中江裕司監督『盆唄』ハワイで盆踊り!?震災後の福島に希望の光が差し込む予告編完成


映画情報どっとこむ ralph この度、『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』の中江裕司監督による最新ドキュメンタリー映画『盆唄』が2019年2月15日(金)より公開となります。

先日の第19回東京フィルメックスにて特別招待作品として上映され、観客へのアンケートで満足度100%を記録した本作!

この度、待望の予告編が完成。

冒頭に東日本大震災から4年経った福島県双葉町の様子が映し出される。避難先で伝統「盆唄」を唄い続けるが「みんなでやってきた双葉の盆踊りが大好きだが、出来ないのは残念…」と、存続の危機を前に悲しみにふける双葉町の人々。しかしそんなある日、ハワイ・マウイ島へ訪れた双葉町の人々を待ち受けていたのは、島に住む大勢の日系人が100年以上前から受け継がれていたフクシマオンドを熱狂的に唄い、踊る姿!その盛り上がりに圧倒されるものの、ハワイとの交流を通して、いつしか双葉町が復活する日を信じ、「盆唄」を受け継いでいこうとする双葉町の人々の強い姿が映し出されていく。

福島、ハワイ、そして富山へと映画が旅をし、さらには余貴美子、柄本明、村上淳など豪華俳優が声の出演をするアニメーションも差し込まれており、従来の形にとらわれない新しいドキュメンタリーとなっている。震災の悲しみを抱えながらも、福島の希望にあふれた予告編が誕生です。


映画情報どっとこむ ralph 映画『盆唄』

2019年2月15日(金)より、テアトル新宿ほか全国順次ロードショー!
フォーラム福島、まちポレいわきも同時公開!

www.bitters.co.jp/bon-uta/

ふるさとを離れても、忘れることのない唄。

希望のかなたへ盆唄は響き続ける。

2015年。東日本大震災から4年経過した後も、福島県双葉町の人々は散り散りに避難先での生活を送り、先祖代々守り続けていた伝統「盆唄」存続の危機にひそかに胸を痛めていた。そんな中、100年以上前に福島からハワイに移住した人々が伝えた盆踊りがフクシマオンドとなって、今も日系人に愛され熱狂的に踊られていることを知る。双葉の人々は盆唄を披露すべく、ハワイ・マウイ島へと向かう。自分たちの伝統を絶やすことなく後世に伝えられるのではという、新たな希望と共に奮闘が始まった。やがて故郷と共にあった盆唄が、故郷を離れて生きる人々のルーツを明らかにしていく。

盆踊りとは、移民とは。そして唄とは何かを探し求める200年を超える物語―。双葉の豊かな伝統芸能とハワイのボンダンス・日系文化にまつわる唄や音楽、その背景を『ナビィの恋』の中江裕司監督が3年の歳月をかけ撮りあげた渾身のドキュメンタリーが完成!
***********************************


監督:中江裕司(『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』)
撮影監督:平林聡一郎
編集:宮島竜治・菊池智美

エグゼクティブプロデューサー:岡部憲治
プロデューサー:堀内史子 アソシエイトプロデューサー:岩根愛 

アニメーション:池亜佐美
音楽:田中拓人
音楽プロデューサー:佐々木次彦
製作:テレコムスタッフ 配給:ビターズ・エンド

出演:福島双葉町のみなさん、マウイ太鼓ほか 

声の出演(アニメーション):余貴美子、柄本明、村上淳、和田總宏、桜庭梨那、小柴亮太

日本/2018年/134分/ビスタ  
©2018テレコムスタッフ 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ