白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査『ブラック・クランズマン』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』の場面写真6点と公開日が2019年3月22日(金)に決定しました!

そして!ロン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)&フリップ(アダム・ドライバー)コンビの潜入捜査の様子をとらえた場面写真を6点解禁!

電話担当のロンと対面担当のフリップ。
二人はそれぞれ言葉巧みにKKK内部の人間を惑わせ、みるみるうちにその深部へ潜入していく。
話し方で人物の違いを気付かれないよう、ロンの言葉遣いやイントネーションを真似して練習するフリップ.

KKK最高幹部のデビッド・デューク(トファー・グレイス)にも全く疑われることなく、KKKの集会へ参加することに成功。

KKKメンバーに混ざり「ホワイト・パワー!」と力強く繰り返すフリップはまさに熱心な白人至上主義者の一人のよう。

また、ブラックパンサー党の女性幹部パトリス・デュマス(ローラ・ハリアー)と仲睦まじく話すロンの恋模様も。

さらに、人差し指を立て「アメリカ・ファースト!」と唱えるデビッド・デュークの姿は、この時代に生きるアメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプにも重なる。

映画情報どっとこむ ralph ロンとフリップのコンビネーションが実現させた史上最も大胆な潜入捜査、その結末とは-!?

『ブラック・クランズマン』
原題:BlacKkKlansman

2019年3月22日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
物語・・・
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?
***********************************


監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画 配給:パルコ 宣伝:スキップ&NPC
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/映倫:G指定
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ