モーレツ宇宙海賊 初日舞台挨拶レポ


本日2月22日(土)から公開となりました

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』


の初日舞台挨拶が行われました。

佐藤竜雄監督、主演の小松未可子さんをはじめ、金元寿子さん、松風雅也さん、原作者である笹本祐一先生、主題歌を担当する中川翔子さんが登壇しました!

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』初日舞台挨拶
『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』初日舞台挨拶
松風雅也、中川翔子、 金元寿子、小松未可子、佐藤竜雄監督、笹本祐一先生



日程:2月22日(土)
場所:新宿バルト9
登壇者:
佐藤竜雄監督、小松未可子、金元寿子、松風雅也、中川翔子、笹本祐一(原作者)

新宿バルト9さんは、モーパイ一色!
モーレツ☆宇宙海賊バルト9-弁天丸
MCはケイン・マクドゥガル役の松風雅也さんの進行です!

松風さん(MC):お越しいただき誠にありがとうございます。

中川さん:本日22日は、何と言っても猫の日。PS4の発売日。そして、何と言っても最大のビッグバンは劇場版『モーレツ宇宙海賊』の公開記念日だ!~。子供のころから宇宙が好き、女の子の絵をかくのが好きでした。大好きな物しか詰まっていないモーレツパイレーツTV版を観ていた私が、劇場版の主題歌を歌わせていただける日が来るなんて。ほんとにほんとに夢のようです。やっぱり茉莉香さまは大スクリーンのフルサイズが似合う!

金本さん:朝早くからありがとうございます。おはようございます。TV版に引き続きグリュヒルデ・セレ二ティ役をやらせていただきました金元寿子です。宜しくお願いいたします。

小松さん:おはようございます。加藤茉莉香役つとめさせていただきました小松未可子です。皆さんお集まりいただきましてありがとうございます。今日一日宜しくお願い致します。

佐藤監督:今日一日?

小松さん:数十分の間ね。

佐藤監督:一日の人もいるかもね(場内ウォーと)朝からありがとうございます。佐藤竜雄です。宜しくお願いします。

笹本先生:原作者笹本です。宜しくお願い致します。

松風さん:皆さんには、まるっと観ていただいた後なんですが、ゲストの皆さんはもうご覧になられましたか?

小松さん:も、もちろんです!
松風さん:監督作り終わってますか?
佐藤監督:大丈夫です。

松風さん:ご覧になった感想をお聞きしたいと思います。しょこたんに聞くと2時間ぐらい喋りそうなので2分でお願いします。
中川さん:今回劇場版と言うことで茉莉香さまの貫禄が増して、海賊服もレッドになって。そして今回何と言っても一番興奮したのが。彼方くんのお尻です。それだけではございません。とてもこの先の人生の道しるべになってくれるなと思いました。“決断は自分が選んだベスト”という言葉が凄く胸に沁み入りました。過去の黒歴史も白く塗りなおしてくれる“お言葉”です。未可子様達にも敢えて興奮なのですが、メガレンジャーブルーの松風さまに。。。あえて。自分のやってきたこと決断は間違ってなかったなと。『キラキラ-go-round』というエンディングテーマを歌わせていただいたのですが、劇中の未可子さまの歌う『Sail away』という曲のメロディーがキラキラとリンクするんです。そこで鳥肌○○で御座います。
小松さん:そーなんです。

松風さん:凄い情報量ですね。でも、皆さんこのままで行くとメディアの方の全部しょこたんになりますので。宜しくお願いします。

金本さん:私はスローテンポなんですけど。オープニングから凄いワクワク。彼方君が逃げているところから、画面がバンバン切り替わって。これから何が始まるんだろって。ワクワクして観させていただきました。今回ヨット部員も、卒業した方々も集まって賑やかな収録でした。グリュヒルデ的にも、たくさんしゃべらせていただいて、結構見どころもあるんじゃないかなと。一度と限らず、たくさん見て欲しいなと思います。

小松さん:アフレコ自体が夏。コミケ3日目。絵が一切なくて監督の絵コンテの実の状態でふきこんだんです。我々も台詞的に内容は把握しているんですけど、どのような戦闘とか動きをしているのか全く分からなかったんです。それから粘って作り上げられたこの作品。私が観たのは実は昨日なんです。スタッフの熱意。TV版からの我々の熱意が凝縮して出来上がった涙と血と汗と監督のお酒の結晶で出来た作品だなと。目に熱いものがこみ上げてきました。客観視して楽しんでみることが出来ました。そして、しょこたんさまと同じで彼方君のお尻は結構ぐっと来ています。

中川さん:何杯でもいけますよね。。

松風さん:監督が出来たって!って言った時点で完成だと思いますが。こうやって見ていただいた観客のみなさまを目の前にしてのご感想はいかがだったでしょうか?

佐藤監督:いやー冷や冷やですよね。日本の映画興行の限界を行くのかと言われました。作り込みをギリギリまで頑張ったって話でございます。実は、僕の絵コンテでアフレコしていたというのが一番心残りで。もうちょとやり用あったのかなともうんですけど。皆その日しか空いてないんだって言うんだもん。その分画作りに集中出来たので。皆さんの知らない絵が出来たので。

小松さん:自分たちの芝居以上のキャラクターの動きは、役者としては衝撃ですね。

松風さん:原作の笹本先生に。TVシリーズになりスクリーンにかかり、ご覧になった感想はいかがでしたか?

笹本先生:例によって、原作者チェックしなかったんですよね。そこで何がいいかと言うと、佐藤監督の新作を自分の原作で見れると言う。俺だけの贅沢だよね。実に楽しかったですね。

松風さん:笹本先生的に何処の部分をこれはとお思いになりましたか?
笹本先生:マニアックな事になりますけど、詰めた構成。95分ですよ。こんなに詰めた映画観たことない。カリオストロ、ビューティフルドリーマー以来だと思います。短時間の中に情報量が多いのに構成が出来ていて、キャラクターが立っていて話が盛り上がってて。これ以上何を期待するのかと。
松風さん:凄いおほめの言葉を。いただいて、監督少し気まずそうなので、話題をかえて、中川さん今回angelaさんとのコラボでいかがでしたか?

中川さん:借り歌をいただいた時点で、出来あがっちゃってるんですね。借り歌を歌っているのがアンジェラのあつこさんだったので。これで出せばいいじゃんて。あのモーパイ。TV版ラストに監督が劇場で会いましょうのコメントから皆がそれを目指して生きてきたわけですよ。そんな大役をさせていただきました。とても生きててよかったと感じさせていただきました。死ぬまでうたいつ
小松さん:私もアンジェラさんにプロデュースしていただいて。借り歌アンジェラさんだったのでこのまま流せばいいじゃンてわたしも思いました。自分が歌う時に引っ張られないように結構難しかったですね。劇中でも凄くシンクロしていましたね。さすがアンジェラさんだなと。

松風さん:音楽の方はスーパー順調だったのはわかりましたが、制作の方は。。
佐藤監督:兎に角ね。亜空間大変だったんだよね。レンダリングの限界超えたね見たいな。どんな人も言うのが俺亜空間観たことないからって。絵を描く方も亜空観たことないですからって言われて、そこは心の中の亜空を描いてよって。
松風さん:その辺りの表現をしっかり見てもらいたいと。

松風さん:それでは最後に一言。

笹本先生:カリオストロを公開2日目に観たのが自慢なんですが。これも初日を観たのが10年20年後に自慢になると思います。おめでとうございました。

佐藤監督:何度も観て下さい。これにつきます。宜しくお願いします。

小松さん:みなさん言われていますが、何度も何度も足を運んで自分の何かを見つけていただければなと思います。TV版から愛していただいている方は、ますますキャラクターたちを愛でていただいて、自分自身も亜空間にダイブしているような、そしてみなさんの亜空間を胸に抱いて明日へ歩んで下さい。

金本さん:TVシリーズから考えると2~3年。長い事作品にかかわらせていただいてこうして同じ役を出来ると言うのは本当にありがたいなと思います。色々なキャラクターが活躍していますので、隅の隅までしっかり見ていただければと思います。今日はありがとうございました。

中川さん:一視聴者だった私が劇場版のエンディングテーマを歌わせていただけるなんて夢のようですが、こうして無事生きて公開を迎えられて本当に良かったと思います。日本が作りだしたアニメソングは宇宙規模でみんなが笑顔になれる、世界平和の魔法だと思います。

そして最後は観客と全員で小松さんの「さ~!」の合図で「海賊の 時間だ!」と、海賊の営業をおえました!

『モーレツ宇宙海賊  -亜空の深淵-』初日舞台挨拶 松風雅也、中川翔子、 金元寿子、小松未可子、佐藤竜雄監督、笹本祐一先生
『モーレツ宇宙海賊 -亜空の深淵-』初日舞台挨拶 決めポーズでもう一枚
松風雅也、中川翔子、 金元寿子、小松未可子、佐藤竜雄監督、笹本祐一先生

『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE .亜空の深淵-』
は、2月22日(土) 新宿バルト9ほか、全国ロードショー中です!

公式HP: http://www.starchild.co.jp/special/mo-retsu/gekijo/
********************************************************************


『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPEACE -亜空の深淵-』

<あらすじ>
モーレツ宇宙海賊-ABYSS-OF-HYPERSPEACE-.-亜空の深淵--白凰女学院高等部に通う加藤茉莉香は、「私掠船免状」を持った合法の宇宙海賊。学業、宇宙ヨット部部長、喫茶店でのアルバイト、さらに、宇宙海賊船・弁天丸の船長と、毎日大忙しだ。3年生への進級を控えた春休みのある日、客船での海賊営業の仕事を請けた茉莉香は、乗客リストの中に銀河パス所有者の少年・無限彼方を見つけて……。
少年と海賊の亜空を駆ける冒険が始まる!

CAST/小松未可子/下田麻美/花澤香菜/戸松遥/金元寿子/小見川千明/伊藤静/松風雅也/藤原啓治/堀江由衣/三宅健太/水原薫/松岡禎丞/佐藤利奈/日笠陽子/三森すずこ/

安野希世乃/内田真礼/野村香菜子/巽悠衣子/佐藤聡美/赤﨑千夏/西明日香/高森奈津美/茅野愛衣/南條愛乃/伊瀬茉莉也/松本保典/安元洋貴/甲斐田裕子/能登麻美子/

小山力也/飛田展男
STAFF/監督・脚本:佐藤竜雄、
原作:朝日ノベルズ刊「ミニスカ宇宙海賊」
(著:笹本祐一・イラスト:松本規之)
企画協力:朝日新聞出版、
副監督:中山勝一、アニメーションキャ
ラクター原案:あきまん、
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:堀内修
メカ・プロップデザイン:河森正治 鷲尾直広 寺岡賢司 鈴木雅久 宮崎真一、
小物デザイン:吉川美貴 秋篠 Denforword 日和、
美術監督:小倉宏昌
美術設定:ロマン・トマ ブリュネ・スタニスラス ニエム・ヴィンセント ルガル・ヤン 佐藤正浩
色彩設計:谷本千絵、
CGIプロデューサー:橋本トミサブロウ
モニターグラフィックス:石川寛貢
3DCGI:佐々木達朗、撮影監督:岩崎敦、
編集:坪根健太郎、音響監督:明田川仁
音響効果:山谷尚人、
オープニングテーマ:ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』
テーマソング:angela Presents/中川翔子『キラキラ-go-round』
イメージソング:小松未可子『Sail away』
音楽:Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間仁・Evan Call)
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーション制作:サテライト
配給:キングレコード ティ・ジョイ
製作:劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会
©2013笹本祐一/朝日新聞出版・劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ