奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女ら登壇!映画『洗骨』 沖縄プレミア試写会


映画情報どっとこむ ralph 映画『洗骨』は、来年、2019 年1月18日より沖縄先行公開、 2月9日より全国公開となります。

先日15日(土)には、第14回 済州映画祭クロージング上映に水崎綾女が登壇して大盛況だった本作!

昨日は12月17日、沖縄県那覇市にな るシアターQ に、主演の奥田瑛二をはじめ、息子役を演じた筒井道隆、娘役を演じた水崎綾女、そして沖縄出身の芸 人で本作に出演している山城智二、沖縄民謡歌手として世界的に有名で照屋年之監督作品の常連である古謝美佐子、 そして照屋年之監督ら豪華ゲストが登壇し舞台挨拶を行う《沖縄プレミア試写会》を開催しました。

映画『洗骨』沖縄プレミア試写会
日程:12月17日(月)
場所:シアターQ
登壇:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女、山城智二、古謝美佐子、照屋年之監督

映画情報どっとこむ ralph 上映が終わると大きな拍手が湧き起こり、この映画に対する来場者の満足度の高さを感じられた本試写会。

奥田瑛二:
開口一番、「今日スリーピースのスーツで決めて来たのには、訳があります。本当はカッコいいってところを 見せないきゃね」っと冗談を披露し、笑いを起こした奥田さん。「俳優の仕事はすべからく大変だし、すべか らく楽しい物です。なので大変だったシーンや、楽だったシーンなどはない。沖縄の美しい風景に囲まて、 そよぐ風を感じながら、この地に同化した自分を映像の中で感じてもらえると幸せです。現場は本当にワン ダーランドにいるように楽しかったです」と撮影当初のことを振り返った。また「この『洗骨』という映画 は、全身全霊を傾けて参加した映画です。この作品に出会えたことがこれから更なる表現者として、大きな エネルギーになりました。これから全国をこの映画が公開されるにあたって、この映画をご覧になった方で 本作を気に入った皆さん、「良かったね」「面白かったね」という皆さんの声を沖縄から発信して全国に響き 渡る映画にしようではありませんか!」と力強くアピールをして挨拶を締めくくりました。

筒井道隆:
撮影中は一カ月ぐらい沖縄に滞在していました。“洗骨”という風習は今は沖縄でもあまり残っていないよ うですが、映画をご覧いただき、“洗骨”をはじめ沖縄の文化や風習を日本だけでなく世界のみなさんに知 って頂きたいと思います! この美しい沖縄が舞台で、沖縄の素晴らしい文化を感じることのできる作品で す。

水崎綾女:
すごく思い入れが強い作品で、この作品に出会えて本当に良かったと思っています。2 日前、済州映画祭 に本作の上映で伺わせてもらったのですが、国境を越えて良かったと言って頂けたんです。多くの方に本 作の素晴らしさを感じていただきたいです。私は、一回みて良かったと思う作品は《良作》だと思うんで す。でも何回も観たくなる映画は《名作》だと思います。なので、この映画が皆さんにとっての何回でも 見たくなる《名作》になってほしいと願っています。

山城智二:
沖縄県人として、日本の中心で活躍されている皆様とご一緒できて本当に貴重な体験でした。毎日がすごい ことの連続でした。贅沢で豊なこの経験を沖縄に還元できればと思っています。

古謝美佐子:
沖縄で歌ってきた民謡歌手が、このような素晴らしいメンバーに入れて本当に幸せでした。 私は役者ではないのですが、監督の演出が本当にわかりやすく、楽しく参加させて頂きました。 この先、役者のオファーがあったら、セリフがないときは出たいと思います。

照屋年之監督:
上映前、「本当に 1 日でも早く皆さんに観て頂きたかったので今日という日を嬉しく思います。沖縄出身の 方に喜んでいただける作品を完成しました!」と自信を覗かせていた照屋監督。 登壇前に舞台袖でドキドキしながら待っていましたが、上映後、皆さんから自然と拍手が湧き出たことに 感動しました。本当に有難うございます!! これだけの素晴らしい役者さんとご一緒させていただき、 現場で緊張はありましたが、緊張よりも「“洗骨”という風習のすばらしさを伝えたい」という熱い想いが 強くて、緊張するのを忘れていました、皆さん、脚本を読んで、この作品に惚れ込んでくださった。だか らこそキャスト・スタッフ全員が「絶対にいいものにしようと!」と同じ方向を向いて進めましたね。撮 影現場は毎日がきつかったけど、毎日が充実していました! そして大切な仲間の一人、福田加奈子さん が先日、お亡くなりになりました。福田さんとの付き合いは長くて、僕が監督した長編一作目の「南の島 のフリムン」で出会ったんです。その後も親交があり、今回、長編二作目となる「洗骨」が福田さんの遺 作となり残念ですが、故人を忘れないことが大切だと思うんです。作品はこうして残ります。どうかみな さんの心の中にも女優・福田加奈子を生き続けさせてくださいっと、観客に思いを伝えた。 そして最後に「この映画を観て、明日からまた一歩進んでみようと思って頂けたら嬉しい」と語った。
映画情報どっとこむ ralph フォトセ ッション後、
サプライズとして、古謝美佐子さんにより主題歌「童神」の生歌披露。
古謝美佐子さんの素晴らしい歌 声に出演者の水崎綾女さんは感動のあまり涙ぐむ一幕もありました。

映画後であることもあり、会場にいた多くの皆 様も、再び「洗骨」の世界に引き戻され涙を流す方々が多くいらっしゃる感動的な舞台挨拶となりました。

映画『洗骨

1月18日(金)より沖縄先行公開 / 2月9日(土)より全国公開

公式HP:
senkotsu-movie.com

Twitter:
@senkotsu_movie


物語・・・
洗骨――。今はほとんど見なくなったその風習だが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる。粟国島では西側に位置する「あ の世」に風葬された死者は、肉がなくなり、骨だけになった頃に、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて「この世」と 別れを告げることになる。 沖縄の離島、粟国島・粟国村に住む新城家。長男の新城剛(筒井道隆)は、母・恵美子(筒井真理子)の“洗骨”のために、4 年ぶりに故郷・粟国 島に戻ってきた。 実家には、剛の父・信綱(奥田瑛二)がひとりで住んでいる。生活は荒れており、妻の死をきっかけにやめたはずのお酒も隠れて飲んでいる始末。 そこへ、名古屋で美容師として活躍している長女・優子(水崎綾女)も帰って来 るが、優子の様子に家族一同 驚きを隠せない。様々な人生の苦 労とそれぞれの思いを抱え、家族が一つになるはずの“洗骨”の日まであと数日、果たして 彼らは家族の絆を取り戻せるのだろうか?

***********************************

奥田瑛二 筒井道隆 水崎綾女 / 大島蓉子 坂本あきら 山城智二 前原エリ 内間敢大 外間心絢 城間祐司 普久原明 福田加奈子 古謝美佐子 鈴木Q太郎 筒井真理子

監督・脚本:照屋年之
音楽:佐原一哉 主題歌:「童神」(歌:古謝美佐子)
製作総指揮:白岩久弥 製作:藤原 寛 小西啓介 宮崎伸夫 武富和彦

エグゼクティブ・プロデューサー:片岡秀介
プロデューサー:高畑正和 小西啓介
協力プロデューサー:飯田雅裕 具志堅 毅
アシスタントプロデューサー:南 陽
ラインプロデューサー:金森 保 撮影:今井孝博(J.S.C)
照明:鳥越博文 録音:横澤匡広
美術:木下沙和美
装飾:石上淳一 ヘアメイク:荒井ゆう子 スタイリスト:むらたゆみ キャスティングディレクター:杉野 剛 沖縄コーディネート:鳥越一枝
編集:堀 善介
音響効果:佐藤祐美 助監督:丸谷ちひろ 制作担当:刈屋 真 柴野 淳 宣伝協力:新垣尊大 須藤淳子 平野誠也 スペシャルサンクス:粟国村 粟国村の皆さん 制作協力:キリシマ1945
制作プロダクション:ファントム・フィルム
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 製作:『洗骨』製作委員会(吉本興業 ファントム・フィルム 朝日新聞社 沖縄タイムス社)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
2018/日本/カラー/スコープサイズ/上映時間 111 分
(C)『洗骨』製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ