映画祭 TAMA CINEMA FORUM 「境界を越える映画たち」 をテーマにあらたなる映画をお届け!


映画情報どっとこむ ralph 「境界を越える映画たち」 – B・マンディコ監督特集 、『ゾンからのメッセージ』、『KUICHISAN』 他上映 2018/11/17(土)~25(日)に開催する第28回映画祭 TAMA CINEMA FORUM にて、「境界を越える映画たち」 をテーマに、“こちら側”と“あちら側”、現実と想像、ジャンル…etc といった様々な境界を越えて、あらたなる映画 の魅力を感じさせる3プログラムを上映するそう。

「映画のあたらしい可能性」では謎の現象「ゾン」に覆われた町を舞台にした不思議な SF 群像劇『ゾンからのメッ セージ』(鈴木卓爾監督)、異なる 2 つの物語が 1 軒の家の中で進行する『わたしたちの家』(清原惟監督)を上映。

「異形の饗宴‐ベルトラン・マンディコ監督特集」では、美醜を越えた独自の怪奇幻想世界を作り上げる鬼才マンディコ監督による日本未公開の初長編と短編作品を上映。「アピチャッポン×遠藤麻衣子」では、沖縄を舞台にした未体 験の幻想記録映画『KUICHISAN』(遠藤麻衣子監督)、新作映画『MEMORIA』が待たれるアピチャッポンの代表作 『ブンミおじさんの森』を 35mm フィルムで上映。それぞれゲストを迎えて舞台挨拶や作品の魅力に迫るトークを 行います。

映画情報どっとこむ ralph 【プログラム内容】

11/18(日)
映画のあたらしい可能性
ゾンからのメッセージ(2018/日本/117 分)監督:鈴木卓爾
©映画美学校不写之射プロ

わたしたちの家(2017/日本/80 分)監督:清原惟
※PFF2017 アワードグランプリ受賞 舞台挨拶(『ゾンからのメッセージ』)

ゲスト:高橋隆大氏、長尾理世氏、石丸奨吾氏、唐鎌将仁氏、飯野舞耶氏、 律子氏(以上出演者)、石川貴雄氏(助監督)

トーク ゲスト:清原惟監督、佐々木敦氏(批評家/HEADZ)、長尾理世氏(『ゾン~』出演)、律子氏( 『ゾン~』) 『わたしたちの家』出演)
リンク:
C-2.php



異形の饗宴‐ベルトラン・マンディコ監督特集
ホルモン(2013-2015/フランス/51 分)監督:ベルトラン・マンディコ
アポカリプス・アフター(2018/フランス/38 分)監督:ベルトラン・マンディコ
ワイルド・ボーイズ(2017/フランス/110 分)監督:ベルトラン・マンディコ
©Ecce Films
※2017 年ボルドー国際インディ ペンデント映画祭グランプリ受賞

トーク ゲスト:ベルトラン・マンディコ監督、エリナ・レーヴェンソン氏(女優)、五所純子氏(文筆家)
リンク:
C-3.php



11/24(土)
アピチャッポン×遠藤麻衣子
ブンミおじさんの森(2010/イギリス、タイ、ドイツ、フランス、スペイン/114 分)監督:アピチャッポン・ウィー
ラセタクン ※2010 年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞
KUICHISAN(2011/日本、アメリカ/76 分)監督:遠藤麻衣子
※2012 年イフラヴァ国際ドキュメンタリー映 画祭グランプリ受賞
© A FOOL

トーク ゲスト:遠藤麻衣子監督、夏目深雪氏(批評家、編集者)
リンク:
C-11.php

【会場】ベルブホール(京王・小田急永山駅より徒歩 3 分)

【チケット料金】※全席自由席 一般:前売 1200 円(当日 1400 円)/子ども(4歳~中学生):前売 800 円(当日 900 円) ※チケットはe+(イープラス)ほか、多摩市内の販売所にてチケット販売中。

詳細は、下記の映画祭 HP よりご確認ください。 【映画祭公式サイト】https://www.tamaeiga.org/2018/

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ