

と新年の挨拶しつつ、

「上映会のすぐあとな ので、めちゃくちゃプレッシャーです。はぁ…」

と、いつになく緊張している姿も心くすぐられた。


映画にちなんだトークイベントということで、最初のテーマは「『薔薇とチューリップ』ジュノが選んだベストシーン」。映画の中でジュノ 自身が事前に3つのシーンを選び出したが、

「これはただ僕が好きなシーンです。最高の3つじゃなく、フェイバリットの3つ(笑)」

と いうセレクトに。

そのお気に入りの3つは、劇中、彼が演じた平凡な留学生(ただし温泉好き)デウォンと世界的人気画家ネロが 初めて出会うシーン、特別出演のチャンソンと演じたシーン、そして、デウォンがネロになりすますための指導を受けるシーン。いずれも笑えるシーンで、

「できるだけいろんな姿をお見せしたいと思って頑張りました!」

と映画に対する思いも語ってくれた。

映画情報どっとこむ ralph さらに、メイキング写真をもとに「ここでしか聞けない撮影秘話&裏話トーク」も展開。
大真面目にある絵を描くシーンはとても恥ず かしかったそうで、メンバーにも見せたが「何をしてるの?」と呆れられたとか。また、真逆の1人2役を演じるうえでの苦労や心構えも明かしてくれたジュノ。

「眼差しの変化に気を遣いました。でも、2役どちらにも僕自身の姿が表現されていると思います!」

と、 演じたキャラクターへの愛情、思い入れも示していた。 また、エンディングで流れる主題歌「Nothing But You」は、ジュノ自身がこの映画のために新たに書き下ろし、自ら歌ったもの。

「映画におけるネロの気持ちを代弁したいと思って書きました。明るい希望を描きたかったんです」

と、アーティストの顔もちらりとの ぞかせていた。 映画の貴重な話をたくさん聞かせてくれた後は、ファンが参加するゲームコーナーも!ここでは、温泉マニアの役にちなみ、「効能 を見抜け!きき湯ゲーム」と題して、3つの入浴剤が入った水槽のお湯に触り、肌荒れ、腰痛、冷え性など、それぞれの効能を 当たることに。水槽に入った色とりどりにお湯に手を入れながら、「一体僕は何をしているんでしょう」と戸惑いが隠せない様子だっ たが、次第に本気になり、会場で選ばれたファンと組んで、最後は全問正解の快挙。

「いろんな意味で面白いゲームでした!」と 本人曰く「不思議なゲーム」を楽しんでいた。


最後は、会場のファンをバックに記念撮影。

「たくさんのプレゼントを皆さんに置いて いきたいと思い、頑張りました。時間というものは早く経つものです。なので、僕も速く戻ってきます。それまでの間、ネロとデウォンを 見て、心の隙間を満たしてくれたらいいなと思います!」

という言葉とともに、この映画をファンへの“贈り物”として残してくれたジュノ。

映画情報どっとこむ ralph 最初から最後まで、めいいっぱい彼の魅力とファンへの思いが詰め込まれた映画&イベントだった。

映画『薔薇とチューリップ

は、5 月 3 日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋、名古屋 センチュリーシネマにて劇場公開、「月刊!スピリッツ」(小学館)にて 2019 年春連載スタートする。

公式サイト:
http://kandera.jp/sp/barachu/event/



【STORY】
個展開催のため来日した、世界的若手現代アーティスト・ネロ(ジュノ(2PM))。彼は到着早々、自分の絵の盗作が置かれていると噂の旅館を密かに訪れ、そこで温泉客である韓国人留学生・デウォン(ジュノ(2PM))と出会う。

なんとネロと デウォンは瓜二つだった! 互いに驚きを隠せない二人だが、ネロは“ある目的”のために、デウォンに自分と入れ替わるよう 依頼する。旅館の跡取り娘・かおり(谷村美月)とふれ合う中で過去と向き合うネロと、時代の寵児になりすましながら未 来を模索するデウォン。

姿形はそっくり、けれど性格も立場も異なる二人……彼らが入れ替わりの日々の中で見つけた、 “本当の自分”とは–!?

***********************************

【STAFF】
原作:東村アキコ「薔薇とチューリップ」(小学館)
脚本:ねじめ彩木『僕は妹に恋をする』
監督:野口照夫『たとえ世界が終わっても』「FF XIV 光のお父さん」
製作:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
配給:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
配給協力:アーク・フィルムズ

【CAST】
ネロ、デウォン(1 人 2 役):ジュノ(2PM)
かおり:谷村美月
ミョンア:玄理
仲居頭・悦子:ふせえり
ジンイル:チャンソン(2PM)

【公開情報】 2019 年 5 月 3 日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋、名古屋 センチュリーシネマにて劇場公開 上映時間:90 分

© 2018 東村アキコ・小学館/ NBCUniversal Entertainment Japan
   
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ