神谷明・TMN木根尚登 登場『劇場版シティーハンター』特番「ミュージック・シティーハンター」放送決定!


映画情報どっとこむ ralph 原作の発行部数が全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”「シティーハンター」が、2019年に長編アニメーション映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』として復活を遂げます!

この度、20年ぶりに復活を遂げた本作の公開を記念して特番の放送が決定いたしました!!

その名は「ミュージック・シティーハンター」!!
【『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』公開記念特番 「ミュージック・シティーハンター」放送概要】
放送日時:2019年1月4日(金)24:00~24:30
放送局:TOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11

MCにやついいちろうを迎えて放送される本番組はテレビアニメ「シティーハンター」の世界を彩った数々の名曲を深夜の楽曲紹介番組のように紹介していきます。スペシャルゲストとして冴羽獠の声優を担当する神谷明も登場します!現代が舞台となる新作の劇場版に対し、テレビアニメ放送当時の懐かしの80年代バブル期のトレンドを満載した番組です。番組内では「シティーハンター」放送開始当初に使用されていた「City Hunter~愛よ消えないで~」などが紹介されなど往年のファンには堪らない楽曲のラインナップとなっており、名曲「Get Wild」についても言及!!2人目のスペシャルゲストとして、〈TM NETWORK〉の木根尚登も登場し「Get Wild」の誕生秘話を語るなど貴重な内容となっています!!さらに、同じく〈TM NETWORK〉の宇都宮隆からのコメント映像も用意されておりアニメ放送当時の思い出や、冴羽獠の凄さがわかる過去の名シーンを紹介するなど「シティーハンター」の世界を深掘りしていきます!!エンディングでは「Get Wild」を3人で熱唱するなど最後まで盛り上がった番組となっています。神谷明は『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』の見どころについて「色々なファンの方がいる作品だと思いますが、どの方も満足する作品となっています。是非劇場でご覧頂きたいと思っています」とコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』 

2019年2月8日(金) ロードショー!!

公式サイト:
https://cityhunter-movie.com/
[INTRODUCTION] 
裏社会に名を轟かす始末屋(スイーパー)にして、桁外れの女好き。仕事を受ける条件は美女の依頼か、依頼人の思いが心を震わせた時のみ…。人呼んでシティーハンター、冴羽 獠が帰ってきた!1985年、北条 司が『週刊少年ジャンプ』で連載を開始した『シティーハンター』。1987年にはTVアニメが放送スタートし、1999年放送のTVスペシャルまで至る大ヒットシリーズとなった。
そして、2019年――アニメ放送30周年記念プロジェクトとして新作長編アニメーションがその幕を開ける!声優陣は冴羽 獠役の神谷 明、槇村 香役の伊倉一恵をはじめ、オリジナルキャストが“奇跡”の再結集。獠に依頼をする美人モデル、進藤亜衣役に本作が声優初挑戦の飯豊まりえ、香の幼馴染で気鋭のIT企業経営者、御国真司役に山寺宏一、さらに特別出演としてチュートリアル・徳井義実がゲスト参加する。スタッフは初代監督にして今回総監督を務めるこだま兼嗣のもと、脚本の加藤陽一など、オリジナルスタッフと初参加のクリエイターを織り交ぜた布陣となっている。物語は本作の為に書き下ろされたオリジナルストーリー。20年の時を経て、伝説のアニメ『シティーハンター』の新たなる歴史が動き出す!


***********************************

原作:北条 司 
総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」) 
脚本:加藤陽一
(「妖怪ウォッチ」) 
キャスト:神谷 明、伊倉一恵、飯豊まりえ、山寺宏一、一龍斎春水、玄田哲章、小山茉美、大塚芳忠、徳井義実(チュートリアル) 

チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦
キャラクターデザイン:高橋久美子・菱沼義仁
総作画監督:菱沼義仁 
美術監督:加藤 浩(ととにゃん) 
色彩設計:久保木裕一 
撮影監督:長田雄一郎 
編集:今井大介(JAYFILM)
音楽:岩崎 琢 
音響監督:長崎行男 
音響制作:AUDIO PLANNING U  アニメーション制作:サンライズ 
配給:アニプレックス  

(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ