映画情報どっとこむ ralph デンマーク発の新感覚サスペンス『THE GUILTY/ギルティ』が、2019年2/22(金)全国公開となります。

本作は緊急通報司令室でオペレーターを務める主人公アスガーのもとに、誘拐されたという女性自身から電話がかかってくることで始まる物語。電話先の相手の姿、状況がまったく見えないまま、聴こえてくる声・音だけで誘拐事件を解決するという新感覚サスペンス。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作のハリウッドリメイクが決定致しました!

リメイク権を獲得したのは、その個性的な演技に定評がある名優の製作会社ナイン・ストーリーズと、ボールド・フィルムズ(ナイトクローラー、セッションなど製作)。緊急通報司令室を舞台に、電話からの音だけの誘拐事件に挑む主人公をジェイク・ギレンホール自身が演じます。

またオリジナル版のグスタフ・モーラー監督とプロデューサーのリナ・フリント がエグゼクティブ・プロデューサーとして関わることも決定しております。

オリジナル版からの製作陣もリメイクに加わることもあり、その巧みな演出にさらに磨きがかかった作品が期待できます。そして今回、主演を務めるジェイク・ギレンホールとオリジナル版のプロデューサーよりコメントが到着しております。

●ジェイク・ギレンホールからのコメント
「サンダンスで『THE GUILTY/ギルティ』を見て圧倒された。モーラーの映画は、緊張感を巧みに登場人物の鋭い性格描写に織り交ぜている。まさにナイン・ストーリーズが求めていた素材そのものだ。ボールド・フィルムズとともにアメリカの観客に届けられることを誇りに思う。」

●オリジナル版プロデューサー リナ・フリントからのコメント
このコラボレーションにはとてもワクワクしている。
引き続き「THE GUILTY/ギルティ」と素晴らしい旅を歩んでいけることを楽しみにしているわ。

映画情報どっとこむ ralph デンマークオリジナル版は・・・

THE GUILTY/ギルティ』 

2019年2/22(金) 新宿武蔵野館/ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

物語・・・ 
真夜中の緊急指令室。誘拐された女性からの通報。
解決の手掛かりは電話の声だけ。
緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。

***********************************

出演:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセン、オマール・シャガウィー
脚本・監督:グスタフ・モーラー  
製作:リナ・フリント 
脚本:エミール・ナイガード・アルベルトセン 
撮影監督:ジャスパー・スパニング 
編集:カーラ・ルフェ  
音楽:オスカー・スクライバーン 
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ 配給:ファントム・フィルム 
原題:The Guilty|2018年|デンマーク映画|スコープサイズ|上映時間:88分|
© 2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ