ドラゴンボール超 ブロリー視点で演出《4DXブロリーエディション》1・11~上映開始!


映画情報どっとこむ ralph 全世界で桁外れの人気を誇る伝説的コミック「ドラゴンボール」の記念すべき劇場版20作品目最新作『ドラゴンボール超 ブロリー』4DXが、「ドラゴンボール」4DXシリーズ史上最高の大ヒットを記録しているなか、本作のタイトルロールである”ブロリー” の視点で演出された《4DXブロリーエディション》の上映が1月11日(金)より開始!(※一部劇場を除く)

2015年公開、シリーズ初4DX上映作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のオープニング成績をはるかに上回る勢いで、3年ぶりに公開された「ドラゴンボール」4DXシリーズに盛り上がったファンの反響は大きく、4DXはその熱意に応えるべく、4DXブロリーエディションの上映を決定しました。

『ドラゴンボール超 ブロリー』4DXは、過去 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『ワイルド・スピード ICE BREAK』、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』といったハリウッド映画でも選び抜いた少数の作品のみ採用された”4DXエクストリーム版”での上映とのことで、公開前から4DXファンの中でも話題になっていたが、《4DXブロリーエディション》上映では、ライディングアクションに特化された”4DXエクストリーム版”の強度はそのままで、4DXの様々な環境効果を”ブロリー”の視点に焦点を当てて、演出に変化をかけたバージョンである。

例えば、ダイナミックな戦闘シーンで、モーションチェアの前後左右の動きや角度、バイブ効果が”ブロリー”の視点にあわせて動き、悟空やベジータがブロリーと対戦するメイン舞台となる「氷の世界」で空中での戦いを体験しているかのような環境効果が演出され、まるで”ブロリー”になったかのような体験と、劇中”ブロリー”が抱え込む気持ちも共感できるような体験が期待できる。

●《4DXブロリーエディション》の上映劇場はこちらからご確認ください

なお、4DXは、全世界1位、4D映画で2018年全世界年間動員2,000万人を突破し、爆発的に成⻑している体感型プレミアムシアター。特にヨーロッパや北米では、20〜30代の若い層を中心に【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】と、人気トレンドになっている。全世界62カ国、613スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年1月現在)

主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。

さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。

映画情報どっとこむ ralph 『ドラゴンボール超 ブロリー 』4DX 上映劇場

※劇場情報は、各劇場サイトよりご確認くださいませ。

※劇場により、対応している効果が異なります。

※上映劇場は変更となる場合があります。

【ユナイテッド・シネマ】
【シネマサンシャイン】
【USシネマ】
【109シネマズ】
【コロナシネマワールド】
【イオンシネマ】
【フォーラム那須塩原】
【アースシネマズ姫路】

●《4DXブロリーエディション》

上映劇場LISTはこちら

映画情報どっとこむ ralph 通常版は・・・

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』について

◆公式サイト:
http://www.dbmovie-20th.com/


【STORY】
これは、新たな“サイヤ人”の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ——。

***********************************

原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也
作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人 美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子 特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快 製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ