『ボス その男シヴァージ』舞台挨拶のご報告を


ボス その男シヴァージ舞台挨拶
第5回したまちコメディ映画祭in台東
特別招待作品『ボス その男シヴァージ』舞台挨拶
(c)2012 「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会

「したまちコメディ映画祭in台東」
特別招待作品『ボス その男シヴァージ』舞台挨拶のご報告を。。

映画『ロボット』でおなじみのインド映画界のカリスマ、ラジ二・カーントの主演映画『ボス その男シヴァージ』が日本初上陸!割れんばかりの歓声に包まれた”マサラシステム”での上映後、インド舞踏家の野火杏子率いるダンサー達が場内をハイテンションで踊り歩きました。

マサラシステムとは・・・上映が盛り上がるように、観客は手をたたいたり、歌のシーンでは踊ったりしてOK!好きなときにクラッカーを鳴らしてもOK!映画と観客一緒になって盛り上がれる鑑賞方法です。

●実施日時:9月16日(日) 18:30~
●場所:浅草公会堂
●登壇:シュリヤー・サラン(30)

トークショーにはレッドカーペットにも登場した、本作ヒロインのシュリヤ―・サランが登壇。場内の盛り上がりは最高潮に達しました!
登壇するシュリヤー・サラン
ちょー綺麗です!

(シュリヤー・サラン舞台挨拶)
シュリヤ―:
『こんにちは。日本にお招きいただきありがとうございます。』(日本語)素晴らしいダンスもありがとうございます。日本に来る前から日本が素晴らしい国だと聞いていました。そんな国の方々に直接お会いすることができて幸せです。

(ラジニ・カーントの印象は?)
親切な方で感謝しています。スーパースターになっても本を読んだり勉強しているんです。プライドを見せるわけでもなく、謙虚な方です。

(美しさの秘訣は?)
父と母のおかげです(笑)ランニングやエクササイズもしています。でも日本の方も美しいですよ。
関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ