早くも興行収入10億円突破! 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』


映画情報どっとこむ ralph 12月22日(土)に全国で公開しました『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』の興行成績が、1月2日(水)の時点で、興行収入10億円を突破しました!

この公開から12日間での10億円突破は、2009年から始まった冬の仮面ライダー映画シリーズ歴代“最速”記録!!

また平成仮面ライダー映画としては、2017年12月9日公開「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」、2018年8月4日公開「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」に引き続き3作品連続での10億円突破となり、平成という時代の終わりに、“平成”仮面ライダーが存在感を示しています!


そして、1/1~1/3の正月3が日の興行収入は1億5875万円と、前作「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」対比で219.4%、さらに、冬映画シリーズ最高興収15.4億円を記録している2009年公開「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」との対比でも132.4%となり…正月3が日の興行収入は、冬の仮面ライダー映画シリーズ歴代“最高”記録!と引き続き絶好調!大作・話題作が名を連ねる、群雄割拠のお正月映画の中を爆走中。


平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

大ヒット公開中!!



物語・・・
仮面ライダーを愛してくれたあなたへ
常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい…。
強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない。」
彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体…?なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか?
謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――
あなたの記憶に、彼らは生きているか。

過去記事:
奥野壮 犬飼貴丈 大東駿介ら総勢11名登壇『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』初日舞台挨拶 そして佐藤健情報が!
http://eigajoho.com/136284


***********************************


出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

佐藤健

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久

「ジオウ&ビルド」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
    

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ