大野和基、松江哲明、松崎まこと『マイル22』をディープに掘り下げトーク!


映画情報どっとこむ ralph この度、『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』でタッグを組んできたマーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が4度目のタッグを組むWバーグ新作『マイル22』の2019年1月18日(金)新宿バルト9ほか全国公開となります!

世界を揺るがす危険な“物質”が盗まれた。
その行方を知る重要参考人から情報を聞き出すため、ジェームズ・シルバ(通称ジミー)率いるCIA機密特殊部隊はインドカー国のアメリカ大使館から空港までの22マイル(35.4Km)、全方位集中砲火の中、究極の護送作戦に挑む。果たして彼らはミッションを完遂できるのか!?

そして、実際にキャストがCIA部隊と面会したりとリアルな描写が多く取り込まれている本作をディープに掘り下げるべく、イベントを実施!

アメリカの最新情報に詳しく、CIAも熟知している国際ジャーナリスト大野和基が、あピーター・バーグ大好きな映画監督松江哲明と映画活動家の松崎まことに、リアルなアクション描写や、これまでのマーク・ウォールバーグ主演×ピーター・バーグ監督<Wバーグ>作品について語っていただきました!
日時:1月17日(木)
場所:本屋B&B
登壇:大野和基(国際ジャーナリスト)、松江哲明(映画監督)、松崎まこと(映画活動家/放送作家)

映画情報どっとこむ ralph マーク・ウォールバーグ主演×ピーター・バーグ監督の「Wバーグ」が4作目のタッグを組んだ話題作『マイル22』。公開を記念して、公開日直前の本日「アクション映画と実在する特殊部隊」と題したトークイベントを下北沢の本屋B&Bにて開催した。登壇者は国際ジャーナリストの大野和基さん、映画監督の松江哲明さん、映画活動家/放送作家の松崎まことさんの3名。

トークは、CIA事情に精通する大野さんは

大野さん:喋れることは喋ります。殺させるようなことは喋れないけど(笑)。

という観客には嬉しいギリギリトーク宣言から始まった。大野さんからすれば、『マイル22』はフィクション作品だが、実はそうでもないとのこと。本作には国家に属さない特殊部隊が登場するが

大野さん:これは実際に存在します。

ときっぱり!まさに映画で描かれている通り、その存在は誰も、CIAの同僚ですら知らないらしい。こういった特殊部隊は9.11発生時に増えたとのことだが、その時発足された部隊の数は実に600!ウサマ・ビン・ラディンを見つけたのもその600の中の1つの部隊であると明かした。続けて、アメリカでは映画製作にCIAや軍が監修したり絡んだりすることが多いという話に。その理由はズバリ彼らがCIA・軍の正義的なイメージを作りたいからとのこと。意外性がありつつも納得の話に会場も湧いた。またCIAに関する突っ込んだ話も。採用されるには愛国心が重視される話であったり、また、以外にも給料が低いが経費は使い放題とのこと。採用された時からクレジットカードは6枚くらい与えられ、しかも無制限・無期限!特殊部隊に課せられるミッションには命の保証がないかわり、ミッションを成功させるためにはいくら使ってもよいというCIAルールを明かした。また、CIA にとってアンガーマネージメントできているかは大事とのことで、

大野さん:この主人公はアウトです、、(笑)でも実際の任務中はOkだけど、日常生活ではできているような人物でないとダメです。

と話した。次に、オープニングで主人公CIA機密特殊部隊のリーダー:ジミーの生い立ちを紹介するシーンが凝った作りになっていて面白いと語る。松江さんはジミーについて

松江さん:母親の教えで怒りを腕につけているゴムバンドをパンパン弾いてる。あんまり効果ないんじゃないかってくらいずっと 怒鳴っていますけど、でも窮地になったら来てくれるっていう一面もありますよね。

と役柄を解説。

そこで、

松崎さん:マーク・ウォールバーグ自体そういう人物だよね。若いころは問題ばかり起こして警察のお世話になっていた。20代前半まではまったく彼もアンガーマネージメントできてなかった。映画に出演しはじめて更正したけど。

とジミーとマークの共通点を語り、

松崎さん:あんな主人公初めて観た!

と驚きを表した。次に本作に出てくる

松崎さん:“オーバーウォッチ”は最高機密だ。

というセリフに関して

大野さん:実際は“Ground Brunch“と呼ばれるがこれは実際にあるんです。ほぼ同じです。

と本作の任務はリアルなものであると大小判を推した。

大野さんが更にCIA に詳しいからこそ知る身近な空港のセキュリティーも通れるもので作る爆弾の話をすると、

松江さん:この作品も市街地で戦闘が始まり、アパートに逃げ込んだ時にその場にあるものを上手く使い爆破するシーンありますよね。

と細かい部分にもCIAらしいワザが観れると語り、

松江さん:この映画は足し算が上手いのかもしれない。リアルを積み重ねている。

と評した。

今まで実際の出来事を題材にした作品を作ってきたWバーグ作品に関して、

松江さん:実話を越したものを作ろうとしているが、エンドロールで実在の人物が出てくることによりクールダウンしてしまう。これには実話ならではの縛りを感じたが今回の『マイル22』はフィクションでそれを全部とっぱらって、ネクストに行こうとしているんだなと感じる。

と言い、

松崎さん:徹底的にリアルを描いてそこにフィクションを乗っけてくる。

と今までの3作品とは違ったものを体験できると語る。トークの中盤、見どころをまとめた映像を上映し、その中でも迫力があるイコ・ウワイスのメイキングアクションシーンを公開!イコ・ウワイスが2人の敵に襲われるシーンで撮影前に念入りな打ち合わせとリハーサルをし、一糸乱れぬアクションシーンの舞台裏を公開。迫力のアクションシーンを見て

松江さん:『ザ・レイド』を見て感動した人がこの映画に参加させてほしいという思いで作ったんだろうなぁ。アクションが1台のカメラで撮られていたけれど、映画見るとものすごいカット割りになっていますよね。

と話す松江はジャッキー・チェンについても触れ、

松江さん:ハリウッド映画をやると遠慮しているのかな?と思わせるところがあって違和感を感じるけど、『マイル22』は映画全体がアクションになっているから損ねてなくていいなと思った!

と力説。そして松江さんはピーター・バーグ作品について

松江さん:決定的な画面で監視カメラを入れてくる。今の映画って決定的瞬間でだれが撮ったかわからないような冷たい映像が多いと思う。監督がそこに懸けているのがすごい勇気だと思う。

と感心した。

松崎さん:意識的にとっている映像ではなくて、たまたま撮れた映像こそが怖いんだ!

と納得した。更に

松江さん:ピーター・バーグは意味のない繋ぎがない!編集が上手い!見終わったあとまた見たくなる映画です。何回も確かめたくなるんですよね。

と語り、

松崎さん:カメラを止めるな以上に2回観る価値がある。この映画はオチのための映画ではないんです。いろんな視点から見ると全然変わる映画なんですよね。全て計算されて描かれている。」

とコメント。続いて

大野さん:映画を観ると僕が今日言ってたことがわかると思います。背景知識を知っているとわかりやすいと思います。

とコメント。

松江さん:明日すぐ劇場で観られた方がいいと思います!その前に『ザ・レイド』と実話をもとにした『パトリオットデイ』『ローンサバイバー』を観るとなぜこういう描き方をしてフィクションを撮ったのが予習としていいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『マイル22』

公式サイト:mile22.jp 
Facebook & twitter @mile22moviejp


【ストーリー】
世界を揺るがす危険な物質が盗まれ、その行方を知る男リー・ノア(イコ・ウワイス)が重要参考人として保護される。

彼を抹殺するため、多数の武装勢力が送りこまれるなか、彼を国外に脱出させるためジェームズ・シルバ(マーク・ウォールバーグ)率いるCIAの機密特殊部隊はアメリカ大使館から空港までの22マイル(35.4km)を護送する究極のミッションに挑むのだが…。全方位集中砲火の中、彼らは無事に脱出をすることができるのか!?
***********************************

監督:ピーター・バーグ『バトルシップ』、『ローン・サバイバー』
脚本:リー・カーペンター
撮影:ジャック・ジューフレ
出演:マーク・ウォールバーグ、ローレン・コーハン、イコ・ウワイス、ロンダ・ラウジー、ジョン・マルコヴィッチ ほか

コピーライト:© MMXVIII STX Productions, LLC. All Rights Reserved.   
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/95分/原題:Mile 22
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ