日露戦争時代のロミオとジュリエット『ソローキンの見た桜』特報映像&場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 日露戦争時代.。
日本に多く設置されたロシア兵捕虜収容所。特に愛媛県松山市には国内初の収容所が設けられ、この松山を舞台に運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動の物語、映画『ソローキンの見た桜』が2019年3月22日(金)より公開となります。

この度、本作の特報映像が完成し、いよいよ日露合作で贈る心揺さぶる人間ドラマを描いた映像が解禁となりました!


今からおよそ100年前。
日本とロシア帝国が大陸の利権を争って戦った日露戦争。その戦争によって運命的に出会うこととなる、ゆい(阿部純子)と戦地で捕虜となり松山へとやって来たソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)。戦時下であり敵国同士という特殊な状況下で惹かれあう2人は歴史の波に翻弄されることとなる。暴れる捕虜と銃を持ち集まる衛兵の緊迫のシーン。その中にあって強烈な個性で場を制する収容所の所長、河野(イッセー尾形)が、戦時下の収容所という特殊な環境を不気味に物語っています。現代パートではTVディレクターの桜子(阿部純子)と先輩の倉田(斎藤工)が、ロシアに関する取材を進める中で、100年前のロシア兵捕虜と日本人看護師の日記にある疑問を抱く。そしてその取材の為、ロシアへ渡った二人はそこで衝撃の真実を知ることとなる。



戦争がなければ出逢えなかった二人。残酷にも戦争があったから出逢えた二人。どこか切なげな音色が、儚さを漂わせる特報映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 更に、場面写真も併せて解禁!

ゆいとソローキン二人が寄り添う絵画のように美しいシーン、

そして日本兵とロシア兵の争いを河野(イッセー尾形)が制するシーンが解禁。

映画情報どっとこむ ralph 映画「ソローキンの見た桜

映画公式サイト:
https://sorokin-movie.com/

<STORY> 
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに—— 日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

***********************************

出演:阿部純子 ロデオン・ガリュチェンコ 山本陽子(特別出演) アレクサンドル・ドモガロフ 六平直政
海老瀬はな 戒田節子 山本修夢 藤野詩音 宇田恵菜 井上奈々 杉作J太郎 斎藤工 イッセー尾形
監督・脚本・編集:井上雅貴
製作:「ソローキンの見た桜」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ