映画の“つくり手”にスポット「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」開催!


映画情報どっとこむ ralph ~上映作品は市民等による人気投票で決定。映画賞の授賞式も開催~

調布市では、映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」を2月16日(土)から3月10日(日)まで、約1か月に渡り開催します。

この度、映画賞「映画のまち調布賞」授賞式、上映作品、トークイベント、展示、ワークショップ等の内容が決定しました。調布市民(市内在住・在勤・在学の方)とイオンシネマ シアタス調布来場者を対象に募集した人気投票により上映作品を選出、投票は総数1万票を超え、大きな反響を呼びました。

また、投票で選ばれた作品の技術(撮影、照明、録音、美術、編集)を顕彰するべく、各部門を厳正に審査の上、受賞者を決定、発表は2月上旬の予定です。なお、授賞式は3月2日(土)にオープニング上映会とともに、イオンシネマ シアタス調布で開催します。

そして、特別企画として、スタジオジブリ 不朽の名作「風の谷のナウシカ」(宮崎駿監督)の久し振りのスクリーン上映が決定。


さらに、大映東京撮影所で活躍した大楠(安田)道代氏(女優)と大映・日活映画に造詣が深い鈴木敏夫氏(スタジオジブリ プロデューサー)とによるトークイベントの開催も決定しました。

この他、映画監督や技術スタッフによるトークショー、映画の撮影で使用された衣装やミニチュアの展示、貴重な映画・映像資料の展示、映画づくりを体験できるワークショップ等を通して映画・映像がつくられる現場や裏側を紹介します。

調布は、角川大映スタジオ、日活調布撮影所など映画・映像企業が市内に40社以上集積する映画のまち。本フェスティバルは、市内の映画・映像関連企業やイオンシネマ シアタス調布、商工会、調布駅前の商業施設トリエ京王調布等が参加する実行委員会で企画を行い、第1回目の開催を迎えます。

映画情報どっとこむ ralph
映画のまち調布 シネマフェスティバル2019
開催期間:2019年2月16日(土)~3月10日(日) チケット発売:1月30日(水)~
開催会場:文化会館たづくり、グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布
主催:(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
企画・運営:映画のまち調布 シネマフェスティバル2019実行委員会

株式会社アーク・システム、イオンエンターテイメント株式会社、株式会社石原プロモーション、株式会社角川大映スタジオ、株式会社ジェイコムイースト調布局、高津装飾美術株式会社、株式会社ジャンゴフィルム、調布エフエム放送株式会社、調布市観光協会、調布市商工会、東映ラボ・テック株式会社、株式会社東京現像所、トリエ京王調布、日活調布撮影所、株式会社マーブリング・ファインアーツ(以上、五十音順)、調布市教育委員会、調布市、(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

***********************************



関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ