横浜流星 今日は泣いて帰ってください!『愛唄 ー約束のナクヒトー』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph GReeeeNが初の脚本で本作に込めたのは、名曲「愛唄」への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、まっすぐなメッセージ。

恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめとする清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出します。実話エピソードから着想を得たオリジナル脚本で、青く澄みきった新たな物語『愛唄 ー約束のナクヒトー』が誕生完成しました。

その披露上映会が行われ、横浜流星さん、清原果耶さん、飯島寛騎さん、成海璃子さん、財前直見さん、川村泰祐監督が登壇し、映画・撮影に関してクロストーク。そして、この時期恒例な『今年一年を漢字一文字』で振り返りました!果たしてどの一文字を選んだのか!?
日時:12月10日(月)
場所:丸の内TOEI
登壇:横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 成海璃子 財前直見 川村泰祐監督

映画情報どっとこむ ralph 熱気あふれる女子多めの会場の後方から、キャスト監督が登場すると大きな拍手!
昨日『虹色デイズ』トークイベントでピンク色の頭だった横浜さんは今日は黒!役者さんって大変!

横浜さん:皆さんお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。この大事な作品を、いち早くご覧いただけることが、本当に嬉しく思っています。反応が楽しみです!
とのご挨拶からスタートしたイベント。続いて

清原さん:私は、この作品に影響されて人生観が変わりました!この作品を観ていただけること本当にうれしく思っています!
と初々しいコメント。

飯島さん:公開は未だですが、ようやく皆さんに観ていただける第一歩の日です。この日がようやく来たなと。
と、この日を楽しみにしていたと語ります。

成海さん:この映画を気に入ってくれたら嬉しいです。
と大人クールな成海さん。お母さん役の財前さんは

財前さん:このドラマは「今を生きる」がテーマだと思います。今を一所懸命生きて下さい!
と、熱いメッセージ!

川村監督:今日という日を迎えられて本当にうれしく思っています!最後まで楽しんでいってください!そして!ほぼ全体の音楽をGReeeeNさんが手掛けて下さっていて、映画音楽として素晴らしくて、デモテープの段階で感動して。是非音楽も楽しんでください!
とアピールする監督。

映画情報どっとこむ ralph GReeeeN映画プロジェクト第2弾では、主演となった横浜さんは

横浜さん:役者として前作「キセキ」でご一緒した方々と仕事が出来るのは嬉しかったですね。ただ主演の立場でGReeeeNさんの脚本をちゃんと伝えなくてはと、プレッシャーでした。そこは監督、キャスト、スタッフの皆さんに助けられて・・・、撮影を楽しく過ごせました。役作りで気を付けたのは、ちょっと落ちすぎないレベルを監督と話し合って。皆さんが発するお芝居を素直に受け止めて素直に返すようにしました。
と、今日は緑色(グリーン)の衣装の横浜さん。
脚本を読んでの感想を聞かれた清原さんは

清原さん:純粋にピュアな物語に感動しました!詩人の役を演じるのは・・・発する言葉に意味がこもってしまうので、周りに対する影響を考えたうえで、如何に役に寄り添うかと考えながら芝居しました。
と、真摯に話す清原さん。GReeeeNさんの想いが特に清原さんの役に集約されていると監督。


飯島さんは劇中で歌っているシーンがあるのですが、苦労されたそうで
飯島さん:ギターで弾き語りをするシーンがあるのですが・・・生まれて22年間一回も触ったことがなくて。2か月位で覚えるのはメチャクチャ大変でした。全力をぶつけました!

横浜さん:ちょうど、たっちゃんが練習頑張ってる姿を見ていたので、撮影時は感動しました。
とコメントすると、

清原さん:私は監督の横でモニターをみていたのですが、私だけ号泣してしまいました。モニター越しでも伝わる熱量でした。

と撮影時の様子を語ります。

映画情報どっとこむ ralph MCさんが成海さんに横浜流星はどんな男なのか聞くと・・・。

成海さん:今回初めてご一緒しましたが・・・「いい子だな~」(笑)「好青年だな~」と思いました。穏やかで。
とべた褒め。撮影は天候に恵まれず。主演で大変な横浜さんは、だいぶ疲れていたそうで

成海さん:深夜の撮影が多くて、横浜くんが眠そうだったので、起こさなきゃと!マジカルバナナをしましたね。
と、眠気を覚ますためにと気遣っていたそうで、現場ではお姉さん的な役割を担っていた成海さん。

財前さんは、息子を見守る母役

財前さん:台本の段階で、想像できなくて。。。でも泣いてました。撮影もそうですが、何しろこの3人が可愛くて。青春してるんですよ。ピュアでかわいいところが出てるんですよ!
と、絶賛。横浜さんは、2度目の親子役で、財前さんからはアドバイスを受けていたそう。

映画情報どっとこむ ralph 『今年一年を漢字一文字』で振り返るコーナーに!

川村監督:愛!映画を続けられるのは奥さんのおかげでもあり。言葉にすること大切です!愛唄の愛にしました!

と、愛妻家な監督。今回も母親役の財前さんは

財前さん:母!一年振り返ると母親役多くて。母性な一年でした!

成海さん:稽!今年一年、いろいろな役で一年中稽事があって。アクション。タップダンス。三味線。落語。今は歌の稽古しています。目まぐるしくも充実していました!
と大忙しの一年を振り返ります。

飯島さん:音!初めて音楽に触れて。音のメッセージ性を感じたので。今年は音。

清原さん:学!理由は、今年一年、現場で沢山学ぶことがあったので!
と高校生なのにしっかりした清原さんから、大人の飯島さんは学ぶことが多かったと吐露。

横浜さん:縁!まさにこの作品。来年もより色々な方に出会っていきたいなと。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
横浜さん:この作品は沢山のメッセージが詰まっています!それが少しでも届けばいいなと思っています!今日は泣いて帰ってください!

と舞台挨拶を締めて、上映開始となりました!




『愛唄 -約束のナクヒト-』

物語・・・
「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。 あいつの声が恋する勇気をくれた。あの子の言葉が、生きる意味を教えてくれた。僕を変えた⼆つの出会いが、⼀つの奇跡を起こす。 恋する勇気を持てないまま⼤人になってしまったトオルに起きた、二つの出会い。元バンドマンの旧友・龍也との再会、そして運命を変える詩と の偶然の出会いにより、恋というものに生涯をかけて全力で駆けることになる。今まで手をつなぐことさえしてこなかったが、龍也の声に恋する勇 気をもらい、その詩から、恋に生きる力をもらったトオル。詩と触れるキッカケをくれた比呂乃との出会いを経て、ようやくめぐり会えた運命の少女・ 凪。詩を綴ることをやめたその少女は、トオルに生きる意味を教えてくれた。しかし、彼女にはある秘密があった・・・ その唄は、僕らの運命から溢れ出た

公式HP:aiuta-movie.jp

公式Twitter:@aiutamovie

【タイトルのナクヒトとは】 泣く人。涙するほど全力な人のこと。GReeeeNによる造語。

***********************************


出演: 横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 中村ゆり 野間口徹 / 成海璃子 / 中山美穂(特別出演) 清水葉月 二階堂智 渡部秀 ⻄銘駿 奥野瑛太 富田靖子 財前直見
監督:川村泰祐 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『L♡DK』『海月姫』『きょうのキラ君』ほか
脚本:GReeeeNと清水匡 音楽:GReeeeN
プロデューサー:⼩池賢太郎 『キセキ ーあの日のソビトー』『奇跡』
音楽プロデューサー:JIN『キセキ ーあの日のソビトー』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞
配給:東映
(C)2018「愛唄」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ