講談師・神田松之丞登壇!『鈴木家の嘘』一般試写会トークショー


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開致します。
第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にて作品賞を受賞し注目が集まる本作。この度11月5日(月)に行われた一般試写会の上映後トークショーに人気講談師・神田松之丞さんの登壇しました。


映画のトークショーは人生で2回目だという神田松之丞さん。

神田さん:僕映画を観る才能がないんです。深刻的な問題で。そんな僕になぜオファー頂いたのかと思いまして、実は僕の父親も加瀬亮さん演じる息子・浩一と同じような状況になったので、ああ、いろいろリサーチしてくれて有難いな、と思ったのに、宣伝の方に聞いたらそれが理由なわけではなかったみたいでちょっとガッカリしましたよー。

と冒頭から神之丞節がさく裂!
神田さん:ただこれも縁だと思いましたし、タイトルを観て“どんな嘘をつくんだろう”と気になってしまって。まんまとお引き受けしました。

とぼやきつつも快諾した理由を明かしました。

本作の感想を聞かれると

神田さん:講談は、はじめの10秒でお客さんを笑わせられるかで心をつかまえられるか決まる。でも『鈴木家の嘘』は冒頭たらたらしてるんで、最初の3分観たときキツかったんですよ…ただ段々なにかあるんだろうなと思わせてきて。その後すぐに引き込まれる瞬間があって“してやられた!”と思いましたね!あれは敢えてだったのかと!

と自身の考えと逆を突く野尻監督の演出に絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 悲劇的なことは喜劇として語る!野尻監督との共通点はここに。

野尻監督自身の経験を基に書かれ、映画化された本作。観終わった後にそれを知って

神田さん:野尻監督は過去の経験もあったからこそ映画監督になったのだと思ったんです。若い頃にはできなかっただろうけれど、現在40代で自身の辛い経験と向き合い、一生懸命コメディ要素を入れて楽しませようと映画として成立させた。その気迫が感じられましたね。悲劇的なことほど喜劇として語るのは本当にそうで、まじめな話ほどをいかに面白おかしく技術を使って伝えられるがプロ。人間の汚さや面白さを味付けをして世に出すのが僕とか映画監督の仕事で共通する部分だと思いますね。

と自身と監督との共通点をあげました。

それに対し「さっきから作品の核心に触れているし、めちゃくちゃ映画見る目あるじゃないですか!」とMCを務める映画評論家・森直人が突っ込みを入れると
神田さん:本当ですか?どうせお客さんは僕のこと“偉そうなこと言いやがって”とか思ってるんでしょうよ。

と卑屈に会場を煽りつつ

神田さん:実は俺才能あるんじゃないかな?

と調子に乗り笑いを誘った。また最近子供が生れたという神田さん。本作を観ていた時に感じたことがあるそうで

神田さん:子供が生れていなかったらきっと浩一の視点で観ていたと思うんです。けれど生れたことでいつの間にか岸部一徳さん演じる父・幸男の視点になっていて、父親としてどうしていいか分からない感情がすごい分かった。観客一人一人それぞれの視点があって、本作の見方がみんな違うのも面白いですよね。

と父親目線でしみじみと語りました。

映画情報どっとこむ ralph 『滝を見にいく』(沖田修一監督)、『恋人たち』(橋口亮輔監督)などを生み出した松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる『鈴木家の嘘』。本作は、橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『日日是好日』)など数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己の監督デビュー作。


映画『鈴木家の嘘』

11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!

公式サイト:www.suzukikenouso.com

あらすじ
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。
***********************************

監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮  岸本加世子 大森南朋 

音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl) 
製作:松竹ブロードキャスティング 
制作プロダクション:ハーベストフィルム

配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド
2018年/日本/133分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP  
©松竹ブロードキャスティング
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ