トラウマ物のホラー『へレディタリー/継承』アリ・アスター監督とのQ&Aに参加してみては?


映画情報どっとこむ ralph 「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、全米を震撼させたホラー映画『へレディタリー/継承』が、11月30日(金)より全国公開し、すでにリピーター鑑賞者も続出する好調スタートを切っている。

本作は、公開前からマスコミ試写や先行上映会で「常軌を逸した完成度」「怖すぎる」と絶賛され、ホラー映画が多く公開された今年の中でも、本命の一本として期待されていたが、初日以降「噂通りの恐怖」「怖すぎて眠れなくなった」「一人で夜道を歩くのが怖い」と【超恐怖】を体験した観客の感想が相次いだ。

11月21日発売の映画雑誌”映画秘宝”誌面にて「本物の幽霊が映っている」と紹介されたことが噂になり、どのシーンに「本物の幽霊が映っている」のかを議論する声も相次ぎ、話題に拍車がかかっている。

この度、話題沸騰の本作の監督・脚本をつとめたアリ・アスターが、日本の鑑賞者の質問を募り、それに回答する緊急企画の開始が決定した。

これが長編映画デビュー作にも関わらず、異常な完成度を誇る本作を観た映画ファンからは、「なぜこんなに恐ろしい映画が作れるのか」「恐怖で観客を殺そうとしている」「化け物監督が誕生した!」「とんでもない才能」「次回作も楽しみ」と感嘆の声があがっている。

アリ・アスターが脚本も手がけた本作は、映画全体に謎やメタファーが散りばめられ、それら全てがラストに待つトラウマ級の恐怖の伏線になっている。「こんなに恐ろしいのに、もう一度見ないではいられない!」「何度見ても発見がある!」と、“今年最恐”の再体験と、“全ての謎の解明”を求めるリピーターも続出。

また、本作の公開初日にトークショーを行った映画評論家の町山智浩がアリ・アスターとのインタビューを行った際に、イングマール・ベルイマン、溝口健二、新藤兼人らの映画を愛し、本作にも影響を与えたと語っています。

映画情報どっとこむ ralph
何度観ても新しい発見があり、過去の名作映画からの影響も発見できる本作。
劇場で鑑賞し、ぜひアリ・アスター監督とのQ&Aに参加してみては?

◆『へレディタリー/継承』アリ・アスター監督とのQ&A詳細
概要:『へレディタリー/継承』の脚本・監督をつとめたアリ・アスターが、本作を鑑賞した日本のお客様とのQ&Aを行います。事前に映画公式twitterで質問を募り、それにアリ・アスター監督が回答します。

質問募集期間:12/7(金)〜12/11(火)正午
映画公式twitter:@hereditaryjpにて質問を募集いたします。
寄せられた質問からアリ・アスター監督の回答を、後日映画公式twitterにて発表いたします。
※寄せられた全ての質問へ監督が回答するとは限りません。予めご了承ください。

■アリ・アスター プロフィール
アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)でMFA(美術修士号)を取得。『The Strange Thing About the Johnsons』<未>(11)、『Munchausen』<未>(13)、『Basically』<未>(14)など、いくつかの短編を脚本・監督。ニューヨーク映画祭、ファンタスティック・フェス、スラムダンス映画祭などで上映された。本作が長編映画デビュー作品である。新作ホラー映画『MIDSOMMAR』を、『へレディタリー/継承』に続いてA24と準備中。

・過去作品などのアーカイブはこちら
https://ari-aster.squarespace.com

映画情報どっとこむ ralph
へレディタリー/継承
原題:HEREDITARY

公式HP:
hereditary-movie.jp  

公式twitter:
@@hereditaryjp  

物語
全米を凍りつかせた“完璧な悪夢”この家族の物語は、あなたの永遠のトラウマになる。
グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。自らの人生を精巧なミニチュアで表現するアーティストであるアニーは、エレンとの暗い思い出をミニチュアにし、セラピーにも通う。夫のスティーヴン、内気な高校生の息子ピーター、祖母に溺愛されていた対人恐怖症の娘チャーリーとともに、家族を亡くした哀しみを乗り越えようとしていたのだ。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまってことに気づかぬまま・・・。
チャーリーの様子がおかしい。祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめている。
彼女の部屋を覗くと、アニーがミニチュアを作るように、チャーリーも自分の部屋でこっそりと人形を作り続けていた。それは、動物の生首とガラクタでできた狂気のオブジェだった。
やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発する。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声が聞こえる、暗闇に誰かの気配がする・・・。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。
“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺した“何か”とは一体?

***********************************

出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド
脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン  
ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
2018年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:127分| PG-12
©2018 Hereditary Film Productions, LLC
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ